FC2ブログ
2012
03.18

大河オープニング・テーマ

Category: ランキング
昨日YouTubeで大河ドラマ関係を検索していました。
以前はオープニングを含めいろんな名シーンがありましたが、昨今著作権の問題からか少なくなりましたね。

オープニング・テーマで記憶に残っている作品は何かな、と考えると一番古いのが1964年「赤穂浪士」ですね。
大河第2作目。中学生の頃でしたが、あの竹刀を叩きつけるような単調な荘厳さが耳に焼き付いています。
なんと芥川也寸志さんの作曲です。芥川さんはこの1曲しか手がけていませんね。

その後記憶はとぎれ、時代は過ぎ78年「黄金の日日」へとジャンプしています。
タイトルバックの大きな赤い夕日とともに鮮明に思い出されます。
作曲は池辺晋一郎さん。
独眼竜政宗」や「八代将軍吉宗」もこの方の作曲で、いい作品を多く残しています。

その間の好きだった「太閤記」や「国盗り物語」も聞けば思い出しますが、出せと言われても出てきません。
記憶は遠い彼方へ消し飛んでしまっています。「忘却とは忘れ去ることなり!」
音楽を記憶するメモリーがちょっと少ないような気がしますね。

「黄金の日日」以降はわりと順調に覚えていて2年後の80年「獅子の時代」は鮮烈でした。
作曲は宇崎竜童さん。そうダウンタウンブギブギバンドですね。
ホンモノのライオンがガウォーってやつ。第1回でパリの駅をサムライが歩くやつでっせ。

「独眼竜政宗」もレーザー光線を使って特徴的なタイトルバックで斬新でしたが、
翌年の88年「武田信玄」が更によかった。
「武田信玄」の文字がビヤッと出てきて、いきなりクライマックスという出だしです。
大河史上ナンバーワンのオープニング・テーマだと思っています。
作曲はあの山本直純さん。76年「風と雲と虹と」もそうですね。

91年「太平記」も好きなオープニングです。
「武田信玄」もそうでしたが、時代物は騎馬武者が出てくると迫力が違いますね。
作曲は三枝成彰さん。いい作品はやっぱりねえという名前が出てきます。
そうそう94年「花の乱」も三枝さんでした。納得!

その後は96年「秀吉」や2000年「葵徳川三代」などもよかったと思いますが、
2001年以降はピンとくるものがあまりありません。
ずーーと見渡してみると、躍動的な戦国ものに気に入ったオープニング・テーマが多いようです。
反面、幕末物は重々し過ぎて印象に残らない傾向にあります。
唯一の例外が77年「花神」ではないでしょうか。
吉田松陰や高杉晋作などの長州の青春群像がモチーフとなって、ほとばしる勢いを感じさせますよね。

※(色の変わっているタイトルはクリックするとYouTubeへリンクします。)
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/218-44885c74
トラックバック
コメント
久しぶりに、貴兄の部屋を訪れました。
まず、表紙の写真が吹上浜からの野間ヶ岳遠景の素晴らしさです。こちらの故郷の「お株」を先にとられた思いです。

 大河ドラマのテーマ音楽は小生も鮮烈に覚えているのはやはり「赤穂浪士」のあのたたきつけるような「響き」のテーマ音楽が耳に残っています。
 最近では「篤姫」の地元出身の吉俣良の優雅な優しい旋律のテーマが印象に残っています。

貴兄の大河ドラマの解説にはその博識ぶりにはいつも驚いています。  ということは貴兄はこのNHKのドラマは何が何でも見ているということですね?!
その飽きない心意気に感動を覚えます。    
今回の「平 清盛」はどうなのか、自分ではよくみているつもりですが、よくわかりません。
本田 哲郎dot 2012.03.23 23:01 | 編集
本田さん、コメントありがとうございます。
「城めぐり」の旅に出ていましたので、返事が遅れました。

いい作品は、オープニングも音楽も記憶に残っていますよね。
あれだけ古いのに「赤穂浪士」はいつまでも耳に残るほど強烈でした。
今回赤穂城にも行ってきましたので、後ほど紹介します。

テレビはほとんど見ませんが、大河ドラマだけは愚作でもなるべく見ます。
昨年の「江」などは途中何度もメゲましたが。
今年の「平清盛」は主役のキャラが単純過ぎて感情移入できませんが、天皇家の確執に切り込んだ内容は評価しています。

今後ともたまにはアクセスしてください。
柴 銑次郎dot 2012.03.25 08:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top