FC2ブログ
2011.10.29 高輪:東禅寺
会社の昼休みに毎日のように散歩していますが、歩き回ることが1つの趣味ですので結構遠くの方まで行きます。
大体4~50分かけて3~4kmくらいは歩きますね。
先日は高輪の方まで行きました。四十七士で有名な泉岳寺を通り過ぎて、高輪プリンスホテルのすぐ近くまで。

こんもりと緑が多い一帯がありましたが、最初は一体何があるのか分かりませんでした。
1日目は昼休みの時間がなくなり、その「こんもり」としたものの正体が分からず田町まで帰ってきました。
翌日は地図で調べてみて「東禅寺」というお寺であることが分かり、入口も確認してからの再訪です。

「東禅寺」・・・聞いたことがあります。
確か幕末のイギリス公使館で通訳をしていた外交官:アーネスト・サトウの物語に出てきました。
攘夷を叫ぶ過激浪士に何度も襲撃され、殺傷事件が起きたところですね。

表門の右側に「最初のイギリス公使宿館跡」という石碑がありました。
両脇に仁王像もあり、臨済宗の大層立派なお寺です。
山門
都心の一等地、品川駅からも5分くらいのところに木々に囲まれたこのような空間があるとは驚きです。
サラリーマン風の人々の散歩コースとなっているようですね。
参道
緑のトンネルを抜けると広い境内が現れ、まるで京都か奈良にいるような錯覚を感じます。
境内の左手にはこんな三重塔もあって、都会の喧騒を離れて別世界を味わうことができます。
三重塔
そうこうしているうちに、時計を見ると午後の1時近く。会社に戻らないといけない時間です。
もう少し浸っていたいところですが、こちらに来るのに30分以上歩きましたから仕方がありません。
帰りも歩きたいところをそうもいかないので、帰りは品川駅から電車で僅か5分です。

「ブラタモリ」のようにいろいろなとこに出没していますが、東京の都心はホント奥が深いミステリーゾーンですね。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/187-a8dcb7b4