FC2ブログ
2011.05.29 坂東平氏
先日、来年の大河「平清盛」の主だったキャストが発表になりました。
主役の清盛役は松山ケンイチさんが決まっていましたが、彼の終生のライバルである源義朝役には玉木宏さん。
清盛の前に立ちはだかる後白河帝に松田翔太さんということで、この3人の関係が物語の展開となりそうです。

過去に清盛を演じたのは4人。
66年「源義経」・・・辰巳柳太郎
72年「新・平家物語」・・・仲代達矢
79年「草燃える」・・・金子信雄
05年「義経」・・・渡哲也

やっぱり主役だった仲代さんの清盛が一番印象に残っていますね。
とは言っても40年前の記憶だから、とても曖昧な状態です。
ここは確認のために、近いうちに総集編のDVDをTSUTAYAで借りてみましょうか。


ところで「西国の平氏、東国の源氏」という言葉がありますが、本当でしょうか?
平清盛一族が安芸(広島)を中心に西国に領地があったので、源平合戦の際に西へ西へと追い詰められていったことから言われるのでしょう。
しかし、実際の武家平氏の台頭は坂東の常陸(茨城)や下総・上総(千葉)のあたりからです。

あの76年「風と雲と虹と」の平将門も坂東平氏の一門であります。
坂東八平氏(ばんどうはちへいし)という言い方がありますが、坂東(関東地方)に土着して武家となった桓武平氏を祖とする諸氏です。
秩父氏、上総氏、千葉氏、中村氏、三浦氏、鎌倉氏の他、これらの諸氏から派生した土肥氏、梶原氏、大庭氏、長尾氏などが入るが、数え方はその時々の各氏族の勢力により様々であるそうです。
どうも私自身の先祖もこの坂東平氏の出であるようで、「平将門」に対する思い入れが強くなりましたね。
やはり一度は大手町にある将門の首塚にお参りしてみようと思っています。

海音寺潮五郎さんの説によると、坂東武者が荒々しくて強いのは古代朝鮮系の人々が関東地方に入植して土着したからだということです。
今でも朝鮮系の人は体が大きくて荒々しいイメージがあります。
その血が将門や坂東武者に流れているから、ああいった反乱が起こせたということです。
農耕民族の大人しい日本人の血では、激しい革新の流れは作れなかったという説は納得のいくものでした。

伊勢平氏(清盛を中心とする平家)は西国へ行ったので、軟弱になり源氏に滅ぼされたのでしょうかね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/161-9473d4c1