スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

世界遺産:富岡製糸場

遅ればせながら、世界遺産の「富岡製糸場」へ行ってきました。
横浜からはわりと近い高崎のちょっと先ですが、なかなか行く機会がありませんでした。
高崎からローカルの上信電鉄に乗り換えます。
おや、割引切符を売ってました。
片道790円×2+入場料1000円=2580円ですから、440円お得ですね。
IMG_20170127_112603.jpg

比較的新しい車両で乗り心地よかったです。
IMG_20170127_120103.jpg

上州富岡駅で下車します。世界遺産になって駅舎もリニューアルしたのでしょう。
IMG_20170127_120233.jpg

丁度昼時だったので、製糸場に行く途中でお店を探していたら私の好みの洋食屋さんがありました。
名前も「急行食堂」とは、いい雰囲気ですね。
IMG_20170127_123835.jpg

注文したのは、この昭和の香りがするオムライス。美味しかった700円也。
こういう風情が地方都市のいいところです。
IMG_20170127_123046.jpg

古い商店街を抜けて行きます。
IMG_20170127_124448.jpg

歩くこと10分くらいで「富岡製糸場」の正面に着きました。
IMG_20170127_125243.jpg

これが国宝となった「東置繭所」であります。
IMG_20170127_125613.jpg

こちらは「女工館」、日本人女工に教えるために来日したフランス人女性教師の宿舎です。
IMG_20170127_131455.jpg

こちらも国宝の「操糸所」です。機械には全てビニールが被せてありますね。
IMG_20170127_131910.jpg

診療所です。畳の休憩室などもありました。
IMG_20170127_132107.jpg

ぐるっと回り込んだところには、寄宿舎の建屋もあります。
IMG_20170127_132554.jpg

さて、置繭所に戻って2階をのぞいてみましょう。
IMG_20170127_133105.jpg

廊下が続いてます。
IMG_20170127_133325.jpg

2階は生糸の保管倉庫だったようです。
建物は木造の柱にレンガを積み上げた構造です。
IMG_20170127_133516.jpg

明治の建物が、よくぞ平成のこの時期まで残されていたことに感心しました。
IMG_20170127_134151.jpg

富岡を後にして、次は高崎から北陸新幹線で30分「真田丸」のほとぼりも覚めた上田を訪れてみました。
駅にも六文銭があしらってあります。
IMG_20170127_163853.jpg

5年ぶりの「真田幸村」像との再会であります。
IMG_20170127_164004.jpg

駅前のホテルにチェックインして、夕食をとりに出かけました。
フロントのお嬢さんに紹介された肉うどんの「中村屋」です。
こちらも私好みの雰囲気がしていますね。
IMG_20170127_180222.jpg

単品以外では唯一の定食である「肉うどんと天丼」セットであります。
この濃い色の肉はなんと馬肉でした。甘辛く煮込んであり、やわらくて美味しかった。
上田に来たなら、ぜひ食べてみてください。オススメです。
IMG_20170127_174933.jpg

スポンサーサイト

2017/01/31 09:14 |街道をゆくCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

明けまして おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
横浜でも住宅地を小1時間ほど歩き山に入ると、こんな里山の風景が広がっています。
IMG_20161206_124604.jpg
IMG_20161231_110519.jpg
IMG_20161231_114203.jpg

2017/01/03 10:04 |未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。