FC2ブログ
2010
11.27

平清盛にはマツケン

Category: 未分類
仕事で出張に出ていたので、更新が滞ってしまいました。
帰って来たら、「2012年の大河:平清盛の主役は松山ケンイチ」というビッグニュースが入ってきました。
2週間ほど前にスポーツ紙がすっぱ抜いていましたが、火の無いところに煙で本当だったのですね。

若手の成長株で、「篤姫」の時の宮崎あおいの抜擢と状況が似ているような気がします。
多分、彼が演じるくらいですから清盛のかなり若い時から物語は始まるのでしょうね。
源平合戦のドラマでは清盛の晩年からしか出番がなかったので、若い時の話は新鮮だと思います。
そこで問題は、松山ケンイチが清盛の晩年をどう演じるかでしょうね。

実は私自身の「氏」も何を隠そう平氏でありまして、上杉謙信や織田信長も平氏なのであります。
よく歴史ドラマで「壇ノ浦で平氏は滅んだ。」という記述がありますが、これは大変な誤りです。
壇ノ浦で滅んだのは平家であって、平氏ではありません。
平氏の中で栄耀栄華を極めた平清盛一族を平家と呼び、彼らの栄枯盛衰を琵琶法師が語る物語のことを「平家物語」と言います。
だから壇ノ浦で滅んだのは伊勢平氏の一部であり、他の平氏は脈々と生き続けていることをお間違いなきように。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/132-e9fe88ec
トラックバック
コメント
出張、どうもお疲れ様でした。
再来年の大河ドラマは主人公が平清盛ということですが、昔放映していた「新平家物語」のダイジェストを見たことがあります(というより、DVDを持っています)
仲代達矢さんが清盛役でしたが、豪華キャストが勢ぞろいしてとても良かったです。特に女優さんたちが華やかでした。
清盛夫人時子を演じた中村玉緒さんも若かったですし、常盤御前を演じた若尾文子さんの艶やかなこと!(若尾さんは今でも若々しい方ですね)
故人になられましたが、新珠三千代さんや初代水谷八重子さんなども存在感がありました。
A☆六文銭dot 2010.11.28 16:42 | 編集
A☆六文銭さん、コメントありがとうございます。
へー、「新平家物語」のDVDを持っているのですか。なかなか貴重な作品をお持ちなのですね。
私なぞ、このようなブログを書いてるくせに過去の大河のDVDなどは1つもないのです。
全て過去の記憶だけで書いているのが、特徴と言えば特徴ですね。

だから、かれこれ40年近く前の「新平家物語」の登場人物と俳優の名前が一致するのは主役の仲代達矢以外では、後白河法皇の滝沢修、源頼朝の高橋幸治、義経の志垣太郎くらいで女優さんの記憶は誰が何であったかは、出演者をみてもピンときません。
そうそう最初に広島の厳島神社でロケしたことは、よーく覚えています。
いつか総集編を観る機会があったら、涙を流して思い出すことでしょう。いい冥土の土産ができたとエヘへ。
柴 銑次郎dot 2010.11.28 22:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top