大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2015年09月 ] 記事一覧

甲州の旅:勝沼氏館

甲府駅前のビジネスホテルに宿泊し、翌日は武田氏滅亡の後を追うように甲州路を歩きます。甲府から30分、先ずは「勝沼ぶどう郷」駅で下車します。高台にある駅なので、甲府盆地を見ながら下って行きます。途中、ぶどう畑の中に「シャトー勝沼」というワイナリー工場がありました。歩く道の両側には葡萄がたわわに実っています。手を伸ばして食べたい!ドロボウになりますね。30分ほど歩いて、「勝沼氏館」へ到着です。周りに堀を...

甲州の旅:新府城

八ヶ岳高原線を南下、清里などを通り小淵沢で中央線に乗り換え、2時間以上かけて新府という駅に到着しました。そこから歩いて10分くらいで「新府城」の入り口にやってきました。手前の道が旧甲州街道のようです。新府城とは武田信玄亡き後、「長篠の合戦」に敗北した武田勝頼が甲府の館ではとても織田軍を防ぎきれないと思い、甲府の代わりに新しく城を築いて「新府城」と命名したものであります。本丸は神社になっており、そこ...

信州の旅:龍岡城

臼田駅を越え、次の目的地:龍岡城へやって来ました。城の手前には五稜郭を形どった公園がありました。また、臼田出身の彫刻家である川村吾蔵さんという方の記念館もあります。この方は戦後にマッカーサーの胸像を造ったことで有名だそうです。早速、龍岡城の石垣が見えてきましたが、堀は埋め立てられて右手には学校のプールがあります。結構きれいな石垣ですが、堀がありません。道になっています。小学校に通じる入り口があった...

信州の旅:伴野(ともの)城

7月に台風の来襲で中断した信州・佐久の「城めぐり」の続きを実施してきました。早朝に東京駅から北陸新幹線で佐久平まで行き、南下する八ヶ岳高原線に乗り換えます。10分ほど乗車して、終点の中込駅に到着です。(八ヶ岳高原線は中央線の小淵沢までですが、この電車は中込止まり)ここからは徒歩となります。まだ9時過ぎです。千曲川を渡り、最初の訪問地である伴野城へと向かいます。この辺りは鯉料理が有名なんですね。昭和...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード