FC2ブログ
2011.02.27 最後の仇討
平日の夜はほぼ毎日泳いでいますので、あまりテレビは観ません。
休日は昼間泳ぎますので、わりと夜はテレビを観ます。漫然とではなく番組を絞って。
例えば今日だと、大河ドラマ「江」と太平洋戦争に関するNHKスペシャルかな。

昨夜は観たいテレビが重なりました。「アド街ック天国」と「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」です。
「アド街ック天国」は水戸を特集。タイミングよく来週に「偕楽園」を訪れる予定なので、ぜひとも観たい。
また「最後の仇討」の臼井六郎という人物にも興味がある。これも観たい。
番組の内容についてはコレ⇒ 「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」

どちらかをビデオに撮ればと思うでしょうが、再生して観る時間が惜しい。
いろいろなことに興味を持つので、それらの勉強と水泳をやっていると寝る時間を削るしかない。
睡眠時間を削ると仕事の質が落ちるので、やっぱり余計なことはしないでおこう。
ということで、「アド街ック天国」の1位が「偕楽園」だと確認してすぐ「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」へチャンネルをチェンジ。
丁度、主人公の臼井六郎(藤原竜也)が山岡鉄舟(北大路欣也)と道場で討ち合いをしているところあたりからでした。

この番組の原作は吉村昭さんの作品で、福岡の秋月藩で起こった実話を元にしています。
両親を惨殺された若者が、明治維新で仇討禁止令が出された後も犯人を追いつめ、本懐を遂げるストーリーです。
主人公の臼井六郎には藤原竜也さん。押さえた演技で内面の葛藤をうまく表現していました。
雰囲気的には映画「デスノート」の夜神月に似ていたような気がしました。

後半登場してくる臼井六郎を裁く判事役の吉岡秀隆さん。
飄々としてユニークな役者さんでいい味出しているのですが、全ての役柄が似てくるのが難点です。
田村正和さんが何をやっても田村正和なように、吉岡さんが判事役をやると紫の衣に冠をかぶっているので、
NHK「大仏開眼」での吉備真備とほとんど区別がつきませんでした。

仇討自体がテーマではないので、実際に本懐を遂げるシーンは比較的早めにありました。
犯人役で維新政府の判事に栄達している人物を小澤征悦さん。こういったヒール役が結構マッチしてますね。
お父さんは、あの有名指揮者:小澤征爾さん。
余談ですが、「征爾」という名前は戦前の満州国の大物である板垣征四郎の「征」と石原莞爾の「爾」からとったそうです。

仇討後の裁判の過程や判決での温情。本来は死罪であるところを士族としての立場を尊重して終身刑となった。
また、恩赦にて出獄した後の討った相手の家族や支えてくれた人との交流など人の心の交錯を描いてました。
吉村さんの作品には死刑囚の気持ちとか刑務所の看守の心を描いた作品などがあり、
いろいろな資料を基に人物の心の葛藤を細かく描写するところが特徴だと思います。

なかなか、こういった人物描写を中心とする作品は映像にし難くて視聴率もとりにくい番組ですが、
それを意欲的に取り上げたテレビ朝日の心意気にエールを送りたいと思います。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/147-e953a285