FC2ブログ
2012
06.16

ジギに等しい?

Category: 政宗
「平清盛」にあまり熱中できないので、どうしても過去の大河に目が行きがちです。
最近、25年ぶりにある疑問が解消しました。

87年「独眼竜政宗」での名シーン、大河ファン必見のシーンでのセリフです。
政宗が小田原参陣に遅参し、秀吉に命を奪われるかもしれない場面で死装束で現れるヤツですね。
このブログで何度も言っている政宗が秀吉に杖でバシッと叩かれる迫力満点の名シーンです。
この日の撮影のために勝新:秀吉と渡辺謙:政宗は事前に会わなかったそうですから、二人の意気込みが伝わってきましたね。
放送日が6月14日ですから、丁度25年前の今頃です。

確かこんなやりとりでしたよ。

(政宗)御前に平伏しますは奥州探題、伊達藤次郎政宗にござりまする、此度は親しく御拝顔の栄を賜り恐悦至極と存じ上げ奉り上げます
(秀吉)政宗、遅かったの、誠の事そちの心の中が知りたいのじゃ
(政宗)奥州の情勢、殊の外不安定のため、越後信濃路を迂回いたし、心ならずも遅参致しました
(秀吉)その方、どちらが勝つか旗色を見ておったのか
(政宗)滅相もございません、政宗打ち首覚悟で参りました
(秀吉)その方、いくつになる
(政宗)24でございます
(秀吉)ふふふ、24しては芝居心があるの
(政宗)恐れながら芝居ではございません、政宗の身上すべからく殿下に献上する覚悟でございます
(秀吉)運のいい奴よの、小田原城が落ちた後なら、この首は無かった、政宗、命は助けてやる
(政宗)ありがたき幸せにございます
(秀吉)政宗、その方、奥州一の暴れ者と聞くがどうじゃ
(政宗)殿下の御前におかれましては奥州の戦など「ジギに等しい」かと存じまする、願わくば後学のため、小田原の御陣立てをしかとこの目で拝見しとうございます
(秀吉)ふふふ、「ジギに等しい」とな、政宗、近う寄れ、どうじゃ、小田原は既にわしの手の中にある、蟻も這い出る隙間もない、このような手立てをその方した事あるか
(政宗)このような大軍はとても
(秀吉)わしも初めてじゃ

YouTube

そうこの「ジギに等しい」であります。
このセリフを25年前に聞いた当初から最近まで、話の流れから多分「つまらないもの。他愛の無いもの。」と理解してました。
ところが最近気になって、かな漢字変換したら出てきました。
児戯に等しい」だったのですね。
そうかー、こういう漢字を書くのかーと1つ勉強になったわけです。


ついでにもう1つ。
子供の頃、山内賢さんと和泉雅子さんが歌っていた「二人の銀座」。
その歌の最初の歌詞で「待ち合わせて歩く銀座 ひともしごろ恋の銀座♪」とあります。

子供心に「人も日頃 恋の銀座」と理解していました。
「日頃」を「しごろ」と歌うのは、江戸っ子は「ひ」と「し」が逆になるというのを知っていたので、そうなんだろうなと思ってました。

中年になって、ある小説を読んでいたら「火灯し頃」という記述が。
そうかー、これかーとやっと理解した次第です。
そうですよね。「ひ」と「し」が逆なら「しともしごろ」とやらなくちゃおかしいですよね。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/232-d434d911
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top