FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

江の子供たち

昨夜に引き続き「お江さん」の話をば。
この方、存命中の名前がよく分からないのですよね。
亡くなってからの崇源院は確かなのですが、
生きてる時は、お江、お江与、小督のどれからしいです。

それはともかく、この方のスゴイところは産んだ子供たちがこれまたスゴイ!
先ず有名なのが3代将軍:家光でしょ。
徳川将軍の母親で正室だったのは、お江さんくらいです。
末の娘:和子(まさこ)は後水尾天皇に嫁ぎ、後の女帝:明正天皇の母になりました。

特ダネとして、これは「葵徳川三代」を見て知り得たことです。
お江さん、徳川秀忠に嫁ぐ前に秀吉の姉の子:豊臣秀勝と結婚してたのです。
秀勝は朝鮮の役の時病死するのですが、なんと一人娘を残していました。
その娘は秀忠との婚儀の際に養子として姉の淀殿へ託していたんですね。

その娘の名前は豊臣完子(さだこ)といい、豊臣家から摂関家の九条家へ嫁いだのです。
大坂の陣で滅亡した豊臣家の生き残りです。(この話を聞いてホッとしたものです。)
そして子をなして連綿とその血は現在の天皇家へ引き継がれているのです。

どうです。お江さんの浅井・織田の血脈は徳川家、天皇家だけではなく、
僅かに残された豊臣家にも流れていたとは、何とも偉大な「母」と言っていいでしょう。

さあ、これで来年の大河の興味が俄然増したのではないでしょうか。
来年のテーマは間違いなく「母の愛」です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード