FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

魅力的な女優たち

ごつごつした男の話が続いたので、そろそろ女優陣のお話を。

さて藤村志保、八千草薫、沢口靖子・・・いづれも清楚な佳人ですね。
この3人の共通項は何でしょうか?
私の好みのタイプ。そうとも言えますが、もう1つあります。
皆さん秀吉の夫人「ねね」役を経験しているのですね。
藤村志保~太閤記
八千草薫~独眼竜政宗
沢口靖子~秀吉

なんか日本の理想的な奥方、頭がよくて、美しく、さっぱりした感じ。
そういう雰囲気の方が「ねね」役に当たるようです。

ここでどうしても、とっておきのお二方を紹介しておきたい。
あまり多くの作品には出ていないし、登場シーンも少ないですが、
女性としての魅力、妖艶さは全大河の中でも出色であったと今でも感じ入っています。

1人は、「太平記」にて宮崎萬純演じるところの匂当内侍(こうとうのないし)。
新田義貞を仲間に取り込むために後醍醐天皇が愛妾であった匂当内侍を譲り渡すのです。
すると新田義貞は元々気があったものだから、もうメロメロになっちゃうのですねー。
そして足利尊氏に負けて、匂当内侍も死んじゃって悲劇の武将になるのです。

もう1人は、「花の乱」にて かたせ梨乃演じるところの今参局(いままいりのつぼね)。
主人公日野富子の旦那である足利義政を少年時代から身の回りの世話をしている乳母。
義政は富子と結婚しても今参局のところへ入り浸って骨抜きになっているのですね。
でも日野家の陰謀で今参局は殺されちゃうのです。あーもったいなや!
少年義政を演じていたのが、今をときめく市川海老蔵。
さすが今参局、先見の明がありましたね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード