FC2ブログ
2010
05.30

真田太平記

Category: レアもの
最近DVDをレンタルして85年の「真田太平記」を見始めています。
毎週1巻づつ見て、向こう3ヶ月くらいは楽しめますね。

すっかり忘れていたオープニングテーマがいいですね。
スペイン風のボレロ(シロウトなのでそう感じます)で、耳にとっても心地よい。
全体で四季を表しているそうです。
2000年の「葵徳川三代」は純和風で四季を表現してましたから好対照です。
最後の方で変調して急に明るくなるところが好きですね。
そうそう思い出しましたラヴェルの「ボレロ」みたいですよ。

野心家で好色な父:真田昌幸に丹波哲郎。
沈着冷静で真田家の進むべき道を考える長男:真田信幸に渡瀬恒彦。
そして勇猛果敢で青年らしい爽やかさの次男:真田信繁(幸村)に草刈正雄。
25年前の作品ですが、脚本がしっかりしててとにかく面白い。
娯楽時代劇として一級品の仕上がりですね。

最近とんと見かけない宝塚出身「遥くららさん」が真田家の草の者(忍者)として出演しています。
「お江」という役ですが、これがまたいい。彼女の代表作でしょう。
諜報役の厳しさ、徳川方との格闘場面、そして幸村とのロマンスで見せる女らしさ。
うーん、とってもいい味出してます。真田の男三人衆に加えてのもう一人の主役ですね。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://taiganohibi.blog117.fc2.com/tb.php/104-79aac72c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top