FC2ブログ
2012.10.13 丹波・篠山城
所用で九州に行った帰り、途中神戸に一泊し翌日尼崎経由でJR福知山線の篠山口へやって来ました。
神戸の三ノ宮からは1時間半ほどかかりました。随分山の中に入ってきたという感じです。
当日は土曜日でリュックをしょった中高年の登山客が多かったようです。
篠山口駅

私は篠山口駅から篠山城へ向いますが、5km以上あるので徒歩ではなくレンタサイクルにしました。
甲府で借りたのと同じ赤の電動サイクルであります。料金は4時間で800円。
途中追い抜いた徒歩の若者と後でお城で会いましたが、徒歩だとやはり1時間以上かかったそうです。
レンタサイクル

電動だからビュンビュン行けます。10時半頃お城に到着です。
先ずは手前の西側にある武家屋敷を散策。
武家屋敷

昔ながらのお堀端を東へ向います。
いい雰囲気です。南馬出土塁が残されています。
JRの駅から離れているので、こういう環境が残されているのでしょうね。
都市化されていたら、埋め立てられて宅地になっています。
南馬出土塁

こちらは城の東側にある妻入商家群です。
江戸の面影を残す町並です。天候もよく午前中から観光客の姿も多く見られます。
妻入商家

さて、城の南側から北側の大手口へ向います。
途中三の丸から内堀沿いの石垣を見上げますが見事な造りです。
今でこそ鄙びた土地柄ですが、当時は徳川家康が豊臣の押さえとして丹波に築かせた天下普請の大城郭でした。
内堀

正面の大手口から眺めると大きな城であることが分かります。
築城の名手:藤堂高虎の縄張りで僅か6ヶ月で完成させたと聞きます。
親藩の松平家から譜代の青山家へ引き継がれ明治維新を迎えました。
僅か6万石の大名の城としては、身に余る城郭ではありますね。
大手門

石橋を渡る左手の内堀と石垣です。なんとも美しいフォルム、さすが高虎サマ!
石垣の下の「犬走り」が高虎風ですね。
石垣

ちゃんとお決まりの枡形の虎口からの入場です。
枡形虎口

そしてこれも形どうりの鉄(くろがね)門跡であります。
鉄門

先ほど三の丸から見上げた石垣の上から眺めてみました。
結構高いでしょ!人が小さく見えます。
三の丸方面

二の丸の隅から屋敷跡と大書院を望みます。二の丸はほとんどが館だったのですね。
二の丸方面

裏側(南側)の搦め手門です。こちらは入場不可になってます。
そうそう大書院以外は入場は無料となっています。
メンテナンスに費用がかかるのにいくらか取ってもいいような気もします。
搦め手門

さあこれが篠山城の目玉である大書院です。
唯一残っていた歴史的遺産が1944年に火事で焼けてしまったのを2000年に復元しました。
イメージ的には7月に訪れた津山城にも似てますね。
山間の盆地に残された巨大な城郭と復元された書院造りの遺構という点でしょうか。
大書院

この大書院の右手奥が本丸で、青山神社の横に天守台があります。
江戸時代を通して天守は築かれなかったとのことです。
天守台

天守台の上に登ってみると、明るい日差しに四方がくっきりと見えます。
天守台の上

おやおや、三の丸にある小学校では今日が運動会のようです。
この小学校に通う子たちは幸せだなあ、という気がしてきました。毎日お城に通えるもんね。
小学校

いやー感激しました。交通の便が悪いからでしょうね。
江戸時代の雰囲気そのままのお城跡と武家屋敷、商家群が残されていたとは。
拾い物をしたような気持ちになって丹波・篠山を後にしました。
最後にお城の北口にある「大正ロマン館」という古い木造建築のお土産屋さんで「丹波の黒豆」関連品を沢山購入しました。
大正ロマン館
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/255-83dfa1e4