FC2ブログ
2011.02.12 明智光秀
大河の方は「本能寺」が終わり、明智光秀がスポットライトを浴びる回でしょうか。
三英傑(信長・秀吉・家康)が戦国の横綱クラスとすれば、信玄や謙信は大関クラス。
光秀なら伊達政宗や石田三成と並ぶ三役クラスとも言っていい人物でしょう。

思い出に残るような歴代の光秀役を挙げてみましょう。
65年「太閤記」~今は亡き佐藤慶さん、いぶし銀のような光秀でした。
73年「国盗り物語」~近藤正臣さん、若くてカッコいい光秀。ほぼ主役でしたね。
83年「徳川家康」~寺田農さん、暗い雰囲気だけでほとんど記憶になし。
89年「春日局」~五木ひろしさん、思い出したくもない。
92年「信長」~マイケル富岡さん、同上。
96年「秀吉」~村上弘明さん、久ぶりにまともな光秀で胸のつかえがとれました。
02年「利家とまつ」~萩原健一さん、個性的で案外よかった。99年「元禄繚乱」の徳川綱吉と似てましたね。
06年「功名が辻」~坂東三津五郎さん、可もなく不可もなしで普通かな。

やっぱり古い作品での光秀の方が、印象に残ってますね。
順位をつけると、①佐藤慶②近藤正臣③萩原健一の順でしょうか。
役者の力量と役にマッチしていたかどうかが、基準ではないでしょうかね。

今回の「江」の光秀役の市村正親さん、大河の出演は2回目ではないかしら。
前回は80年「獅子の時代」。没落士族の娘おもん(大原麗子さん)の弟役で、どうしようもない放蕩息子。
たまに出てきては主役の加藤剛さんや菅原文太さんを困らすワルの役でした。
その青年が今回の光秀とは時代の流れを感じます。
苦悩する光秀を演じるには、丁度いい年齢になったでしょうね。期待してまっせ。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/145-da6d9496