FC2ブログ
2011
03.06

水戸黄門

Category: 未分類
水戸黄門
昨日は梅を観に水戸の「偕楽園」まで初めて行ってきました。
これも初めて日帰りのバスツアーを経験してみましたが、とても快適で満足しました。
また利用したくなりましたね。
まだ五分咲きでしたが、春めいた天気で沢山の人出でした。
写真は駐車場の横にあった黄門様の銅像で、かなりデカイものです。子供と比較すれば分かります。

とにかく水戸は①に黄門様、②が徳川斉昭、③が徳川慶喜という順番で話題になっていましたね。
そうでしょう。今のテレビドラマのレギュラー番組で時代劇は「水戸黄門」と「大河ドラマ」だけです。
このままでは時代劇を制作するスタッフの技術が廃れるのではと、先日購入した「大河ドラマ大全」で危惧されていました。
今や日本の時代劇を守るのは2つの番組だけとは、視聴者も心して見続けて行かねばなりませんね。

「偕楽園」では好文亭や千波湖を望むベンチでお弁当を食べたりして、2時間ほど梅を観ながら散策しました。
確かにこれほどの梅林がある公園は2つとないほどの広さで、いいタイミングで来れたものだと納得の1日でした。
帰りに東門を出て、しばらく下って行くと少し入り込んだところに大き目の石碑が訪れる人も無く立っていました。
看板をみると「大日本史完成の地」との記述がありました。
梅見には何万人も人が来るのでしょうが、こういう石碑に興味を持つのは私くらいかなと微妙な気持ちでした。
石碑

そういえば、思い出しました。天下の名優:石坂浩二さん、大河の主役や吉良上野介や千利休もやってますが、
今の「水戸黄門」である里見浩太朗さんの前は僅かの間でしたが石坂さんでしたね。
やっぱりここにも名優の証が残ってました。できればもう1度、黄門様を演じてほしいものです。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/148-a97f4c91
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top