FC2ブログ
2011
01.08

二人の軍師

Category: 秀吉
正月2日にテレビ東京系で「二人の軍師」という竹中半兵衛、黒田官兵衛を扱った作品をやってましたね。
言わずと知れた豊臣秀吉の二大懐刀、半兵衛と官兵衛が主役のテレ東お得意の正月時代劇であります。
夕方から午後11時頃までやっている7時間の大作ですから、とても付き合ってはいられませんでした。
でもビデオで録画しておいたので、チビリチビリ見ながら楽しんでいます。
今やっと半分くらい来たところです。

ちなみに当ブログ左のプロフィールにある画像は、この官兵衛さんと生き写しです。
戦国通の方々には、先刻ご承知のことと存じます。

ところで、この「二人の軍師」の秀吉役がまたもや西田敏行さんだったのです。
西田さんと言えば、81年「おんな太閤記」の秀吉役がありましたね。
年末の忠臣蔵の吉良上野介といい、西田さん無くしては大型時代劇は出来ないという雰囲気になってきました。

ここで過去の大河での秀吉と竹中半兵衛、黒田官兵衛を振り返ってみましょう。(秀吉が主役のものだけ)

              秀吉     半兵衛   官兵衛
65年「太閤記」     緒形拳   福田善之  田村高広
96年「秀吉」      竹中直人  古谷一行  伊武雅刀
今回の「二人の軍師」 西田敏行  山本耕史  高橋克典

さすがに今回は「二人の軍師」が主役だけあって、大河の渋さよりも若くて勢いのある配役だったと思います。
二人の軍師が織り成す戦国屈指の頭脳戦略と男同士の熱い友情。
静の半兵衛、動の官兵衛という対比で、とてもいい出来上がりの作品だったと思います。
特に半兵衛役の山本耕史さんは本人の実力もさることながら、途中で惜しくも亡くなるという言わば儲け役。
一際目立ってましたね。

そういえば、今回の配役で面白かったのは過去の大河で秀吉の弟:小一郎秀長を演じていた「おんな太閤記」中村雅俊さんや「秀吉」高嶋政伸さんが脇役に回っていたことですね。
中村雅俊さんは秀吉から水攻めにされる備中高松城主:清水宗治。
高嶋政伸さんは黒田官兵衛を温かく見守る家臣(実は異父兄)でしたね。

それと今回の小一郎秀長役に中本賢さんを持ってくるとはビックリしました。
この俳優さんは「釣りバカ日誌」では浜ちゃん(西田敏行)の隣に住んでいる 釣り船太田屋ではないですか!
西田秀吉の弟に「釣りバカ」コンビをキャスティングするとはテレ東さんもやることはやりますねえー。


訃報:
人間国宝の中村富十郎さんが亡くなりました。
この方は74年「勝海舟」と80年「獅子の時代」で2回西郷隆盛を演じておられました。
私は過去の隆盛役では、この役者さんが西郷の重々しさに一番マッチしていたと思っています。
ご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/139-d0b6cbe4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top