2016
07.29

岡山・鬼ノ城

Category: 城めぐり
日本100名城のうち行ってない城が2つあります。
九州からの帰り道、その1つであるところの「鬼ノ城」へ寄ってみました。
岡山から伯備線で30分、総社という駅から10kmくらいの山奥にありました。
今まで行けなかった理由もそこにあります。
朝早いので、誰もまだ登城していませんね。
IMG_20160721_100336.jpg

見晴らしはすこぶる良好!絶景です。
巨石が期待感を膨らませます。
IMG_20160721_082650.jpg

少し離れた岡の上には西門が幻想的に浮かび上がっています。
7世紀末に唐の侵攻に備えて築城されたのではないかと言われています。
IMG_20160721_082712.jpg

復元された西門の真下に来ました。
IMG_20160721_083332.jpg

内側には敷石がひかれています。
IMG_20160721_084116.jpg

外側は土塀になっており、鉄壁の守りです。
大和朝廷を守るためにこの吉備の辺りで敵を食い止める思惑だったのでしょう。
IMG_20160721_084354.jpg

見晴台のような場所もあります。
せっかくですから、この山全体を1周してみましょう。
IMG_20160721_085357.jpg

歩道のところどころに敷石が残っていて、山全体が砦の様相となっています。
IMG_20160721_085506.jpg

こちらは南門、備中平野が広がっています。
IMG_20160721_085639.jpg

途中、このような巨石の祠もあり、宗教的な儀式が行われた形跡が残っています。
IMG_20160721_090211.jpg

東門あたりの景色のよいところに出て来ました。
V字形の木々の間から向こう側の高石垣が見えています。
IMG_20160721_090259.jpg

東側にはゴルフ場も広がっています。「鬼ノ城ゴルフ倶楽部」というそうです。
IMG_20160721_090313.jpg

高石垣の近くに来ました。こちら側から攻めることは出来そうもありませんね。
IMG_20160721_091632.jpg

高石垣の内側はこのように平地になっています。
何か建屋があったのでしょう。
IMG_20160721_091725.jpg

ここがこの城の中で一番高いところです。
IMG_20160721_091831.jpg

そしてこちらが4つ目の北門。入り口は狭く、防御しやすい造りです。
IMG_20160721_092931.jpg

1時間半くらいで城全体を1周してきて、最初の西門が見えて来ました。
IMG_20160721_093811.jpg

無料のビジターセンターで展示物やビデオを拝見しクーラーで涼んだ後、山を下ります。
IMG_20160721_100753.jpg

少し下ったところにビジターセンターの係りの方に教えていただいた「鬼の釜」というものがありました。
大きな鉄釜ですが、腐食して底が抜けていました。古代の「五右衛門風呂」でしょうかね。
IMG_20160721_101030.jpg

そんなこんなで7kmくらい歩いて吉備線(今年から桃太郎線と改名)の服部駅まで出て、岡山駅に着きました。
これから昼食をとり、各駅停車を乗り継いで(岡山~相生~姫路~)京都に立ち寄ることにしました。
新幹線では1時間ですが、3時間くらいかかるようです。
IMG_20160721_123924.jpg

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
07.23

梅雨明けの大分へ

Category: 城めぐり
久しぶりの所用で、今回は梅雨明け直後の大分へ行ってみました。
ギラギラした太陽が照りつける中、1時間ほど時間があったので大分(府内)城を訪れてみました。
IMG_20160719_112408.jpg

4年ぶり2度目の登城です。お堀沿いに南西の隅櫓が見えてきました。
IMG_20160719_114236.jpg

上の写真の左手にある大手門から入場すると、すぐにここの特徴である「御廊下橋」あります。
IMG_20160719_114624.jpg

これと似たような橋を高松城や福井城そして和歌山城でも見かけましたね。
IMG_20160719_114840.jpg

お堀沿いにグルッと周ると、今度は北西の隅櫓がありました。
IMG_20160719_114928.jpg

中央に天守台の石垣が見えています。後で登ってみましょう。
IMG_20160719_115301.jpg

南東の隅櫓を周って再び本丸内に入場します。
このお城は隅櫓が多く復元してあります。5、6個ありましたかね。
IMG_20160719_115627.jpg

横に2段構造になっている天守台の石垣が見えます。こちらは小さめの天守台の石垣。
IMG_20160719_115957.jpg

上に登ると先ほど通って来た「御廊下橋」が望めます。
IMG_20160719_120615.jpg

こちらは右手にある大きめの天守台の上です。
かなり広いので天守を再建されてはいかがでしょうか?
IMG_20160719_120631.jpg

そしてこれが大きい方の天守台の石垣です。かなりしっかりした石組みです。
IMG_20160719_120839.jpg

さて、午後の仕事を終え再び大分駅に戻って来ました。
真新しい「大友宗麟公」の銅像がありました。
駅の再開発の際に造られたものでしょう。ちなみに府内城は宗麟公とは関係ありません。
IMG_20160719_143902.jpg

これから次の目的地である佐賀へ向かいます。
通常は小倉・博多経由のルートが本数も多く一般的ですが、都合よく九大線を通る「ゆふいんの森4号」という観光特急がありました。
座席の位置が高いハイデッカー車であります。
IMG_20160719_145333.jpg

車内は混んでなく、佐賀の鳥栖までの2時間半がとってもくつろげました。
IMG_20160719_145414.jpg

途中であの高級列車「ななつ星」ともすれ違いました。
IMG_20160719_154812.jpg

女性CAとの会話やビュッフェもあり、見晴らしのいい車両に乗れてラッキーな時間を過ごせましたね。
Comment:0  Trackback:0
2016
07.09

歴史秘話ヒストリア「天空の城」

Category: 真田丸
昨日(7月8日)の夜8時からの「歴史秘話ヒストリア」で天空の城として「備中松山城」を取り上げていました。
この中で、以下の写真と同じ風景を見せて「どこかで見たことがありませんか?」と尋ねていました。
120106_133253.jpg

そう今年の大河ドラマ「真田丸」のオープニングバックに使われていたのです。
私が第1回目の放送を見て指摘していた内容がやっと証明され、「城めぐり」していてよかったと単純にうれしかったのであります。
その時の記事

この番組を見て、備中松山城のある高梁の市民が協力して城の復元に努力したことを知りました。
中でも中学生の男女たちが2kgもする瓦2万枚をあの険しい山頂に運び上げたことは感動的でした。
現存12天守のうち最も高いところにある「備中松山城」の雄姿を記憶に留めたいと思います。
(2012年1月訪問)
120106_140142.jpg

この時の訪問者は私1人でしたが、今は「天空の城」ブームで大勢の観光客が訪れているようです。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top