FC2ブログ
2010
07.17

高杉晋作登場

Category: 龍馬
今朝の朝日新聞に「龍馬伝」の大友ディレクターが特集されていました。
この方、「ハゲタカ」や「白洲次郎」も手がけた人だったのですね。
武市半平太に大森南朋さんや明日登場の高杉晋作に伊勢谷友介さんを起用したわけが解りました。
それと、映像の雰囲気が昨年観た「白洲次郎」に似ていると感じます。

ところで、書きながら気付いたことが1点。
ソフトバンクのCMに出てくる白い犬の名前は「白戸次郎」でした。
これ絶対に「白洲次郎」からのパクリですよね。
選挙に当選した後の展開は果たしてどうなるのでしょうか?

本題に戻って、高杉晋作と坂本龍馬は同じ革命家としてのベクトルが合ってますよね。
多分、長崎で鉢合わせして最初はこのヤローと思いながらも意気投合するのではないのかな。
会った瞬間にお互いの波長が合うのが、側で見ているようにイメージできます。

龍馬と比べると晋作の方が鋭敏なカミソリのようなキレを感じます。
しかし、スピードでは遅れをとりながらも龍馬の情熱やバイタリティが徐々に発揮され
明治維新の原動力となるのが、この時代の面白さでありましょう。

幕末の時代が興味深いのは、こういった多士済々の人物が登場して、
それらの人々が十分に自分の役割を果たして、次の流れにバトンタッチして行くところです。
歴史の表舞台に登場するしないにかかわらず、自分の役目を果たす生き方は好きですね。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/114-dd1ab37e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top