FC2ブログ
ついに終わりましたね。分かってはいましたが、はかない最後でした。
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の最後もストンという感じで、突然終わりました。
文庫本で8冊くらいの長編でしたが、長々と読んできたのに「エッもう終わっちゃたの」という終わり方。
「龍馬伝」も同じくあっさりとした最後でしたね。

やはり、この「龍馬伝」は岩崎弥太郎の「龍馬」というのがテーマでした。
本当の主役は弥太郎で、龍馬は弥太郎の五感を通しての人物であり、2番手の主役という印象。
龍馬役の福山雅治さんは、精一杯うまく演じきったと思います。好演したのではないでしょうか。
弥太郎役の香川照之さん、武市半平太役の大森南朋さんの両名はさすがに芸達者らしい演技でした。
この主役級3人の次に私がぜひ押しておきたいのは、高杉晋作役の伊勢谷友介さん。
抜群の存在感でした。彼を主役にもう1本続編が行けるくらいの勢いを感じましたね。

以上の人たちはうまく描けていたのに、その他の人たちはNHKらしい豪華なキャストを投入したのに消化不良のような物足りなさを感じました。
どうしてでしょうか?
土佐の主役級を引き上げるために幕府や薩摩・長州の連中をデフォルメしすぎたのかも。
一橋慶喜って、あんなに下品かしら。
西郷や大久保は、あんなに矮小な人物でしようかね。
個人的な見解では、仮に龍馬がいなくても明治維新は来たでしょうが、
西郷や大久保、はたまた木戸や高杉がいなかったら明治維新はかなり遅れた気がします。

まあともあれ、主役は龍馬や弥太郎ですから話の展開はそれでいいとしても細部に凝り過ぎて全体の勢いを殺したような印象はありました。
いろいろ個性的な役者に個性的な配役をしたのにストーリーが活かしきれなかったということです。
だから、毎週日曜日の夜8時にチャンネルを合わす「ワクワク感」が無かったなー。
直近では「篤姫」の方がまだありました。
「葵徳川三代」はもっとありました。
「翔ぶが如く」や「太平記」はもっともっとありました。
具体的に言えば、「討ち入り」とか「本能寺の変」とかのような期待感です。
こういう「ワクワク感」が週1の大河ドラマには絶対必要なんですよね。

20年後に「龍馬伝」のDVDを観るか?と問われても、答えはNOのような気がします。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/133-74fb64f3