FC2ブログ

大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Entries

江~追加キャスト

お久しぶりです。少し更新をサボってました。暑い時はゆるりとね。

先日「江(ごう)~姫たちの戦国~」の追加キャストが発表されました。
織田信長~豊川悦司
豊臣秀吉~岸谷五朗
徳川家康~北大路欣也

どうなんでしょう。信長役の豊川さん秀吉役の岸谷さんはいいとしても家康役の北大路さんは?です。
最晩年での登場ならいいでしょうが、秀吉とのからみなどあったら年齢がアンバランスですね。
江(ごう)の夫になる徳川秀忠役が朝ドラ「ゲゲゲの女房」に出ている向井理さんだそうですから、
それの親父としての家康という貫禄を重視しての起用でしょうか。

最近の大河は役者さんの高齢化が進んでいますね。特に男性陣がね。
「龍馬伝」での福山龍馬は40歳ですし、山内容堂の近藤さんや勝海舟の武田さんもやや無理があります。
女優陣は無理がないのにどうしてなんでしょうか?
やはり歴史上の人物を演じるためには内面の深みも必要となって、若い俳優の抜擢が難しいのかもしれません。

そうそう、千利休役で石坂浩二さんが出てました。大河出演11回目だそうです。
石坂さんを含め、江守徹さん西田敏行さん渡辺謙さんあたりが出てくるとドラマが締まりますね。

でもいつまでもベテランに頼っていては新鮮味がなくなるので、今回の向井理さんの起用や
昨年「白洲次郎」を好演した伊勢谷友介さんが「龍馬伝」では高杉晋作をやるそうですから
そういった若手の活躍も期待したいところです。
スポンサーサイト

Comment

こんにちは 

姫たちの~ですが、春日局役が樹里ちゃんのアミューズの大先輩の富田靖子さん(噂ではですが)のようです。
  • posted by ? 
  • URL 
  • 2010.12/21 13:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうなんですか 

どなたか存じませんが、お知らせありがとうございます。
樹里ちゃんと火花を飛ばす憎まれ役ですから、やりがいがあるのではないでしょうかね。
  • posted by 柴 銑次郎 
  • URL 
  • 2010.12/21 20:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

偶然見つけました。


歌舞伎俳優の市川海老蔵が飲酒トラブルで殴られて重傷を負い、無期限謹慎となったが、演劇ファンにとって、それ以上に残念だった今年のニュースは、井上ひさしさん、つかこうへいさんの訃報だろう。つかさんの素顔と波瀾万丈の人生を描いたのが、この番組。

 福岡県出身のつかさんは偶然、大学時代に芝居に関わって以来、「蒲田行進曲」「熱海殺人事件」など意外性とインパクトに満ちた作品を次々と世に送り出し、演劇界に「つか以前」「つか以後」という言葉が生まれるほどの旋風を巻き起こした。

 また「口立て」と呼ばれる独特の手法を用いた情熱あふれるけいこで、平田満、阿部寛、黒木メイサら多くの才能を花開かせた。

 番組は、つかさんのデビュー以前の秘話、九州・大分でアマチュアを集めた劇団を旗揚げした40代、そして在日韓国人2世という生い立ちに向き合った作品の舞台裏など、演劇にすべてをかけた62年の生涯をたどる。

 番組の案内人を務めるのは、1990年に「飛龍伝」で神林美智子を演じた女優、富田靖子。

 つかさんの薫陶を受けた数多くの俳優の中から、なぜ富田が…と思っていたら、実はつかさんと同じ福岡県出身。この番組を制作したのは福岡放送局。まさにうってつけのキャスティングというわけだ。

 しかも、富田は所属事務所の後輩、上野樹里が主演する来年1月9日スタートの大河ドラマ「江(ごう)~姫たちの戦国」の春日局役。演劇界の巨人の生涯を振り返りながらも、NHKの気分は来年に向けて「GO(ごう)!」というところか。

のようです
  • posted by ? 
  • URL 
  • 2010.12/25 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード