FC2ブログ
2011
05.01

関白秀吉

Category:
今夜の「江」は久ぶりに面白い展開でしたね。
やっぱり足利義昭役の和泉元彌さん、もう1度出てきました。
1回こっきりではもったいないと思ってましたが、さすがの存在感を示しました。
和泉さんの新境地を見た思いです。
和泉さんのこのキャラ決して嫌いではありません。どちらかと言えば好きです。
過去の伊丹十三さんや玉置浩二さんに匹敵する好演だったのではないでしょうか。
できればここ一番でもう1回くらい出番をお願いしたいものです。

さて岸谷五朗さんの秀吉はどうなんでしょうか?
少々粗忽というか、知恵やキレが足りない秀吉キャラになっているような気がします。
本来はアイデアマンである秀吉が、全部「江」に相談してアイデアを出しているということになっています。
要するに「江」は秀吉の知恵袋ということですね。
物語が進んで行くごとに、この傾向は強まってくるのでしょうね。
きっと秀吉亡き後は、家康や夫の秀忠の知恵袋になるはずです。

時代が信長から秀吉の時代になるにつれ、ユーモアの要素が多くなってきました。
やはりこれは秀吉というキャラが持っている天性の明るさからくるものでしょう。
この時代の明るさは「北野大茶会」から「北条攻め」あたりまでがピーク。
その後、秀次事件や利休切腹と翳りが出てきてからの「江」の動きも期待できそうです。

そうなんです。今回の大河「江」は史実がどうのこうのを問題にしてはいけないのです。
「江」が戦国の世を縦横無尽に明るくユーモラスに翔んで駆け巡ればいいのです。
だから岸谷さんの秀吉もあれでいいのです。

最近やっとこさ、このムードが分かってきました。
オジサンはこれだから時代に乗り遅れるのですねー。
今年は上野樹里ちゃんと一緒に弾ければいいのだ!
理解するのに4ヶ月もかかったとはね~、トホホ・・・
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/157-22035f66
トラックバック
コメント
こんばんは。「江」ですが、最近見るのが辛くなってまいりました。しかし、視点を変えれば楽しめるのかもしれませんね。
いろいろお忙しいとは思いますが、ぜひ過去の大河ドラマの批評もお願いいたします。(私も少しですが紹介しています)
A☆六文銭dot 2011.05.05 21:31 | 編集
A☆六文銭さん、コメントありがとう。

「江」のドタバタ模様で、このブログも少しダレ気味でしたね。
ここは「初心忘るべからず」の精神で原点に立ち戻るべきだと気付かされました。

品川~小田原間の「街道めぐり」も一昨日に二宮までたどりつき、小田原まであと約10km程となりました。
こいつを先ず片付けてから、過去の作品を見直してまいりましょう。
柴 銑次郎dot 2011.05.07 09:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top