FC2ブログ
2011
06.19

白虎隊

Category: 幕末
今週は大河の総集編を離れて、「白虎隊」という86年に日本テレビ系で放送された作品のDVDを見てみました。
これは日本テレビが年末の紅白歌合戦に対抗して、85年から制作した大型時代劇の第2作目であります。
85年の「忠臣蔵」が第1作で、「白虎隊」の後は「田原坂」「五稜郭」「奇兵隊」「勝海舟」と幕末物が90年まで続いています。

かなり大河とかち合う部分が多いですが、出演者は森繁久弥や里見浩太朗など主演クラスが毎回出てくるのが特徴のような気がします。
当時私の年末は、レコード大賞や紅白歌合戦などの歌番組を中心に過ごしていましたので、初めての作品ばかりです。
今回「白虎隊」を観てみて、これらの大型時代劇ではなつかしい名優が多々出てくる作品が私にとって手付かずのまま残っていたことはラッキーでした。

まだ1作しか観ていませんが、大河はどちらかと言うと一般ウケする勝者側の物語が多いと思います。
反面この「白虎隊」も含めての作風は敗者側の悲哀を描くものが中心となっていますね。
単に白虎隊の悲劇を扱うだけではなく、「桜田門外の変」以降の幕末の動乱を会津側からの視点で描く壮大な歴史ドラマになっています。

作品を調べているうちに1点エピソードを見つけました。
坂本龍馬(中村雅俊)が薩長同盟を結びつけるワンシーンだけですが西郷隆盛が出てきました。
この西郷を演じていた役者さんが見たこともない俳優だったのですが、意外な人でした。
実はこのシリーズの脚本を担当した杉山義法さんという方。
この次回作「田原坂」(もちろん主役は西郷さん)への伏線だったのですね。

あともう1つ80年の大河「獅子の時代」をかなり意識しているなという感じでした。
森繁さんが演じていた井上丘隅という実在の会津藩士は「獅子の時代」の平沼銑次の父(加藤嘉)が投影されていますね。
また、戦いの最中に妊婦が女子を出産し、その子が明日への希望の象徴となるところなども似てました。
それと2013年の大河の主役と噂されている山本八重子(今は亡き田中好子さん)も活躍してましたよ。

ここでネタ明かしを1つ。
私のHNである「銑次郎」は実は「獅子の時代」の主人公から拝借したものでありました。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/165-4666f3be
トラックバック
コメント
 こんばんは。当方のブログで何の気なしに紹介したにすぎませんのに、わざわざご覧になられたとは恐縮です。
 「獅子の時代」も菅原文太さんや大竹しのぶさんが出ていてとても良かったですね。ヒロインの故・大原麗子さんも美しかったし、あのように孤独死されるなんて惜しい女優さんでした。
A☆六文銭dot 2011.06.20 21:57 | 編集
こんばんは、コメントありがとうございます。
大河「春の坂道」や水曜時代劇「宮本武蔵」なども杉山義法さんの作品と教えて下さり、このシリーズの見方が変わりました。
A☆六文銭さんは本当にいろんな歴史ドラマの過程をご存知ですね。感心します。

「獅子の時代」はそれまでの大河と全く違う視点で描かれていて、
会津の落城から、斗南藩での苦悩、西南戦争における会津人抜刀隊、北海道での囚人酷使、秩父困民党などなど維新以降の裏の歴史を知る上で非常に勉強になった作品でした。
柴 銑次郎dot 2011.06.20 22:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top