FC2ブログ
2011
09.23

「生麦事件」を行く

Category: 街道をゆく
小説「生麦事件」の作者でもある吉村昭さんのエッセーを読んでいたら、生麦に住んでいる浅海武夫さんという方の話が載っていました。
浅海さんは生麦在住でしたが、明治維新のきっかけとなった「生麦事件」を誰も注目しないので個人で資料を集め、
自宅に「生麦事件参考館」という資料館を作り、今では講演で全国を飛び回っているそうです。

というわけでネットなどで調べ予約が必要なことを知り、早速浅海さんに連絡をとりました。
19日の敬老の日ならOKということで、急遽「生麦」を歩くことにしました。
先ずは横浜のJR鶴見駅で下車し、旧東海道を歩きます。薩摩藩:島津久光の大名行列と同じ道のりです。
これは、途中にある以前にも紹介した鶴見線の「国道駅」です。レトロな昭和の香りがいいですね。
国道駅
国道駅を過ぎると、何の変哲もない魚河岸の商店街です。ここは昔からの漁師町です。
休日で朝早いから誰も歩いていませんねえー。
旧東海道
歩いて15分くらいすると、右手の個人住宅の塀に記念碑がかけられています。
これも浅海さんの尽力によるものです。
生麦事件記念碑
通り過ぎて後ろを見てみると普通の住宅街ですが、150年前ここでまさに「生麦事件」が起きたのです。
(左手に小さく看板が見えますね)
殺害されたリチャードソンは、この辺りで薩摩藩士:奈良原喜左衛門らに斬られたようです。
事件現場
さらにここから歩いて10分くらいのキリンビール工場の見学門近くに慰霊碑がありました。
瀕死の状態でここまで逃げて来たリチャードソンが落馬し、苦しんでいるのを見つけた有村俊斎(後の海江田信義)が、トドメを刺したところがここら辺です。
この慰霊碑は明治になって建てられたとのこと。(現在は公共工事のため仮説の位置に移設中)
生麦事件慰霊碑
一通り事件の現場を歩き、浅海さんと会う時間になったので生麦駅近くの「参考館」へGO!
これが自宅を改造された「生麦事件参考館」です。ずいぶんモダンな造りですね。
生麦事件参考館
浅海さんは80歳くらいの恰幅のよいオジサンでした。
最近奥様を亡くされたそうですが、そういうことは微塵も見せずいろいろと説明してくれました。
1999年に吉村昭さんが来られた時の写真も飾ってありましたよ。
10月にはウォークラリーで2000人訪れる日もあるそうで、気丈に話されていたのが印象的でした。
こういう市井の歴史を愛する方の話が、生でしかもマンツーマンで聞けて快い時間でもありました。

そうこうするうちに時間も昼時になりましたので、すぐ近くのキリンビール工場のレストランにでも寄ってビールを一杯いただきましょう。
レストラン内はこんな感じ。
キリンビール工場内レストラン
昼間だから、これくらいにしておきます。
生ビール
ほろ酔い気分で、JR新子安駅を目指します。
国道15号線を横浜方面に歩いて行くと、途中京浜急行の踏み切りが参道となっている「遍照院」というお寺を見つけました。
JR線と京浜急行に挟まれた形の立地で、しかも入口は踏み切りを渡ってすぐ。
これは「珍百景」だと思いパチリ。これだから散歩は楽しい。
遍照院
充実の半日を過ごして、酔いが醒める頃には自宅に戻って来ました。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/181-fabe804b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top