大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

思い出の女優たち

まずは昨日の補足から。
匂当内侍とか今参局は人の名前というよりも宮中での職名ですよね。
だから匂当内侍とか今参局と呼ばれた人は何人もいたはずです。
でも匂当内侍といえば、新田義貞の愛人。
今参局といえば、足利義政の乳母と特定されるようです。

これは太閤といえば、先の関白のことなのに通常は太閤秀吉のことを
指すのと同様のことです。
いづれにしても匂当内侍や今参局にもし何か頼まれたら、
男は「はい!」と答えるしかないでしょうね。

もう2度と出演されることがない女優さんに大原麗子や夏目雅子がいます。
大原さん、主演した「春日局」が代表作でしょうけど、
私は「獅子の時代」の終盤で病に倒れる おもん の刹那さが印象に残ってます。

夏目さん、わずか3作の出演でしたね。「黄金の日日」「おんな太閤記」「徳川家康」
なんと「おんな太閤記」では お市の方、「徳川家康」では淀君と
戦国正統派美女の親子どちらも演じたのは納得でありました。

最後に可愛さ可憐さではこの人を置いてないというほどの女優さんがいました。
「独眼竜政宗」で愛姫(めごひめ)の少女時代を演じた後藤久美子。
これほど美しい少女がいたのか!ゴクミの前にゴクミなし。ゴクミの後にゴクミなし。
「愛(めご)でございます。」という三つ指ついたその姿に、ゴクミいや後光が輝いていました。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード