FC2ブログ
江川邸から世界遺産の反射炉を回ろうかと思ったのですが、もう1つ行きたいお城があったので、
沼津に出て御殿場線に乗り換えました。
今日も車窓から富士山がきれいに見えます。
IMG_20180412_140642.jpg 
初めてここ山北駅で下車してみました。
ここは首都圏からも近くて、ローカル線を感じることのできる路線です。
IMG_20180412_144954.jpg
駅の反対側に回り込むと、いかにも登山道という道に出てきました。
この先に目指す河村城があります。
IMG_20180412_145703.jpg
手軽に行けるハイキングコースのようで、案内はちゃんとしてありますね。
IMG_20180412_150055.jpg
大して高い山ではなさそうですが、中高年には厳しい坂が続きます。
IMG_20180412_150521.jpg
延々と続くこの坂を見上げた時には少しひるむ気持ちが出ましたが、行かないわけにはいきません。
さあ、元気を出して登りましょう。
IMG_20180412_150827.jpg
土塁が見えてきたので、頂上は近いと思われます。
IMG_20180412_151136.jpg
城の命運を握る水の手もちゃんと用意されていますね。
IMG_20180412_151242.jpg
主郭と曲輪(くるわ)を分ける堀もきれいに復元されています。後で上から覗いてみましょう。
IMG_20180412_151247.jpg
本来の大手道ではなく、ハイキングコースとして造られた山道を登ったのできつかったけれど短時間で本丸にたどり着きました。
IMG_20180412_151602.jpg
ここは下の石に描かれている左側の主郭部分ですが、かなりの広がりを持つ山城だったのですね。
あまり有名ではない城ですが、掘り出し物のようなところで来てよかった。
IMG_20180412_151647.jpg
先ほどの堀を上から見てみると、北条氏特有の畝堀(うねぼり)でありました。
箱根にある山中城(100名城の1つ)と同じような形で、よく復元してあります。
IMG_20180412_151934.jpg
更に先の曲輪へ行ってみましょう。
この辺りには大きな館があったのではないでしょうか。
IMG_20180412_152859.jpg
またまた畝堀を越えて曲輪が続いています。
土橋でここはつながっていたようです。
IMG_20180412_153433.jpg
橋を渡ったところには現代の水の手である水道が完備されていたのにはビックリ。
公園として整備しているので当たり前なのかもしれませんが、山城の雰囲気には場違いな気もします。
IMG_20180412_153656.jpg
先ほどの土橋の下に降りてきて、畝堀を確認します。
土橋がコンクリート製なのが興ざめですね。
IMG_20180412_154007.jpg
菜の花の向こうには相模湾や小田原の町が望め、ここが北条氏の出城だったことが伺われます。
秀吉の北条攻めであえなく落城して、廃城になった歴史を感じる風景でもあります。
IMG_20180412_154407.jpg
さて帰りはハイキングコースではない本来の山道を下って行きましょう。
人が通った跡があれば、麓には行くことができるはずです。
IMG_20180412_155500.jpg
畑のあるところまで下りてくると、向こう側の山に東名高速が通り、川沿いには御殿場線が通る山北の町が見えてきました。
箱根の山を迂回するこのルートは、人も鉄道もアップダウンを回避できる自然の交通路だったようです。
IMG_20180412_155720.jpg
山の麓から河村城を見上げると、高低差はさほどなく天然の地形をうまく利用したモデル的な山城であったことが理解できました。
IMG_20180412_160527.jpg
伊豆の旅おわり。
スポンサーサイト



韮山城を下りて次は近くにある江川邸へ向かいます。
三の丸方面に行く途中には古く苔むした熊野神社がありました。
IMG_20180412_112329.jpg
三の丸は韮山高校のテニスコートとなっていて、そこからは切り通しで外に出られるようです。
IMG_20180412_112452.jpg
城山の外は自然の池が外堀となっています。
IMG_20180412_112618.jpg
本丸方面を見上げると、こんな感じです。
IMG_20180412_112838.jpg
次はこの地の代官を長く務めていた江川太郎左衛門の邸宅を訪れました。
数分歩くと立派な門構えと銅板の屋根が見えてきました。
IMG_20180412_114125.jpg
この外観は大河「篤姫」や今年の「西郷どん」でもロケに使われたそうです。
今回は島津久光の邸宅であったようです。
IMG_20180412_114521.jpg
入場料500円を払って屋敷の中に入ってみました。
江川家は清和源氏の血を引く名家で、頼朝の家臣になってからずっとこの地を治めていました。
徳川の世になっても代官として、伊豆・相模・武蔵に領地を持っていたということですから、信頼が厚かったのでしょう。
IMG_20180412_114738.jpg
上を見上げるとすごい構造になっています。
日蓮上人を泊めたこともあり、その時に揮毫してもらった書付を天井に置いてあるので火事や災害に合わなかったという言い伝えがあります。
IMG_20180412_115111.jpg
これは幕末の有名人でもある江川太郎左衛門(坦庵)が造った大砲。
江川家の当主は代々太郎左衛門を名乗るのですが、特にこの坦庵さんは頭がよくていろいろな発明をしています。
一番有名なのが世界遺産でもある反射炉で、そこでこの大砲を造ったのであります。
(砲筒のみレプリカで台車はホンモノ)
IMG_20180412_121014.jpg 
もう1つ大きな発明は、このパン釜です。
今の乾パンのようなものを保存食としてこの石釜で作ったそうです。
IMG_20180412_121032.jpg
本宅の外にもいくつか倉が建っており、代官屋敷の風格がありました。
江川家は頭のいい家柄のようで、坦庵さんの後も東大医学部の教授などを輩出していて名家の血筋を今に残しているようです。
IMG_20180412_121109.jpg
全くの偶然ですが、訪れた日が全国のパン屋さんが決めた「パンの日」ということでビックリ!
庭には「パン祖江川坦庵先生邸」という記念碑がありました。つづく・・・
IMG_20180412_121447.jpg
朝に横浜を出て、伊豆の韮山というところにやって来ました。
三島で乗り換えた伊豆箱根鉄道には派手なラッピングが施されてありました。
IMG_20180412_103714.jpg
三島から30分で鄙びた韮山駅に到着です。
IMG_20180412_103856.jpg
韮山反射炉が世界遺産になったので、駅からの道はきれいに整備してあります。
歩道も広く、この地の歴史的人物などがタイルに記述されてありました。
(源頼朝、北条氏、北条早雲、江川太郎左衛門など)
IMG_20180412_104308.jpg
IMG_20180412_104358.jpg 
駅近くの保育園も新しく、すでに5月のような鯉幟がはためいていました。
IMG_20180412_104420.jpg
しばらく歩くと、頼朝と北条政子の像が現れ、ここが頼朝が流されていた「蛭ヶ小島」であることを知りました。
頼朝の隠棲していたここは、当時は沼地の中の島のような環境だったのでしょうね。
IMG_20180412_105124.jpg
さらに歩いて山へ向かうと切り通しの道が続いています。
IMG_20180412_105849.jpg
そこを越えるといかにも人工的な土塁が現れました。
どうやらここは目指す韮山城の一角のようです。
IMG_20180412_110103.jpg
池のほとりにも人為的な船着場のような場所があります。
IMG_20180412_110410.jpg
登り口があるので、この上あたりが韮山城の本丸なのでしょう。
IMG_20180412_110510.jpg
山の中腹に出ると韮山高校から登ってくる道と更に上に登る道が交差していました。
多分この広い道の方が大手道なのでありましょう。
IMG_20180412_110647.jpg
登りきったところがやや開けていて、建物の礎石らしきものがあります。
更に奥があるので、さしずめ二の丸あたりでしょうか。
IMG_20180412_110841.jpg
細長い山の稜線を利用していくつもの郭が形成されているようです。
大して期待していなかったのですが、なかなかの城郭ですね。
ここは後北条氏の初代早雲の本城だったところです。
IMG_20180412_111110.jpg
それほど高い山ではありませんが、ほぼ平地全体を見渡せます。
この風景を見ていると、ここが伊豆の中心のように思えます。
さすが北条早雲!いいところに目をつけましたね。
ちなみに通称:北条早雲は生きている時は、北条とも早雲とも名乗らなかったそうです。(本名は伊勢宗瑞)
2代目以降が北条氏を名乗り、戒名として早雲としたのですね。
IMG_20180412_111252.jpg
隅の方まで歩いて行くと、土塁で造られた空堀がありました。
いわゆる北条氏の築城術の様子がよく表れています。
IMG_20180412_111504.jpg
この階段を登ったところが本丸でした。
IMG_20180412_111943.jpg 
本丸の方からはずーっと土塁が続いています。
IMG_20180412_111622.jpg
後ろから攻められることはなく、前は土塁で守られています。
後に豊臣秀吉軍が数万の大軍で押し寄せて来ても、数ヶ月持ちこたえたくらいの堅固な造りなので、
戦国前期の槍や弓矢あたりでは落城させることは不可能だったでしょう。
IMG_20180412_111844.jpg
山の麓は韮山高校の敷地になっており、ここに館を置き平時ではそこで生活をしていたことが推測できます。
IMG_20180412_111908.jpg
はるか向こうには富士の高嶺も垣間見え、気候温暖な当地は早雲ならずとも手に入れたい要衝の地だと思われます。
IMG_20180412_112027.jpg
本日は雲も少なく、富士の絶景を堪能できました。つづく・・・
IMG_20180412_112055.jpg
先週の日曜日に「西郷どんスペシャル」と銘打ち、NHK大河ドラマの時間帯を使って
主役の鈴木亮平さんと島津斉彬役の渡辺謙さんのトーク番組がありました。
来週には斉彬の死期が迫っているこの週に特別番組で「変革」のバトンを斉彬から西郷に渡したいというNHKサイドの思惑が感じられる内容でもありました。

それに対しては一部に「大河ドラマの時間を使って、わざわざトークの番組を放映するのはドラマの流れに水を差すやり方」という意見もありましたが、
謙さんの「薩摩での御前相撲で鈴木亮平と対面する前にはあまり接触しないよう心がけていた。」という意見に
同じく謙さんが演じた87年「独眼竜政宗」で秀吉役の勝新が初対面の謙さんに対して同じような態度をしていた。というエピソードを聞いて、
大河ファンの私としては、これはやはり「大河主役のDNA」の伝達式のトーク番組であったと心熱くなる思いでありました。

斉彬から西郷へのメッセージとともに大河主役としての心意気を渡辺謙から鈴木亮平へ伝えるという儀式のような番組で、今週からのドラマの見方を再確認する仕切りなおしの時間であったと個人的には評価するものであります。

2018.04.01 沖縄への旅
沖縄でもあちこち歩いてきました。
那覇空港からの足はいつもこの「ゆいレール」を使います。
IMG_20180305_163101.jpg 
ホテルは県庁前にとったので、今日も「ゆいレール」で首里城に向かいます。
小さい2両編成なので、いつも観光客で一杯です。
3両くらいにできなかったものでしょうか?乗るたびに不満を感じます。
IMG_20180306_101017.jpg 
運転手さんの後ろからのショットが撮れました。
IMG_20180306_102003.jpg 

儀保駅で下車して、首里城まで歩くことにしましょう。

沖縄を歩いていると、あちこちにウタキ(祭祀などを行う施設)があります。

IMG_20180306_103454.jpg 
池の向こうに首里城が見えてきました。
ここら辺りもかつては琉球王朝の庭園の一部だったのでしょう。
IMG_20180306_104009.jpg 
一通り首里城内部をめぐって行きます。
何度も来ていますので、有名なところは省略します。
IMG_20180306_105645.jpg 
首里城の高台から眺めると、海が近くてここが島であることを認識します。
IMG_20180306_111444.jpg 
あまり観光客がこない金城の石畳を歩きます。
この道なんかとても風情があるのに、どうして観光客は首里城だけ見て帰るのでしょうかね。
IMG_20180306_120217.jpg 
坂道の途中には沖縄らしい古民家の休憩所があります。
IMG_20180306_120653.jpg 
ここは確かNHK朝ドラ「ちゅらさん」の家だったところです。
門の上のシーサーが印象的でした。
今回もお土産はシーサーにしようかしら。
IMG_20180306_121711.jpg 
こちらは別の日に立ち寄った「ひめゆりの塔」にある慰霊碑です。
なんとも空しい気持ちになりました。
IMG_20180307_112940.jpg 
そしてこちらは先日、天皇陛下もこられた最南端糸満市の平和祈念公園です。
後ろにあるのが最終決戦地となった摩文仁の丘です、合掌。
IMG_20180307_121441.jpg 
ここに米軍がウジャウジャ押し寄せたのでしょうか。
今は静かで美しい海が続いています。
IMG_20180307_123520.jpg 
場所は変わって、左手山の上は南城市の斎場御嶽(せいふぁーうたき)。
琉球王朝発祥の地であります。海上にある久高島を拝む神聖な場所があります。
美しいところですなー。
IMG_20180307_135332.jpg 
またまた移動して、中グスクという世界遺産のお城にやってきました。
IMG_20180307_160000.jpg 
首里城よりも風情がありました。
IMG_20180307_160527.jpg 
更にこちらは浦添にやって来て、浦添グスク。
海がすぐそこまで迫ってきています。ここも米軍の艦砲射撃で破壊されたのでしょうね。
IMG_20180307_173311.jpg 
今はのどかな風景が広がっています。
IMG_20180307_173419.jpg 
メインの国際通りでは若者たちがミニカーで気勢を上げていました。楽しそうですね。
IMG_20180307_192758.jpg 
そんなこんなで沖縄の日日を夫婦同伴で楽しんできました。
IMG_20180308_131922.jpg