FC2ブログ
2012.10.14 函館・五稜郭
はーるばる来たぜ ハコダテ~♪ 9月の下旬に函館にやってきました。
函館駅

駅の近くの港から見た「函館山」です。
町の中で自分の位置を知るためのシンボルになりますね。
函館山

港の周りは歴史を感じさせる倉庫街となっています。横浜に似てますね。
こちらは司馬遼太郎の「菜の花の沖」で有名になった「高田屋嘉兵衛」の蔵が資料館として残っています。
高田屋嘉兵衛倉庫

リニューアルされた「赤レンガ倉庫」ですね。ツタの絡まる風情がなんともいい。
赤レンガ倉庫

北海道に来た感激に浸る間もなく、お腹が空いてきました。
函館に来たら、先ず一番に寄りたかったのが「ラッキーピエロ」です。
ラッキーピエロ

お目当ては、この「エッグバーガー」。デカイ、うまい、安いの3拍子そろってます。
これで390円。コーラのMサイズをつけて120円。
かなりのボリュームでしたが、食後はビッグサイズの定番ソフトクリームが220円。
エッグバーガー

さて腹ごしらえをしてから、いざ「五稜郭」へ登城です。
五稜郭入口

まだ中には入らず、周囲の造りを確認するために1周します。
こちらは搦め手(裏口)の橋です。橋は正面とこちらの2箇所だけですね。
向こう側(正面)に五稜郭タワーが見えます。
手前の赤い自転車は今回も活用した電動レンタサイクル。ここも篠山と同じく4時間800円でした。
裏門

グルッと1周してから正面の「一の橋」を渡り、入場します。
と言っても「五稜郭」の星型部分ではなく、堀の外に突き出た「半月堡」と言われる部分の石垣です。
本来の西洋要塞はこの「半月堡」がいくつも重なって造られるのですが、ここは幕府の予算不足から1箇所しか造られませんでした。
これじゃ戦争になっても守りきれませんよね。
石垣

「半月堡」から「二の橋」を見渡します。ここから本体部分へ入場です。
半月堡からの二の橋

これが「半月堡」の先端部分。言わば「五稜郭」の頂点ですね。
半月堡先端

五稜郭の中央部には蝦夷松に囲まれた「函館奉行所」が見えます。
中央部

外側の石垣や土塁を確認してみましょう。
うーん、これで要塞として守りきれるのでしょうか?シロウト目にも不安です。
建設当時からすでに時代遅れの構造だったとの批判もあります。
石垣と土塁

さてこれが、2010年に復元された「函館奉行所」。入館料は500円でした。
匠の技で細部まできっちりと木造で復元されてありました。
函館奉行所

もう1度「一の橋」を渡って外に出てみました。
5個ある星型の先端部分の構造です。
堀も浅いし、石垣も低いですね。西南戦争にも堪えた熊本城とは比較になりません。
城郭というより迎賓館の様相ですかね。
星形の先端

こちらは正面入口の横にそびえる「五稜郭タワー」です。
このタワーも5角形をしているのですね。知らなかった。
五稜郭タワー

五稜郭の見学を終え、函館でもう1つ食べたかったお店「味彩(あじさい)」。
「ラッキーピエロ」の丁度道を隔てて真向かいにあります。
味彩

ここで食べるのは、やはり「塩ラーメン」。器がキレイ。
バーガーとラーメンで腹一杯になりました。「函太郎」の寿司もと思ってましたが、次の機会ですね。
塩ラーメン

五稜郭通りの交差点には、こんな看板も。そうそうもう1箇所訪れるところがありました。
五稜郭街道

ここです。幕末の函館戦争で壮絶な最後を遂げた「土方歳三最後の地」です。
今日も記念碑の前には彼の写真と花束が手向けられていました。
すぐ横のベンチには彼を慕って若い娘さんが二人いたのには、「やっぱりねー」という感慨でした。
土方歳三最後の地

また旅に出ますので、しばらくブログの更新ができません。悪しからず。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/256-5cdf623d