FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

大河の黄金時代

来年の「江~」までの全50作品をジャンル分けすると以下のようになります。

①戦国物~19作品
②幕末物~11作品
③源平物~ 4作品
④忠臣蔵~ 4作品
⑤その他~12作品

圧倒的に戦国物が多いですね。その中で最も印象に残っているのは何か?
ズバリ昭和62年の「独眼竜政宗」です。
国民的人気もあり、歴代視聴率ナンバーワンの折り紙つきですね。

次に多いのが幕末物です。視聴率はあまり高くないのですが、
私のお気に入りは平成2年の「翔ぶが如く」。
西郷(西田敏行)と大久保(鹿賀丈史)の対決。涙なくしては見られませんでした。

源平物や忠臣蔵には気合を入れて見たというものは特にないかな。
注目すべきは、その他のジャンルの作品です。
あまり取り上げない時代や近代物などがあって、非常に勉強になりました。
この中で私のお勧めは、平成3年の「太平記」です。
人物関係が入り乱れて、複雑怪奇な南北朝時代をダイナミックに描いてました。
これ程、完成度の高い作品に仕上がったのはNHKスタッフの努力も
もちろんですが、それを支える予算も大変だったのでしょうね。

こうして分析してみると、強く印象に残っているお気に入りの作品は、
1987年(昭和62年)から1991年(平成3年)の5年間に集中しています。
これはNHKの制作側も充実していたのでしょうが、
見る側の私も35~40才という油の乗った年代だったのでしょう。

この5年間を私なりに「大河の黄金時代」と呼ばせてもらっています。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.02/01 23:33分 
  • [Edit]

Re: 印象シーンをもっとご紹介を! 

毎回ご覧くださり、ありがとうございます。
このブログは自分勝手に言いたいことを言っているだけですから、
ご期待に添えるかどうかわかりません。
物足りないと言われてもねえ・・・。
まあ、すぐに終わるわけではありませんので、気長にお待ち下さい。
春野さん。

  • posted by 柴 銑次郎(通称しばせん) 
  • URL 
  • 2010.02/02 01:02分 
  • [Edit]

No title 

柴せんさん。ありがとうございます。大いに期待して気長に読みます。ファンより。
  • posted by 春野  
  • URL 
  • 2010.02/02 12:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード