FC2ブログ
2011.04.17 神奈川の道
先々週、自宅から鎌倉まで歩いたので、先週は鎌倉から江ノ島まで歩いてみました。
桜が満開でしたので、八幡宮の方へは先々週の5倍くらいの人出で大変な混雑でした。
私は人混みを避け、海岸通りを潮風を感じながら、ただひたすら江ノ島へ。
江ノ島が見えたところで、腹も減ったので名物のシラス丼の昼飯をいただき、湘南モノレールで帰宅しました。
江ノ島

さて今週は、東海道を北へ向かいました。桜木町から鶴見までが今回の予定です。
「街道をゆく」も慣れてくると、町並みでおおよその昔の風情を推測することができます。
トイレ休憩もカンが良くなって、「この辺を中に入ると公園がありそうだな。」とあたりをつければ、
そのとおりにあるようになりました。
なんか「人間の営み」みたいなものが感じられるのですね。

そこへいくと、オフィス街や住宅街がなんの変哲もなく、散歩には不向きなところだとつくづく思います。
やっぱり歩くには、自然があり歴史と文化の香りがする道が一番だと再認識した次第です。
桜木町からスタートし、「みなとみらい」地区を海沿いに歩いていくと横浜駅の東側に眺めの美しいマンション群がありました。
横浜駅東

そうこうするうちに、東海道の神奈川宿です。
神奈川宿には本陣があったので、幹線の国道15号線から脇道に入ると小さい公園があちこちにあります。
こんな石碑もあったりします。やっぱり歴史を感じますね。
明治天皇行幸

それと旧い町並みがあると、必ず寺社が沢山あるのですね。
神奈川宿にも寺が多く、中には外国の領事館だったところも多々あるようです。
熊野神社というところの入口には大きな狛犬が鎮座しておりました。
表札には「嘉永年間 鶴見村石工~」という記述がありますから、「黒船来航」の時分に作られたのですね。
うーむ、ここでも歴史を・・・。
熊野神社の狛犬

神奈川新町あたりで、コンビニで水を補給。ついでに近くの由緒ありそうな公園で一休み。
するとやっぱり石碑がありました。カンが冴え渡っていますね。「散歩の達人」と名乗ろうかしら。
「オランダ領事館」の跡地だったみたいです。
東京の芝、高輪あたりもそうですが、江戸時代からの町で公園がある場合はお屋敷や何らかの施設があった場所と考えていいですね。
オランダ領事館跡

さて終着の鶴見に着く前に、どうしても寄りたい場所がありました。
鶴見線の「国道駅」です。なつかしい昭和の香りがするレトロ調の駅構内です。
たまに映画やTVドラマで終戦直後のロケ地になっていますね。
国道駅
さあ、ここから目的地の鶴見駅はすぐです。次週はどこへ行こうかな。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/155-6a66aef6