大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2015年05月 ] 記事一覧

北陸の旅:金沢城

所用で金沢を訪れる機会があり、今年開業した北陸新幹線にやっと乗る事ができました。乗り心地はまあまあでしたが、車窓が山とトンネルばかりで退屈でした。これでは飛行機と変わらず列車の旅というより「移動手段」という感じでしたね。3年ぶりの金沢です。今回は新幹線開業に伴い観光客でごった返していました。駅の喧騒を離れ、市内を歩いて武家屋敷の辺りまで来ました。この風景はいいですね。金沢らしさが感じられます。早め...

喜多方を歩く

会津に行ったついでに蔵の町・喜多方でラーメンを食べてきました。会津大学で用事を済ませ、その日は東山温泉というところで1泊しました。山間のいい温泉で、会津松平家の別邸だったところでした。翌日そのまま横浜へ帰るのももったいないので、喜多方まで足を伸ばしてみました。昔から「北方」と呼ばれていた地域ですが、縁起のよさから「喜多方」という字で書くようになったそうです。(駅の看板より)駅前でお茶を飲みたくなっ...

呉・三原・鞆(とも)の浦

所用で広島県の呉へ行ったついでに、瀬戸内沿いに「城めぐり」の旅をしてきました。最初に向かったのは、帝国海軍の呉鎮守府庁舎が残っていると聞き海上自衛隊の基地へ。門の正面にある建物ですね。日曜日でかつ事前申請がないと中には入れてもらえないそうで、仕方なく辺りを見渡して付近の歩道橋から写してみました。明治40年に建てられたレンガ造りの重厚な建物です。よく戦災で残ったものです。さて次は「大和ミュージアム」...

九州の旅:都之城・鹿児島(鶴丸)城

九州の旅の最後は、人吉から都城を抜け鹿児島まで行ってみました。人吉の旅館から肥薩線経由で都城へ向かうことにしましたが、国宝の「青井阿蘇神社」というところがあるとのことで立ち寄ってみました。この茅葺が国宝ですか。この建築様式の貴重さがよく分かりませんでした。10:08発の「いさぶろう号」に乗ります。肥薩線の建設に功績のあった人の名前だそうです。普通車ですが、事前の座席指定が必要です。内部はクラシック...

九州の旅:八代城・人吉城

宇土では食事をするところが見つからず、電車で20分の八代で昼食をとることにしました。駅前の昭和の香りがする喫茶店「鈴蘭館」で650円のハンバーグと魚フライのランチしかもコーヒー付きをいただいて、八代城へ出陣です。駅舎のバックの煙突から煙が出て、いかにも工業地帯という雰囲気の町です。歩いて30分、立派な堀と石垣が見えてきました。かなり大掛りな縄張りが絵で示されています。北西には4層5階の大天守と小天...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード