FC2ブログ
2011
12.03

「江」がやっと終わりましたね

Category:
明日日曜日、「歴史能力検定1級日本史」を受験します。
10月くらいから徐々に勉強していますが、なにせ範囲が古代から現代までと広い。
重箱の隅をほじくるような問題がでますから、果たして結果はいかに。

きっかけは4年前に娘から「お父さん歴史に詳しいから受験してみたら?」と勧められたことから。
先ずは手始めに「3級日本史」から。これは難なくクリアできました。
次に一昨年「2級日本史」にトライ。
娘の教科書「高校日本史B」を読み、これだけでは不足と過去問集も読んでみました。
最初はあまりの難問ばかりで、とても無理かなと思いました。
でもやってるうちに、全問は無理だけど合格の60点くらいは、という気持ちになりました。
結果はかろうじてセーフ。

そして今回が「1級日本史」ですね。
基本の「高校日本史B」と2級の過去問集をおさらいして、本番に臨みます。
読み返しても半分は忘れていますね。2年前はよくこんな難しい問題を解けたなと思います。
特に古代~中世あたりはメタメタです。

ある程度知識が蓄積されているので四択問題はなんとかこなせますが、記述式や論述式は本当の実力がないと書けませんから難題です。
試験は明日の午後ですから、少しでも勉強して達成感を得たいと思います。

浅井三姉妹の衣装
今週の木曜日に用事があり、港区の愛宕あたりに行きました。
ハタと思いつき、山の上にある「NHK放送博物館」に立ち寄ってみました。
4Fの展示室に上の写真のような「江」で実際に使われた衣装がありました。
左から江、茶々、初のものです。

多くの大河ツウからのバッシングを受けながら、なんとか大河「江」が終了しました。
私も「やっと終わったか!」という安堵感に包まれています。
こんな気持ちを感じる大河は初めてですね。
名作はもちろん、駄作と言われた作品でも終了したらいくばくかの寂寥感が残ったものです。
それが今回だけは、恥ずかしくて見ていられないという感覚でしたもんね。

特に前半のドタバタがひどかった。
「日本国の歴史」を無視して、浅井家の姫が縦横無尽に戦国の世を駆け巡る展開ですから。
まるで女子供向けの戦国ロールプレイングゲームでしたね。
やはり、脚本:田渕久美子さんのあの時代への洞察力不足が原因でしょう。
歴史上有名な人物ばかり登場したのに、人物描写が浅くどれも単純で薄っぺらな人物になっていました。

NHKも「篤姫」で女子供への視聴率稼ぎに成功したので、田渕さんに期待したのでしょうね。
「時代劇」と思えば腹も立ちますが、戦国期の人物を借りた「現代劇」と見れば、結構楽しめたのかもしれません。
収穫としては浅井三姉妹の皆さんは、いづれも存在感を出して好演していたと思います。
特に淀殿役の宮沢りえさんは、流転の運命の中での「心の葛藤」をうまく演じてました。
「太平記」での藤夜叉に匹敵する「もの悲しさ」を20年ぶりに引き出していましたね。
この辺は田渕さんの得意とするところでしょう。

まあ、何はともあれ終わった。早く次の「坂の上の雲」や「平清盛」が見たい!
というのが正直な感想であります。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/194-2af523bc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top