FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

興津~江尻(清水)~府中(静岡)

年も押し詰まりましたが、本年も当ブログをご覧くださりありがとうございました。
大河ドラマがパッとしなくて、メインは「城めぐり」と「53次」になりましたが、その分写真を沢山載せ見やすくなったような気もします。

さて、東海道53次の続きです。
いつものように朝8時には由比の旅館を後にし、本日の最大の楽しみである薩堆(さった)峠を目指します。
峠越えの難所と言われてますが、それよりも晴れて富士山が見えるかが心配です。
山と海のはざまである漁師町を歩いて行きます。
121221_082513.jpg

由比の宿場を過ぎたあたりに「小池邸」という名主の家が残されています。
朝早いのでまだ開いてません。
121221_082917.jpg

峠の入口といった江戸時代の面影を残す旧道であります。
121221_085059.jpg

難所と言われてましたが、山城や箱根越えを経験しているこちらとしては20分くらいの山道でしたので、
「エッもう終わり?」という感想でした。
おー、駿河湾の向こうには富士が見えてます。やった快晴です!
午前中だと晴れる確率が高いと思い、由比に泊まった甲斐がありました。
121221_092628.jpg

こちらは写真によく使われているベストアングル。
JR東海道線と国道1号と東名高速が交差し、バックには海と富士。絶景です。
今日みたいな晴れの日は大勢の観光客が展望台にたむろして撮影の場所取りになるのですが、本日は早朝のため私一人で独占でした。
121221_093424.jpg

薩堆峠からの富士を満喫し、みかんの成っている遊歩道を興津方面に下って行きます。
ここらあたりで観光客にはポツリポツリとすれ違います。
121221_093753.jpg

興津の町へ降りてきました。
蒲原や由比と比べると旧道の雰囲気が損なわれていますね。
121221_105854.jpg

11時を過ぎ、少しお腹が減ってきたのですが食べ物のお店はないようです。
歩いていたら鯛焼き屋さんを発見。
店の中に入ると待合室のように席があって、オバちゃんが一人で焼いてました。
「鯛焼き1個ください。」「少し時間がかかりますよ。」「いいですよ、待ってますから。」
焼きあがるまで数分待ち、ホクホクの鯛焼きを店の中で食べます。
食べながらオバちゃんと無駄話を「横浜から歩いて東海道を旅してる。」とか「蒲原でのテレビロケ」の話。
121221_112255.jpg

食べ終わり出て行こうとしたら、オバちゃんが「コレ持っていきなさい」と追加の鯛焼きを3個。
1個買ってオマケに3個もいただくとは!静岡の方は旅人に優しいと感激しました。
「オバちゃん、ブログで宣伝しとくね。」と言ってお店を後にしました。
興津の鯛焼き「伏見屋」さん、店構えも年代モノで見ごたえあります。
甘さ控えめでお尻まで餡が入っておいしかった。そして美味しさ以上に人情が厚かったね。
121221_112836.jpg

昼食は適当なお店がなかったので、興津の本陣跡でもらった3個の鯛焼きをいただきました。
121221_114025.jpg

興津宿を通り過ぎると興津清見寺という町名になります。
歩く右手を見ると清見寺(せいけんじ)という、いかにも名刹といったお寺がありました。
これはタダモノではないという旅人のカンが働き、山門を登ります。
山門の向こう側には東海道線が走り、それを渡ってから本堂へ。
121221_115247.jpg

梵鐘が立派だったのでパチリ。後で調べたら1300年代のものとのこと。
臨済宗の歴史あるお寺でした。
121221_115633.jpg

再び旧道に戻って歩き始めると、やはり静岡。
いたるところでみかんを売ってます。しかも横浜の半値くらいです。これなんか100円です。
121221_131955.jpg

徐々に江尻宿が近くなっています。江尻と言えば今の清水。
清水の次郎長なんかが有名になって江尻という名は聞かれなくなりましたが、53次を旅する者には「江尻」の方が通りやすい。
静岡も「府中」と呼ぶ方が雰囲気が伝わってきますね。

こちらは松原のなごりですが、ただ1本の松が残っているだけです。
「無縁さんの碑」がありますが、この辺りを掘り返したらおびただしい人骨が出てきたそうです。
多分、東海道を旅して行き倒れになった人たちを供養したものでしょう。
121221_132601.jpg

江尻も古い蔵のある町屋が残されていますね。
121221_133707.jpg

こちらは江尻宿の中心街、今では「清水銀座」と呼ばれてますが寂れた感じは否めませんね。
121221_141006.jpg

上の写真の先の信号を左折し、稚児橋(ちごばし)を渡ると府中への道となります。
徳川家康の命令でこの橋を作り、渡り初めの日に河童姿の稚児が現れ府中方面に消えたことから名づけられたそうです。
121221_141729.jpg

旧道をしばらく行くと久能山への分かれ道(追分)にある有名店「追分羊羹」です。
今日も観光バスが停まって、大勢の観光客が購入して出てきました。
121221_143732.jpg

府中宿はもう間近です。ユニークな「草薙一里塚」の道標です。
121221_151624.jpg

夕暮れが迫る17時半頃にやっとこさ府中(静岡)の中心街に入ってきました。
今宵の宿は街中にあるビジネスホテルです。
食事らしい食事をしてないので、なんとなく肉が食べたくなりました。
前回の沼津でもそうでしたから、やっぱりスタミナのつく肉系が欲しくなるのでしょうね。
121221_173016.jpg

本日の歩いた距離は26km 43000歩でした。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード