FC2ブログ
2011
11.27

「坂の上の雲」と「蝶々さん」

Category: 坂の上の雲
昨夜は久ぶりにドラマらしいドラマを観て、充実した週末の夜を過ごしました。

いよいよ始まるのですね「坂の上の雲」最終の第3部が。待ち遠しかった。
11ヶ月も「江」でお茶を濁され、大河ファンとしては「開いた口が塞がらん!」とはこのことでしょう。
第3部は「203高地」や「日本海海戦」などクライマックスの連続で、「平清盛」の予算が無くなってしまったのではと心配です。

始まる前にNHKさんもちゃんと第1部と第2部の「おさらい」をしてくれるとは、気が利いてますね。
BSでは全部を再放送するようですが、こちとらは忙しい身でありますから地上波のダイジェスト版で十分です。
土曜日の総集編2回を観て、本番を迎えるのが現役ビジネスマンの正しい見方のような気がします。
(もし私がリタイア後のヒマ人ならBSを観るかもしれません)

昨夜の第1部を観ていて気付いたのですが、2年前と見比べると役者さんも僅か2年ですけど老けるんですね。
メイクによる老け方ではなく、2年という時間が確実に人間を老化・・・いえ深みと言った味わいを増加させていることを発見しました。
こういう点は3年間という長丁場のドラマ作りのメリットであると感心してしまいました。

よく俳優さんが何十年も同じ役を演じていたりしていますが、(代表的なのが森光子さんの「放浪記」)驚異ですね。
まず日頃の鍛錬と観る人を飽きさせない努力に敬服します。
大河においても緒形拳さんの秀吉とか津川雅彦さんの家康とかが、その例でしょう。
10数年後に同じ役を演じても確実にスケールアップして魅せてくれます。
そういう意味では、今回の上野樹里ちゃんが10数年後に「江」を演じて魅せてくれるかが、一流と二流の分かれ目のような気がします。


昨夜は「坂の上」に続いて「蝶々さん」の後編もありましたね。
「篤姫」以来の宮崎あおいさんですが、さすがに大河の主役経験者うまいですね。
長崎が舞台でしたので、昨年の「龍馬伝」の雰囲気を引きずっているような気がしました。
ひょっとして、蝶々さんの親戚のワルをやっていた本田博太郎さんが同じような役で「龍馬伝」に出ていたからでしょうかね。

あと脇を固める重要な役で、「篤姫」つながりの女優さんが目立ちました。
ともさかりえさんと余貴美子さん。
ともさかさんは「篤姫」では小松帯刀の妻となる幼馴染ですから、同じような役回りの女中さん。
余貴美子さんは蝶々さんを苦境から救い出す置屋の女将でしたが、白塗りの不気味さが出色でした。
余さんは「篤姫」でも常に頭巾を被った(疱瘡のアバタを隠すため)島津斉彬の正室役でしたので、こういった不気味というかミステリアスな女性を演じるのがうまいですよね。

港町:長崎を舞台に旧い日本を美しい映像美で表現していました。
あれだけの出演者を揃え脚本は鬼才:市川森一とくれば、うまく仕上がるに決まっています。
久々にNHKらしい佳作小編でありました。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/193-444f94ab
トラックバック
コメント
こんばんは。
ところで、「江」の方は感想は如何でしたでしょうか?せっかくなのでお伺いしたいところです。
A☆六文銭dot 2011.11.30 23:05 | 編集
コメントありがとうございます。
そうそうそれなんです。非常に困りますよね。
書くとボロクソになりそうだし、上野樹里ちゃんはわりとよかったし、
大人の対応をしたいので、悩ましいところです。

まあ冷静な目で見て、「信長」や「武蔵」以下という評価になると思います。
詳しくは週末までお待ち下さい。
柴 銑次郎dot 2011.11.30 23:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top