FC2ブログ
2011
06.26

八重の桜

Category: 八重の桜
2013年の大河「八重の桜」の制作発表がありました。
それと同時に主役の新島八重には「綾瀬はるか」さんと決定したようです。
朝日新聞などでは1週間くらい前にスクープされていましたが、やはり「火のない所に煙は・・・」で本当だったようですね。
NHKも困ったでしょうね。因縁の朝日に書かれては、仕方なく急遽発表せざるをえなくなったのでしょう。

さて、注目の脚本ですが「山本むつみ」さんという方のようです。
過去の作品を調べてみると、「御宿かわせみ」とか昨年の「ゲゲゲの女房」を手がけているNHK御用達の作家さんのようです。
私もこの作品が13年の大河と聞いて、この主人公なら朝ドラの方が向いているのでは?と思ったのは案外正しかったのかもしれません。
朝ドラにすれば、「福島への復興支援」というお題目に沿って来年4月からの放送も可能でしょうに。
何も2013年まで待つ必要もなくなるのにと思ったのですがねえーー。

出演者の発表は主演の綾瀬さんしかありませんが、「篤姫」「江」と続くギャル路線なのでしょうか。
若いお姫様が歴史を縦横無尽にかけめぐり、名だたる歴史上の偉人たちと対等に会話するシーンはうんざりです。
ドラマですから実際の行動・会話はフィクションであることは衆目の一致するところです。
しかしあまりにも逸脱過ぎて、現実感がなくなるとファンタジーになってしまいます。
そうなると「JIN仁」のように時空を越えたドラマにした方が視聴者も納得することでしょう。

そういえば綾瀬さん、「JIN仁」にも出てましたね。
咲さんでしたか。あの真摯で健気な雰囲気を期待されているのでしょう。
NHKも最近は、自分のところで役者を育てず民放でヒットしたドラマのヒロインを手軽にもって来るようになりました。
宮崎あおいさん、上野樹里さん、綾瀬はるかさんのキャラや演技力については何ら不満はありませんが、
NHKのこういったお手軽姿勢が大河ドラマをダメにしている気がします。

最近暑くなって、趣味の散歩がしんどくなり、休日の午前はレンタルDVDを観るようにしました。
そこでどの作品を観ようかと調べていると、80年代のテレビドラマに秀作が多いのに気付きました。
先週の「白虎隊」の脚本:杉山義法さんや山田太一さん、市川森一さんなど脂の乗った脚本家の作品が目白押しです。
これらの方々は皆さん大河の脚本も担当しています。

そこで今週から私が観ていこうとしているのが、「鎌田敏夫」さんの作品群です。
「俺たちの旅」や「金曜日の妻たちへ」を書いた方で「男女7人夏物語」が代表作ではないでしょうか。
大河は03年「武蔵」を書いたのですが、評価はイマイチでしたね。
やはりこの方は、80年代に脚本を書いたような「男女の心情の機微」が得意なのでしょうね。
ちょっとだけさわりを観ただけですが、「金曜日の妻たちへⅢ」などは、単なる「不倫ドラマ」を超越した深みを感じます。
リアルタイムで観てはいなかったので、この齢でハマリそうで少しコワイ!
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/166-3185c1d4
トラックバック
コメント
 貴兄の「若いお姫様が歴史を縦横無尽に駆け巡り、名だたる歴史上の偉人達と対等に対等に会話するシーンはうんざりです。」に全く同感です。
 今まで、「篤姫」での小松帯刀との幼少時代からのドラマ仕立てなどは、いくら脚本家の創作だとわかっていても、あそこまで史実に反する筋建てでは少しでも歴史を視ている輩としては我慢の限界でした。
あの時の歴史考証者であった原口 泉さんも講演の中で、「鹿児島の歴史を理解されている方々には申し訳ありませんが・・・・」とNHKや脚本家からの「要請」であえてこのようなドラマになったと述懐しています。
 今回の「江」もその様相を呈しており、ほとんどの聴視者はそれが本当の「歴史」であると「錯覚」しているのがわかるだけに、人気をあおる大河ドラマつくりはこの編で再考する必要がありそうです。
本○どんdot 2011.06.30 19:12 | 編集
本○どん(さんをつけると変なのでつけませんが)、貴重なご意見ありがとうございます。
大河も「利家とまつ」あたりからやや変だぞと感じてましたが、「功名が辻」あたりまでは鑑賞に堪えてましたね。
こりゃーイカンと思ったのが、ご指摘のとおり「篤姫」からでした。
どうしても女性が主役となると、史実が少ないものですから創作が多くなってしまうのは仕方のないことです。
でも「おんな太閤記」や「春日局」、「花の乱」あたりはうまく行ってたんですよね。

オジさんばかりではなく、若い女性を視聴者に取り込もうとして無理な設定になっているのではないでしょうか。
時代劇の火が消えそうで、とても心配です。
柴 銑次郎dot 2011.07.01 22:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top