FC2ブログ
「東海道53次の旅」第2弾!今回の旅の始まりは富士川の手前吉原からです。
JR吉原駅に降り立ちました。前回は雨にたたられ富士がみえませんでしたが、今日は晴れ。
しかしながら富士の頭が雲で隠れてますね。さて今後の姿はどうなるのでしょうか。
121220_101810.jpg

先ず通りがかるのが「左富士神社」。
通常江戸から京都に行く場合、富士は右側にみえるのですが、ここは北上する道なので左に見えるというわけです。
121220_103633.jpg

しばらくすると「平家越」の碑があります。
先日の「平清盛」でもあった「富士川の合戦」の舞台ですね。
水鳥のざわめきに源氏の来襲と勘違いした平家軍があわてて逃げ出した場所です。
121220_104631.jpg

ここが吉原の中心街、今では近代的な商店街ですがかつての宿場町であります。
江戸初期にはもっと海側にありましたが、地震の津波で被害を受け内陸へ移動したそうです。
121220_105654.jpg

宿場を過ぎ、街道を行くとこんなユニークな仏像?もあります。
きっと江戸の時代からあるものなんでしょう。
121220_120056.jpg

さていよいよ富士川を渡ります。東海道では大井川、天竜川に並ぶ大河といえます。
こんな長い橋を徒歩で渡った経験は過去にありませんね。
121220_131900.jpg

富士川越しに見る富士山。欲を言えばたなびく雲が晴れてくれませんかねえ。
121220_132420.jpg

間の宿:岩淵にある一里塚です。この辺は吉原と次ぎの蒲原の中間点でお休み所であったのでしょう。
121220_134313.jpg

同じく岩淵の常夜灯。なんともゴツゴツした作りで素朴な感じです。
あとで気付いたのですが、全部「秋葉山」と彫ってありますね。
火を祀る神社の総本山のようです。
121220_141402.jpg

山道を越え、東名高速を横切ると静岡市に入ります。
東名高速とその先に見える富士。なかなかのアングルですね。
121220_142842.jpg

山を下って海の近くに来ると蒲原宿はもう間近です。
手前に「光蓮寺」というお寺があり、その駐車場に大きな安藤広重の「夜の雪」という蒲原を描いた絵がありました。
有名な絵ですが、温暖な蒲原にこんな大雪が降るはずはなく広重が想像で書いたのではないかと言われてます。
新潟にも蒲原というところがあるそうですから、広重はそこと間違えた。
流行作家がよくやるアレですかな。つまり広重は53次を全部は歩かなかったのかも。
121220_143602.jpg

こちらが「光蓮寺」。なかなかシブいお寺です。
121220_143700.jpg

蒲原の宿場に入っていくと異様な集団が・・・。
地元の人も大勢出てきているので、聞いてみたらテレビの取材で女優さんもいるとのこと。
「誰ですか?」と聞くと「アンさん」とのこと。
「アンて?」「杏さんよ」「ああ、大河で北条政子をやってる杏さんね。」
さっそくパチリとやるとスタッフが「写真はダメです。消してください」と。
地元の人も「写真は禁止ですって」と同情した様子です。

学者風の人と杏さんが並んでしゃべっていて、中央のマスクの男性の後ろに隠れてます。
121220_150246.jpg

蒲原は古い時代の住宅が多く残っていて、タイムスリップした雰囲気です。
これは旅籠の建物をお店にしてあります。
121220_150534.jpg

こちらは「旧五十嵐歯科医院」といって大正期のモダンな住宅が2階の医院とともに保存されてます。
この医院には明治の元勲:土佐の田中光顕も通院しており、貴賓用の待合室もありました。
外観は洋風ですが、中は純和風の畳の部屋ばかりです。治療室だけは洋間でした。
121220_152609.jpg

古い時代を堪能して、あちこち訪問していましたが、またロケ隊と遭遇。
こちらは醤油の醸造元であった「志田家」という旧家ですが、杏さんのロケで支障があるようです。
私が憮然としていると「どちらから来られましたか?」と高齢の紳士が話しかけてきました。
「横浜から歩いて東海道を旅してます。」
「そうですか、私が案内してあげましょう。」と、どうやらこの家の当主のようです。

親切にも有料なのにタダで、しかも公開されてない奥の方まで見せてもらえました。
ホントその後の旅でもそうでしたが、温暖な気候の静岡の方々はゆとりがあり旅人に優しいですね。
121220_151231.jpg

そんなこんなで蒲原を後にし、次の宿場:由比に1時間かけて歩いてきました。
するとまたまたロケ隊に遭遇。やつら車で移動して来たのですね。
私がまた写真を撮っていると「写真はダメです。消してください。」と
あーあまたかいな。「さっき蒲原でも会ったでしょ!私はタダの旅人。自由に写真を撮ってるだけだよ!」
そう言ったら、注意しなくなりました。

こちらは江戸時代の初期、幕府転覆を計画した由比正雪の生家です。
「正雪紺屋」というお店になっており、右横に杏さんがいたので急いで撮ったらピンボケになってました。
121220_163816.jpg

こちらは由比の本陣跡です。
中は「安藤広重美術館」となっていますが、午後4時を過ぎ閉館となっていました。
121220_163829.jpg

さて夕暮れになり、今宵の宿は由比宿の近く豊積神社の奥にある西山旅館にとりました。
由比の名物は桜海老。もちろん桜海老が目当てでこの宿を予約したのであります。
夕食は桜海老のかき揚げがメインに桜海老の佃煮、ゆでたもの、生と桜海老三昧です。
121220_173112.jpg

部屋は一人部屋のこじんまりとしたものでしたが、久しぶりの和室に布団で9時には爆睡でありました。
121220_175339.jpg

本日の歩いた距離20km 33000歩でした。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/267-efa4af71