FC2ブログ

東北城めぐりの旅⑥向羽黒山城

最終日の四日目は、だだっ広い温泉宿に1人で泊っていたので、朝5時頃に目が覚めました。

温泉に入り、9時出発の予定より2時間も早く行動を起こしました。
こちらは朝靄のたちこめる鄙びた温泉宿からの風景です。
IMG_20190626_044728.jpg
会津柳津駅に向かう途中に昨日は気づかなかった古刹がありました。
かなりの歴史を感じさせるたたずまいです。
IMG_20190626_073120.jpg
50分ほど只見線の列車に乗り、8:47には会津本郷駅に到着しました。
降りる客は当然のごとく私1人でした。
IMG_20190626_084914.jpg
駅から真っ直ぐ延びる道路の先に見えるのは目指す山城・向羽黒山城でありましょうか。
IMG_20190626_085016.jpg
駅前の左手にある倉庫は、これまた年代物の歴史的建造物ですね。
IMG_20190626_085032.jpg
歩いて向かう会津本郷の町並みも昭和というより戦前の雰囲気が残ります。
IMG_20190626_090904.jpg
駅から歩いて15分くらいで城跡の登山口に到着しました。
さすが続100名城に指定されたところ、案内がしっかりしています。
IMG_20190626_091106.jpg
車が1台通れるくらいの山道ですが、ちゃんと舗装されています。
IMG_20190626_092038.jpg
城めぐりだけではなく、こんなフィールドアスレチックの人も訪れるので道路が整備されているのですね。
IMG_20190626_092415.jpg
登ること15分くらいで最初の城跡である三の丸に着きました。
曲輪(くるわ)があったのとここは見張台の役目があったのではないでしょうか。
IMG_20190626_093457.jpg
熊鈴をつけて散歩していたオジさんに教えられて、舗装した道からこんな階段で二の丸に行く道を行く事にしました。
IMG_20190626_095356.jpg
人が通る道があるので、これがかつての大手道なのでしょうね。
IMG_20190626_095527.jpg
おうおう、石垣で出来た虎口が現れました。これは明らかに城の一部です。
IMG_20190626_095831.jpg
人工的な土塁を通り二の丸へ向かいます。
IMG_20190626_100256.jpg
小高い山の上に平たくなった二の丸がありました。ここも見晴らしがいいようです。
IMG_20190626_100338.jpg
そしてさらに舗装された道路の脇から本丸への階段が続いていました。
IMG_20190626_100923.jpg
この様な石段が延々と続いていて、かなり急峻な山の上に本丸はあるようです。
IMG_20190626_101321.jpg
虎口が現れたので、目指す本丸は近いのでしょうか。
IMG_20190626_101557.jpg
ところが石段はまだまだ続き、汗も大量に流れ出て我慢の限界です。
さらに周りには熊ん蜂が数匹警戒に現れ、ヤバイ状況になっています。
IMG_20190626_101826.jpg
やっとのことで本丸に到着。
ここが伊達政宗に倒されるまで奥州に覇を競った名門・蘆名家の居城であります。
山城としてはとんでもなく巨大な城でありました。
蜂たちがせわしなく飛び回っているので、くつろぐこともできずに急いで下山します。
IMG_20190626_101854.jpg
熊鈴のオジさんと出合った休憩所まで降りてきて、やっと一息入れることができました。
大汗をかいたので、着ていた物を乾かすとしましょう。(2~30分でカパカパに)
遠くには会津のシンボル磐梯山を望むことができました。
IMG_20190626_103817.jpg
帰りは登山口付近のバス停から会津若松駅行きがあったので助かりました。
ここからは磐越西線経由で郡山発15:05の新幹線E5系「やまびこ48号」に乗り
17:30には横浜に戻ってきました。
IMG_20190626_121556.jpg
東北城めぐりの旅4日間おわり。

