FC2ブログ
2011
12.26

「坂の上の雲」完結!

Category: 坂の上の雲
3年間に渡って放映された「坂の上の雲」がついに終わりました。
日露戦争に入ってからは、俄然映像に迫力が増してきました。
「203高地」や「日本海海戦」のシーンはCGを駆使した今までにないスケールとなり、
「葵徳川三代」の関ヶ原シーンをはるかにしのぐ戦闘シーンの連続でありました。

多分、戦闘シーンだけをとったら過去のテレビドラマの中では一番ではなかったでしょうか。
肝心のドラマの内容はと言えば、最後が少しハショリ過ぎてあっけない終わり方でしたね。
司馬遼太郎の大作の映像化ということで期待は大でしたが、見る側が期待し過ぎていたような気がします。

元々、司馬遼さんは映像化は許さないという姿勢でした。
あれだけの内容を映画やテレビでは表現しきれないと思っていたのでしょう。
終わってみれば、司馬遼さんの考えは間違っていなかったような感想ですね。
いくらいい役者さんを揃え、戦闘シーンに巨費を投じても映像では表現できる限界があるということです。
死んだ司馬遼さんは草葉の陰で、映像化を許した奥さんをうらめしく思っているかもしれません。

原作では登場人物が異常に多いにもかかわらず、その一人一人をつぶさに記述していましたね。
例えば、明石元二郎なんかは原作ではかなり活躍していましたがテレビではちょこっと出てましたっけ。
とんと記憶にありません。
高橋是清や小村寿太郎も大河の主役クラスを配してましたが、もうちょっと出番が多くてもいいのでは。
そんな感じで、登場人物が多すぎて全13回では時間がとても足りなかったみたい。
だから、どの人物もちょこっと出て、ちょこっと消えて行くことになり物足りなさが残りました。

一番丹念に描かれたのは、正岡子規ではないでしょうか?
子規と香川照之さんが区別がつかないほどに乗り移った演技でした。これはとても良かった。

秋山兄弟が日露戦争に突入したら活躍するものだと思ってましたが、
実際の戦争で活躍するのは最前線の兵隊さんだということが今回よく分かりました。
戦争と言うものは、命令を出している将校がやるのではなく末端の兵士であるという基本が描かれたのは大きな収穫でした。
これは今回の「坂の上の雲」における制作者の意図であるな。と強く感じましたね。

国家を挙げての戦争が、いかに人間を消耗するものかを痛切にとらえることができた作品でした。
戦争が終わり、知恵の限りを尽くした秋山真之、児玉源太郎、小村寿太郎などは精も根も尽き果てたという状態で、
あっけなくこの世を去った事実が、それを証明しているような気がします。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/200-b6bce31c
トラックバック
コメント
はじめまして。

アメーバブログにて大河ドラマ批評ブログを
書いております。
(自称)大河ドラマ批評家「一大河」と申します。


『坂の上の雲』、実に濃厚な年末を3年にわたって
過ごせました。
本年の第3部、90分間釘付けで見ておりました。
特に我が敬愛する乃木閣下の描写は、司馬史観を
真っ向から踏襲するのではなく、製作側の意図か、
愚直だが哀愁漂う人間くさい帝国軍人として描かれて
いましたね。

来年の『平清盛』も、非常に楽しみであります。
わたしもレビューで盛り上げて生きたいと思う
次第でござりまする。
(自称)大河ドラマ批評家「一大河」dot 2011.12.29 16:43 | 編集
「一大河」さん、コメントありがとうございます。
司馬遼さんは乃木さんや伊地知参謀を悪く書きすぎですよね。
長州人に対する悪意さえ感じます。

古川薫さんの「斜陽に立つ」なんかは、すごくまっとうな乃木像で好感がもてました。
そちらのブログ拝見させてもらいます。
柴 銑次郎dot 2011.12.29 21:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top