FC2ブログ
2011
03.20

東京散歩

Category: 散歩
大震災から10日経ちますが、被害の状況が分かってくるにつれ戦後最大の危機的状況であることがヒシヒシと伝わってきます。
被災された方たちのお気持ちや如何にと、ただただ遠方からお見舞いの言葉しかありません。

あの日はたまたま休暇で自宅にいたものですから、地震直後はわりとのんびりした感じでマイペースでパソコンを検索などしていました。
ところが夕方にかけて東北地方を中心に甚大な被害が起きて大変なことになっていることを知りました。
しかも、その余波は東京周辺に及び会社の同僚を含め多くの帰宅難民が出てパニック状態であったとのことです。
混乱は今週以降も続き、計画停電や突発停電の情報に振り回され、その度に交通機関の大混乱が発生しています。
また、米やパン、飲み物、トイレットペーパーまで買いあさっているオバサン、オジサンを見るにつけ、
人間の浅はかさを見せ付けられるようで、こんな人たちと生きているのかと残念でたまりません。
家族には「買いだめ禁止令」を出していて、「米やパンやトイレットペーパーが無くても人間は生きていけるよ!」と固く戒めています。

あの大地震の日にもし会社(東京の田町)にいたら、どうしていただろうとよく考えます。
日頃から運動を心がけていて体力には自身がある方なので、迷わず歩いて自宅を目指したと思います。
横浜の自宅へは30kmくらい、まあ明け方には着いたのではないでしょうか。

いつも会社の昼休みには40分くらい散歩をしていますが、そのことを実証するために今週から目標を持って歩いてます。
先ずは自分がどのくらいのスピードで歩けるのか?
計測したらトップスピードは1分で100mくらい、つまり10分で1kmですね。
これなら1時間で6km歩けるはずですが、30分くらいそのスピードで歩いたらバテてしまいます。

そこで、どのくらいのスピードで歩いたら、バテずに速く歩けるかを計測してみました。
結論は1分に80mくらいのスピードです。これなら1時間で5kmは歩ける勘定になります。
そう計算すると実践です。田町から昼休みに歩ける範囲を歩いてみようということにしました。
東京タワーのところくらいまでは軽く往復でき、芝公園を散策する余裕もあります。
東京タワー

翌日は品川方面を攻めてみました。
泉岳寺の手前に「高輪大木戸跡」という大きな石垣が残っていました。
高輪大木戸

今まで目的も無く散歩していたのが、新しい目標ができて楽しくなりました。
東京の内部にはまだまだ知らない名所・旧跡が残っています。
それを自分の足で昼休みに巡ることができ、しかも脚力を鍛えることもできるのです。
毎日泳いでいるので、泳力には自信があります。
仮に多摩川の橋が崩落しても泳いでわたることもできるでしょう。
これに脚力が加われば、何十キロ離れていようが家族の下へは必ずや到達できるはずです。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/150-4fcf0bdd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top