スポンサーサイト



2019/07/20 15:53 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

東北城めぐりの旅⑤只見線

三日目の午後は、せっかく会津地方に来たので只見線に乗って奥会津を旅することにしました。

地元のお店で昼食を済ませて、再び猪苗代駅に戻ってきました。
正面に「野口英世記念館」の案内写真があったので、寄ればよかったかなと少し後悔。
IMG_20190625_122243.jpg
こちらが磐越西線・会津若松行きのディーゼルカー。
IMG_20190625_122422.jpg
昼なので車内はガラガラでした。
IMG_20190625_122552.jpg
そして、13:07会津若松駅で只見線のディーゼル車キハ40に乗り換えます。
IMG_20190625_130545.jpg
超ローカル線である只見線の列車は2両編成でしたが、意外と混んでました。
割と人気があるのですね。一日に5本しか走っていません。
IMG_20190625_130913.jpg
会津平野を迂回しながら、阿賀野川を渡ります。
IMG_20190625_131906.jpg
遥か彼方には会津のシンボルである磐梯山の雄姿がありました。
IMG_20190625_133050.jpg
途中の会津宮下での年季の入った駅名表示。
IMG_20190625_143029.jpg
只見川沿いを時速2~30kmくらいで登って行きます。
IMG_20190625_143627.jpg
窓も開けられるので、今では珍しいこんなショットも撮れます。
IMG_20190625_144847.jpg
2015年の水害で直通運転ができなくなり、途中の会津川口駅から折り返し運転となります。
これより先は代行バスとなります。
IMG_20190625_145927.jpg
約2時間のローカル線の旅でしたが、私はここから再び引き返して予約した温泉宿に向かいます。
15:27出発。
IMG_20190625_150011.jpg
只見線は只見川を右に行ったり左に行ったりして戻ります。
IMG_20190625_152809_1.jpg
なんとも、のどかですなー。この雰囲気を味わいに多くの鉄道ファンが訪れます。
IMG_20190625_155926.jpg
そんなこんなで16:17に宿の最寄り駅に到着して、会津若松行きの列車をお見送りします。
IMG_20190625_161745.jpg
20kmちょっとを50分くらいかけましたかね。会津柳津駅です。
IMG_20190625_161803.jpg
無人駅を降りると、SLが保存されてありました。かつてはここを走ったのでしょう。
IMG_20190625_161857.jpg
なんとなくなつかしい昭和の面影が残る駅舎ですね。
IMG_20190625_162116.jpg
駅から30分ほど歩いたところにある「町立つきみが丘温泉センター」は、だだっ広い15畳の和室にポツンと布団が敷かれてありました。
IMG_20190625_171622.jpg
夕食はメインのヒメマスを中心に質素ながらもボリュームがありました。
これで2食と温泉つきで6500円はリーズナブルでしょう。
IMG_20190625_180105.jpg

2019/07/17 11:12 |列車の旅COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

東北城めぐりの旅④猪苗代城

三日目はホテルから仙台駅へ早朝に向かいます。今日も梅雨の晴れ間でいい天気です。
IMG_20190625_082020.jpg
8:39発のE2系「やまびこ128号」に乗り、郡山駅で磐越西線に乗り換えます。
IMG_20190625_085318.jpg
10:24に到着したのは猪苗代駅であります。
IMG_20190625_102738.jpg
駅からは会津磐梯山へ向かって一直線の道があり、あの山の麓に目指す猪苗代城はあります。
IMG_20190625_103756.jpg
歩くこと30分で何やら城跡らしい土塁が見えてきました。
IMG_20190625_105104.jpg
見上げる急峻な堀の頂上が城跡なのでしょうか。
IMG_20190625_105249.jpg
ぐるっと回り込む形で進んで行くと、城塞らしい堀切がありました。
この辺りの造りは中世の城構えですね。
IMG_20190625_105851.jpg
下の三の丸?は小学校の敷地になっています。
かつての館跡なのでしょう。
IMG_20190625_110613.jpg
さらに上段の曲輪(くるわ)があるようなので、そこが本丸なのかしら?
IMG_20190625_110633.jpg
本丸まではらせん状に歩かされていて、道は堀切の下なので上から銃や弓を射掛けられては、ひとたまりもありません。
小さい城かと侮っていましたが、意外とこの城は堅固な要塞だったのですね。
IMG_20190625_110709.jpg
どうやら私は搦め手側側から登ってきたようです。
IMG_20190625_110956.jpg
なかなか見事な石垣で造られてあり、「四脚門跡」とあります。
この石垣は中世ではなく江戸期の石垣ですね。
IMG_20190625_111050.jpg
門を入ると右手に黒い石像の人物がいました。
ここ猪苗代出身の有名人といえば・・・野口英世に間違いないでしょう。
IMG_20190625_111125.jpg
奥の方にも堅固な石垣が見えます。「二の丸櫓門」とあります。
IMG_20190625_111248.jpg
更にその奥の一段高いところが本丸でありました。
IMG_20190625_111417.jpg
一番奥の北側からは磐梯山の雄姿が見て取れます。
先ほどの小学校もこちら側にありました。
この猪苗代城は鎌倉初期に源頼朝が奥州征伐をした際に、付き従った三浦氏の一族がこの地を賜り、猪苗代氏と名乗ったのが築城の始まりだそうです。
その後、戦国期を経て交通の要衝だったのが理由なのか、「一国一城令」の例外として江戸期も維持された城なのであります。
IMG_20190625_111601.jpg
裏側から登城したので帰りは大手口を降りるとしましょう。
IMG_20190625_111819.jpg
正面からは重厚な石垣と階段が続いてました。
IMG_20190625_112227.jpg
右手に鐘楼が見えますが、この辺りには多門櫓があって、
大手口を守る枡形虎口を形成していたものと思われます。
IMG_20190625_112604.jpg
別名「亀ヶ城」とも言われたようですが、正面からみると本格的な石垣の城でした。
向かって左方向が駅だったので、搦め手側からつい登りましたが、裏側の堅固な様子も見学できてよかったと思います。
「猪苗代城」100名城や続100名城にも入っていませんが、穴場の城郭でありました。
おススメです!
IMG_20190625_113136.jpg

2019/07/12 15:53 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

東北城めぐりの旅③九戸城

二日目の午後は浪岡から新青森駅を経由して東北新幹線を使って、短時間に移動します。

IMG_20190624_151927.jpg
浪岡を14:03に出発して新幹線の二戸駅に到着したのは15:18です。
初めて降り立つ駅ですね。岩手県の青森寄りの位置であります。
IMG_20190624_152303.jpg
夕暮れまで時間がないので、九戸城へは駅からタクシーで向かいました。
1000円くらいでしたから、2kmぐらいの距離ではないでしょうか。
正面の小高いあたりが城跡でしょう。
IMG_20190624_153154.jpg
ところが真っ直ぐの道は無く、ずーと右に回りこんで入り口がありました。
周りは住宅街になっています。
IMG_20190624_154207.jpg
入城すると芝生できれいに整備されていました。
これも続100名城に選定されたからでありましょう。
IMG_20190624_154336.jpg
なーるほど、こういう縄張りですか。
典型的な中世の城という感想です。以前訪れた南部氏の根城に似ていますね。
この城の主であった九戸政実も南部氏の一族で、最後まで豊臣政権に逆らった武士です。
しかし、この城では到底上方の大軍に立ち向かうことはできなかったことでしょう。
IMG_20190624_154638.jpg
中世の館としての風格があります。
IMG_20190624_154731.jpg
残念ながら戦国末期の銃火器には石垣がちと低過ぎます。
IMG_20190624_154846.jpg
立派な空堀も備えています。
IMG_20190624_155653.jpg
九戸氏滅亡後は南部氏の居城になりました。(その後、盛岡城へ移動)
IMG_20190624_154950.jpg
土塁と堀の深さがよく分かります。
IMG_20190624_155112.jpg
先ほどのタクシーを降りたところからは小高くなっています。
IMG_20190624_155406.jpg
この先に大手門があったようです。
IMG_20190624_155525.jpg
堀を越えて筋違いの虎口となっています。
IMG_20190624_155751.jpg
本丸部分と出丸の間の堀を歩いて元の道に戻ります。
IMG_20190624_160205.jpg
さて、帰りの新幹線までは少し時間があるので、城下町を散策しましょう。
IMG_20190624_162734.jpg
結構かつては栄えていたと思われる町並みが残っています。
IMG_20190624_162805.jpg
この酒屋さんなんかも営業はしていないのかな。
IMG_20190624_162838.jpg
というわけで、二戸を17:19に出発して、18:29に今宵の泊り仙台に到着しました。
やはり仙台は東北では随一の大都会ですね。若い人が断然多い!
IMG_20190624_190341.jpg

2019/07/07 14:06 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

東北城めぐりの旅②浪岡城

二日目は秋田から青森行き8:37発の「特急つがる1号」に乗り込みます。

IMG_20190624_082954.jpg
埋め立てられ農地となった八郎潟の向こうには、昨日行った男鹿半島の山が見えます。
IMG_20190624_085338.jpg
この山々は世界遺産の「白神山地」であります。
IMG_20190624_093227.jpg
弘前を出て青森の手前の浪岡駅に10:54に到着です。
ホントJR東日本の駅はキレイになりましたね。
IMG_20190624_110338.jpg
駅から15分ほど歩くと朱塗りの橋が見えてきました。
ここからが城下町なのでしょうか。
IMG_20190624_112409.jpg
「中世の館」という博物館のレトロモダンな建物が見えてきました。
残念ながら本日は休館日のようです。
IMG_20190624_112550.jpg
さらに歩くこと10分で中世の城・浪岡城の入り口に到着しました。
南北朝期から浪岡北畠氏の居城でしたが、戦国期に津軽氏に攻め滅ばされてしまいました。
IMG_20190624_113118.jpg
入り口からは川沿いに広大なアプローチが続きます。
IMG_20190624_113347.jpg
こちら側は搦め手になるようで早速、「内館」という本丸に突入です。
IMG_20190624_113806.jpg
こういう配置で私は左下から進入してきたことになります。
IMG_20190624_120818.jpg
内館には城主の居館があったものと思われます。
IMG_20190624_113908.jpg
空堀の向こう側には西館と呼ばれる郭が存在します。
IMG_20190624_114027.jpg
内館からは川の南側に広がる田んぼが見えます。のどかですね~。
中世からここら辺りは豊かな土地だったのでしょう。
IMG_20190624_114326.jpg
西館の方へ渡ってみましょう。
IMG_20190624_114932.jpg
こちらも内館と同じくらいの広さで、奥方とか親族が暮らしていたことでしょう。
IMG_20190624_114959.jpg
続いて北館に向かいます。
IMG_20190624_115350.jpg
板塀が迷路のようになっていますが、館や壁が複雑に並んで敵の侵入を食い止める構造になっていたのでしょうね。
ここらに武士団が住んでいたのかもしれません。
IMG_20190624_115427.jpg
北館は生活感がかなりあります。
IMG_20190624_115846.jpg
進入した北館から振り返ると、津軽のシンボル「岩木山」が大きく見えていました。
IMG_20190624_120136.jpg
浪岡城を散策後再び浪岡駅に戻ってきました。
駅の少し手前で「駅前温泉」を発見!
汗もかいたし、次の列車まで時間も少しあるので、入ることにしました。
料金は350円と書いてあります。
IMG_20190624_131437.jpg
時間が早いので客は私1人で一番風呂のようです。
茶褐色のいい湯でありました。
IMG_20190624_131611.jpg

2019/07/01 12:38 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |