FC2ブログ
2010
06.10

石田三成

Category: 戦国
明智光秀について書いたら、どうしてももう一人の敗軍の将:石田三成のことも書かないとね。
彼も戦国の名バイプレーヤーの一人でしょう。
光秀と違い冷静に計画的に事を起こしたのですが、あと一歩足りなかったことが大いに悔やまれます。

三成を主人公にした司馬遼太郎の「関ヶ原」やそれを原作にした81年TBSの「関ヶ原」で、敗者側の視点が詳しく描かれています。
その時の石田三成役は加藤剛さん、徳川家康役は今は亡き森繁久彌さんでした。おなつかしいですね。

それでは歴代の大河ではどんな方が演じていたのでしょうか。同じように振り返ってみましょう。

65年「太閤記」~石坂浩二・・・頭のよさそうなインテリ優等生
71年「春の坂道」~中村敦夫・・・よく覚えていません
78年「黄金の日日」~近藤正臣・・・「国盗り物語」の明智光秀とコンドウ(混同)しそう
81年「おんな太閤記」~宅麻伸・・・エリート風の嫌なヤツ、ねねと敵対関係
83年「徳川家康」~鹿賀丈史・・・徳川家に対立する人は、みんな暗く描かれてる
87年「独眼竜政宗」~奥田瑛二・・・これもあんまりよく描かれてない小人物
96年「秀吉」~真田広之・・・「太平記」の主役を持ってくるとは
00年「葵徳川三代」~江守徹・・・家康に対立する忠義の人という準主役扱い
02年「利家とまつ」~原田龍二・・・とんと印象なし
06年「功名が辻」~中村橋之助・・・静かで大人っぽい、女性ドラマはいい人が多い
09年「天地人」~小栗旬・・・ちょっとイメージ違うんじゃない

そうですね。若い時は石坂浩二さん、晩年の関ヶ原の時は江守徹さんがマッチしてたと思います。

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/108-60cecabd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top