FC2ブログ
2010
10.31

90年代の大河①

Category: 未分類
87年「独眼竜政宗」からの5年間は大河の黄金時代と言うべき佳作がそろってますが、92年以降は大河迷走の時代と言っていいでしょう。

先ずは92年「信長」、主役の信長に緒形直人はいいとしても秀吉に仲村トオル、家康に郷ひろみとはこれいかに。
明智光秀にはマイケル富岡なんてのも理解に苦しみました。
まあ、配役はイマイチでしたがポルトガルの宣教師:ルイス・フロイスの視点で信長を描くという発想には異存はありませんでした。
このルイス・フロイスという人、私の印象では幕末に日本にやって来たイギリスの外交官:アーネスト・サトウとキャラが似ていると思ってます。
どちらも日本が好きで心身ともに同化している外国人として、とても好意がもてます。

次の93年前半「琉球の風」というやつも、よう分からん作品でした。
放送期間も大河としては異例の半年間。1年も続けるネタが無かったのが実情でしょうかね。
66年「源義経」の尾上菊之助と藤純子が話題集めで共演したくらいが目玉でした。

93年後半「炎立つ」は「琉球の風」の低視聴率を引きずっての7月スタートで最初からハンデがありました。
それでも個人的には今まで歴史の表舞台に出てこなかった東北の阿倍氏や清原氏そして藤原氏のことがよく分かり、参考になった作品でした。
昨年、奥州平泉に立ち寄った際に中尊寺の近くに「藤原歴史館」というところがありました。
奥州藤原氏の開祖:藤原経清(渡辺謙)がノコギリ轢き(わざと切れない刀でジワジワと首を斬るという残酷な処刑)シーンが蝋人形で再現されていました。
実際に大河で観た時は、渡辺謙さんがとっても痛そうで涙を流しながら死んで行ったのよく覚えています。
ショッキングな場面なのですが、なんか懐かしいような感情が起きたものでした。

この辺の話題、次回も続きます。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/129-253c0a35
トラックバック
コメント
柴様 こんばんは。
先日、所用があり平泉の方へ参りまして、たまたま例の奥州藤原氏の蝋人形館、立ち寄ってまいりました。かなりリアルな造形で驚きましたが・・・。
聞いた話ですが、東映の美術スタッフの方たちが作成したようですね。
A☆六文銭dot 2010.11.13 22:35 | 編集
A☆六文銭さん、コメントありがとうございます。
藤原歴史館へ行かれたのですか。「義経の八艘飛び」のシーンなんか結構ダイナミックだったでしょう。
それとそこの「ずんだ餅」おいしかったですよ。
A☆六文銭さんの行動力には頭が下がります。
柴 銑次郎dot 2010.11.13 23:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top