FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

沼津~原

「東海道53次の旅」3日目です。今日は雨ですね。
何日も旅をするわけですから当然雨具の用意はしてますが、箱根山中で雨に逢わなくてよかった。
あの石畳を雨中に旅していたら、何度転んでいたことでしょう。
それこそ「男転坂(おとこころしざか)」でした。

ということで雨合羽に身をくるみ沼津のホテルを朝8時に出立です。
ホテルの壁に古城の石垣が使われているようです。
武田氏が築いた「三枚橋城」のものでした。
121123_080123.jpg

沼津市内には宿場の面影はなく、真っ直ぐに続く旧東海道に入るとすぐ左手に立派なお寺が見えました。
あとでガイドブックをみたら、「乗運寺」という名刹だったみたいです。
121123_081742.jpg

門も立派でしたが、中の庭も手入れが行き届いていました。
121123_081804.jpg

旧街道はこんな単調な道をトボトボと、しかも雨の中を歩いて行きます。
富士も見えないし、あまり面白いものではありませんね。
121123_093847.jpg

こういう旧道を歩いていて、困るのはトイレと食事ですね。
新しい道だとコンビニなどもわりとあるのですが、旧道にはほとんどありません。
今回も困って1回だけ動物病院のトイレをお借りしました。
お寺や神社は、それこそ頻繁に通るので休憩場所や雨宿りには不自由しませんね。
ホント街道沿いには寺社が多いです。
121123_101728.jpg

沼津を出てから3時間。原宿の手前でミニストップを見つけ、コーヒーでホッと一時。
今日は3日目で足取りも重いです。
ここでトラブルが・・・多分思考力も低下していたのでしょう。
何を勘違いしたか、ミニストップを出てから反対の沼津方面に歩き出したのです。
「この辺は同じ名前の地名や病院が多いなあ。」と感じながら、どうも変だなと気付いたのが1kmして。
往復で2kmくらい損しました。何の変哲もないこんな道が原宿です。
121123_113115.jpg

昼過ぎにやっと見つけた富士宮やきそば「ゆきちゃん」という店で食事にありつけました。
この店の夫婦は丁度「笑っていいとも」をテレビでみていましたが、タモリと顔見知りのようでした。
店内にはタモリと写した写真が数多く飾ってありました。
その後も食べるところは、ここ以外ありませんでしたね。そして午後1時過ぎには富士市へ。
121123_131903.jpg

午後の2時頃になると雨も上がりましたが、曇りで富士山は見えません。
東田子の浦を過ぎ、大きな「毘沙門天」と書いてある巨大寺院の境内で休みをとります。
すると人なつっこい子猫がこちらを見つめています。
121123_144343.jpg

このお寺、大そう立派な造りでした。
でも子猫と寺の右手にあるお守り売り場の女性が追いかけっこしている のどかな雰囲気でした。
私も家族や知り合いへのお土産は、ここのお守りしようと思いつき購入しました。
後で調べたら、正式には「妙法寺」というそうですが、通称「毘沙門さま」といってダルマ市には何十万人も来る名刹とのこと。
121123_145754.jpg

本来は富士駅あたりまで行く予定でしたが、せっかくの富士山も見えないし足取りも重いので
先ほどのお寺から1km先にあった吉原駅で今回の旅は終了して横浜に帰ることにしました。
次回はこのホームから富士山がくっきり見える「吉原」からスタートすることにしました。
121123_152157.jpg

横浜の自宅へは各駅停車を乗り継ぎ約2時間でした。(なんと3日の徒歩がわずか2時間とは・・・)
3日目は午後の3時まででしたが、21km 35000歩でありました。

今回3日間トータルで歩いた距離68km 113000歩と相成りました。
最初の5kmくらいと最後の1kmくらいは同じくらいの距離感を感じましたので、
今後の旅は1日20kmを目安に計画を立てたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード