大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2015年12月 ] 記事一覧

200登城達成!

先週、大阪から和歌山~三重へと紀伊半島を一周してきました。都合5城を踏破し、トータルで200登城をついに達成しました。今年は過去最高の62城(新規56城)をめぐり、新装成った姫路城などは2度も訪問しましたね。2011年に「城めぐり」に開眼し、5年で200城(重複なし)を数えることができました。お蔭様で日本国中津々浦々まで歩くこともできました。197番目の岸和田城200番目の津城近畿南部の旅について...

「花燃ゆ」終わる

「花燃ゆ」がひっそりと終わりました。案の定、総集編の放送はなかったですね。平均視聴率は「平清盛」と並んで歴代最下位ですって。単独じゃなくてよかったのかしら。それでも大奥編や群馬編は結構面白かったと思います。始まった頃には「大河もこれで見るのはおしまい。」という気持ちでしたが、長年の習性で最後まで付き合ってしまいました。これだけ地味な大河も珍しいですね。あの不評だった「炎立つ」や「花の乱」にも注目す...

近畿北部の旅:佐和山城・彦根城

旅の最終日は石田三成ゆかりの佐和山城をめぐり、最後は国宝・彦根城で締めてみました。朝食前にホテルから歩いて行ける佐和山城を軽く攻めてみましょう。お寺の境内に入って行くと、三成公の銅像が鎮座してあります。お墓を通り過ぎ、佐和山を登って行こうと思いますが、こちら側は実は搦め手であり実際の佐和山城の大手は反対側であります。後に彦根城がこちら側にできて、佐和山城が廃城になったためこちら側からの登山道ができ...

近畿北部の旅:小浜城

二日間雨に打たれましたが、今日は曇りで傘の心配はなさそうです。早朝に宮津を立ち、東舞鶴から小浜に立ち寄り琵琶湖のほとり彦根まで脚を伸ばそうと思います。朝食時に宿の仲居さんが、「宮津城の城門が小学校に残されている。」と言われたので、駅に向かう途中に寄ってみました。川沿いは、数年前に河川改修時に城壁風に修復した道が続いてます。ありました。これが宮津城の門ですね。宮津小学校の立派な校門となっています。次...

近畿北部の旅:姫路城・田辺城・宮津城

姫路に1泊し、播但線と山陰線の特急を乗り継いで、京都北部の西舞鶴と宮津を回ります。「特急はまかぜ1号」は10時過ぎに姫路発なので、ホテルに荷物を置いて近くの姫路城を散策してみましょう。新装なった4月にも訪れましたが、この高石垣は見事ですね。ぐるっと内堀の周りをめぐりますが、徐々に紅葉が始まっています。この辺りは中掘りも右手にあり、縄張りの妙を感じさせてくれます。西の丸の櫓が見えていますが、容易には攻め...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード