FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

原田芳雄さん逝く

原田芳雄さんが亡くなってしまいました。71歳だそうです。惜しいですね。
長髪にサングラスが似合うワイルドな雰囲気の役者さんでした。
いかにも70年代アウトロー的で、現代劇では殺し屋、時代劇では股旅物なんかが似合いそう。

70年代にヒットした「木枯らし紋次郎」という股旅物がありました。
主演の中村敦夫さんも雰囲気出てましたが、原田さんも渡世人のライバルで出演していたのを記憶してます。
二人とも俳優座の仲間だったのですね。

俳優座といえば、松田優作さんとの因縁話が有名です。
87年「独眼竜政宗」で政宗の前にライバルとして立ちはだかる東北の雄:最上義光(よしあき)役に最初は松田さんにオファーがあったそうです。
しかし、最終的には実現せず先輩である原田さんがその役を受けることになります。
政宗の母:義姫(岩下志麻さん)の兄の役ですから政宗(渡辺謙さん)とは年齢差が近い松田さんでしたら、やや軽くなっていたかも。
結果論ですが、私は原田さんでよかったと思います。

権謀術数を使い、執拗に政宗を追い詰める役ですから年齢・陰湿さ・執念深さいづれをとっても原田さんのハマリ役でした。
そんな義光でしたが、愛娘の駒姫(とても可愛かった坂上香織さん)が関白秀次事件に巻き込まれ斬殺されることになり嘆き悲しみます。
血も涙もないような非道の性格のように描かれていた義光が、人の親として「お駒~!」と泣く姿は胸に迫るものがありました。
また、57万石の大大名となりながらも「器量では政宗に及ばなかった」と述懐するなど物語の前半であくどく描き過ぎたのを後半でフォローしている面もありましたね。

この「独眼竜政宗」に遡ること3年。
実はもう1つ松田優作さんが断った役を原田さんが受けていたのですね。
それは「西部警察Part3」の最終回で大門部長刑事(渡哲也さん)を狙撃する犯人役です。
日本テレビの「大都会」という刑事物で渡さんと共演した優作さん。
「とても渡さんを殺す役なんてできない」と言って、断ったそうです。
この時から原田さんは優作さんの尻拭いをする役目になったのでしょうか。
なんとなく原田さんの懐の深さを感じさせる話ですね。

最後に私が始めて原田芳雄という俳優を知ったのは70年「春の坂道」だと思います。
あのワイルドさは柳生十兵衛にピッタリではなかったでしょうか。
何となく当時流行っていたマカロニウエスタンのガンマン風だったような。
今となっては確認したくても、その映像は何処にも残っていないそうです。

柳生十兵衛と言えば「春の坂道」の原田芳雄と「魔界転生」の千葉真一を比較できる人とできれば語り合いたいものです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード