FC2ブログ
2010
10.10

秀吉の手紙

Category: 秀吉
先日のNHK「歴史ヒストリア」で秀吉の手紙について考察していました。
その中で秀吉の相手を口説くテクニックとして3つのことを上げていました。

①自筆の手紙であることをにじませ、誠意を相手に伝える。
②自分の正当性を声を大にして強調する。
③時には、はったりやウソも方便として使う。

司馬遼太郎さんも秀吉と龍馬の手紙には人間性が出ていて、
歴史上の人物の中でこの二人が際立って面白い手紙を残しているとの評価でした。
そういえば、龍馬の手紙も図解入りで当時の常識からは外れているがとても愉快です。

こういうヒューマン系の対処法は科学技術と違い、現代にも十分に通用するテクニックではないでしょうか。
最近DVDで観ている「武田信玄」の中にも人事の達人らしい信玄語録が出てきています。
妙に納得しているのが、この言葉。
「人を用いるに、人を使うべからず。その業(わざ)を使うべし。」

つまり、人物の良し悪しや好き嫌いで使うな。その能力や才能を使え。
ということでありましょう。さすが武田信玄!


さて、本日から左側のリンクのところに「もののふ紀行」というブログにリンクを貼らせてもらいました。
私と同時期にブログを開始された「Å☆六文銭」さんという方のブログなのですが、
戦国時代や幕末を中心に歴史への造詣がとても深く、感服してみています。
写真や地図を載せて、読者に分かり易く書かれているスタイルは見事なものです。
お勧めです。ぜひ、ご参照下さい!
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/126-9a08f7f4
トラックバック
コメント
こんばんは。わざわざ、ご親切に当ブログをご紹介いただきまして、恐れ入ります。
まことに勝手ながら、柴様の「大河の日日」もこちらのブログにリンク貼らせていただきました。
当ブログはまだまだ発展途上ですので、ご教示ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。
ご感想などございましたら、どうぞお気軽に。お待ち申し上げます。
A☆六文銭dot 2010.10.10 22:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top