FC2ブログ
久しぶりに「街道歩き」をしたくなり、足柄街道を約25kmほど歩いてきました。
東海道線の国府津駅で御殿場線に乗り換え、足柄駅で下車します。
結構、ハイキング客が多い路線でした。
IMG_20181219_103552.jpg 
足柄駅は静岡県に入り、昭和の面影を残す駅舎でした。
IMG_20181219_103858.jpg
杉木立の続く足柄街道(県道78号線)を緩やかに登って行きます。
IMG_20181219_105001.jpg
古代(奈良・平安時代)からの歴史ある街道なのでしょう。様々な石柱が残されています。
IMG_20181219_112529.jpg
アスファルトの道路脇にはこのような古道もあり、街道歩きには箱根よりも趣があるのかもしれませんが、
すれ違う人はおらず、工事用のトラックが頻繁に通って行きました。
IMG_20181219_120525.jpg
汗だくになって1時間半ほど登ってきたら、大きな富士山とその雄大な裾野が見えてきました。
午前中は晴れていたのですが、やや雲が出て来ましたね。
IMG_20181219_121056.jpg
「六地蔵」が出迎えてくれています。そろそろ足柄峠なのでしょうか。
IMG_20181219_121621.jpg
向こう側が下っていますので、最高地点の足柄峠に達したようです。
おや、左手に階段があります。展望台なのでしょうか?登ってみましょう。
IMG_20181219_122317.jpg
ここは戦国時代に北条氏の築いた小田原防衛ラインの一環、足柄城でありました。
IMG_20181219_122439.jpg
本丸部分は館も築けるほどの広々とした平地となっています。
飲食店はないようなので、ここで持参したパンと菓子で腹を満たしましょう。
IMG_20181219_122509.jpg
雲が無ければ、富士山とのベストショットとなっていたことでしょう。残念!
IMG_20181219_124022.jpg
峠を下って行くと、「足柄の関」に達しました。
ここは古代から相模の国と駿河の国の境目の関所だったようです。
IMG_20181219_125230.jpg
足柄城の出丸のようなところに足柄明神の鳥居があります。奥まで行ってみましょう。
IMG_20181219_125828.jpg
さすが出丸、小田原の町から相模湾、さらには横浜のランドマークタワーまで肉眼で見えました。
IMG_20181219_130124.jpg
下りもところどころ旧道が残っていて、車も通らず歩き易い道となっています。
あの正面のパッチワークのような山は「矢倉岳」といってハイキングコースになっていると、
足柄万葉公園で出会ったオジさんが教えてくれました。
IMG_20181219_134529.jpg
やっとこさ、足柄街道の基点である「地蔵堂」に到着しました。
土休日だとここから足柄峠までのバスが出ているようです。また、ここからは2時間に1本くらいは大雄山駅や新松田駅行きのバスも出ていることが分かりました。
峠越えの道をもう10数キロ歩いているので、もしバスがあれば乗りたかったのですが・・・
時刻表を見たら出たばかりで次は1時間40分後、仕方ない歩きましょう。
まるでTV東京の「バス旅」ですね。大雄山駅まで約9kmか~頑張りましょう。
IMG_20181219_140949.jpg
足柄街道はこの様にかつての箱根のようなのどかな雰囲気があり、健脚の方にはおすすめですがシニアにはちとハードかな。(平日は途中飲食する店が開いてません。)
私もこの辺りで止めたくなったのですが、歩くしかないので続けました。
IMG_20181219_144241.jpg
周りは歩くにはいい感じですが、もう景色を楽しむ余裕はなくなっていました。
IMG_20181219_144729.jpg
後を振り返ると矢倉岳とその麓の集落が見えます。
江戸時代には箱根の裏街道としてここ矢倉沢に関所が置かれていました。
IMG_20181219_150648.jpg
そして約5時間半かけて、終点の大雄山駅に到着しました。
体がクタクタでもう1歩も歩けないという感じでしたが、駅構内の自販機で熱いコーヒー飲んだら少し回復してきました。
5年前の「東海道53次」を歩いた体力はまだ残っているのを確認できて少し安心できました。
毎日の水泳は結構体には役に立っているようですね。
IMG_20181219_162142.jpg

スポンサーサイト