スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

九州の旅:久留米城・宇土城

博多で1泊の後、南下して久留米にやって来ました。
IMG_20150321_093812.jpg

駅前には4mもある大きなタイヤが展示されています。
IMG_20150321_094216.jpg

そう、ここ久留米はかつての有馬氏21万石の城下町から今ではブリヂストンの企業城下町へと変貌しています。
二の丸、三の丸はブリヂストンの工場となっています。
IMG_20150321_094628.jpg

歩くこと20分、石垣と堀が見えてきました。久留米城です。
IMG_20150321_100058.jpg

今では篠山神社になっているようです。土橋を渡ります。
一応「枡形」が残されていますね。
IMG_20150321_100314.jpg

本丸の中は全くの神社ですね。とても静かなたたずまいです。
IMG_20150321_100536.jpg

7つの櫓があったといいますから、こちらは乾櫓跡です。
IMG_20150321_100903.jpg

ここは月見櫓跡、周りは高石垣で守られています。
IMG_20150321_102136.jpg

本丸御殿のあったところは、神社の本殿となっています。
IMG_20150321_102453.jpg

仕事に向かう途中で立ち寄ったので、足早に通過しました。
大きな筑後川を渡ると、橋から小高い城跡が望めます。
北西側は筑後川が天然の堀になっているのですね。
IMG_20150321_115202.jpg

仕事を終え、久留米で1泊しさらに南下して熊本も通過して宇土というところにやって来ました。
相当なマニアでもない限り訪れることはない町でしょう。
意外に近代的な駅舎に少し感動。
IMG_20150322_101859.jpg

宇土城を目指して歩いて行くと、ノスタルジックな石橋がありました。
IMG_20150322_103309.jpg

この雰囲気、いい感じです。かつての掘割の名残でしょう。
IMG_20150322_103432.jpg

かつての城下町に入ると、お城までの大手道が一直線で続いています。
IMG_20150322_103508.jpg

駅から歩くこと30分、正面の山の上が宇土城だと思っていたのですが、
そちらは古い宇土城で戦国末期の宇土城は手前の左手にある宇土高校あたりだそうです。
という看板がありました。
IMG_20150322_105648.jpg

早速、看板横の階段を駆け上がると本丸跡が広がっていました。
IMG_20150322_110001.jpg

「関ヶ原の戦い」で石田三成とともに敗れた小西行長の居城だったところですね。
堺の商人の家に生まれ、秀吉に見出されて肥後半国18万石の大名に出世した行長ですが、
宇土を統治したのは僅か10年あまり。
知性派の大名だったので、将来性が惜しまれる負組の一人でした。
IMG_20150322_110327.jpg

「関ヶ原」の後は、加藤清正がここを隠居城にする予定でしたが、その死去により叶いませんでした。
行長や清正の無念が感じられる本丸跡ですが、早咲きの桜が1本だけ風情を感じます。
IMG_20150322_110600.jpg

宇土高校側に降りて行くと、ここがかつての城だったことを示す石垣が残されてありました。
IMG_20150322_112326.jpg

遺構と思われるのはここら辺りだけで、徳川時代になり破却されたので全く跡形も残っていません。
IMG_20150322_112624.jpg

九州の旅、さらに南下・・・

スポンサーサイト

2015/04/28 10:57 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

姫路城に行ってきました!

新装成った姫路城に急遽行ってみました。
姫路駅に降り立つと、お城までの大手道から姫路城が正面に見えます。
3年前に来た時は駅前も工事中でしたが、お城の完成と同時に駅前も整備されたのですね。
IMG_20150417_092439.jpg

きれいになった駅前でお茶をしてから真っ直ぐに歩くと、お堀端に到着です。
駅から迷うことのない一本道です。姫路はまさにお城の町と言えるでしょう。
IMG_20150417_095521.jpg

大きな擬宝珠の「桜門橋」を渡ります。ワクワクしますね。
IMG_20150417_095925.jpg

ジャーーン、三の丸広場からの天守です。5年ぶりのご開帳です。
IMG_20150417_100136.jpg

もっと近づいてアップにしましょう。
近づき過ぎるとうまく撮れなくて、この辺りが程よい近さでした。
IMG_20150417_100321.jpg

少し左によって、石垣も確認しましょう。
IMG_20150417_100721.jpg

入場料1000円を支払い、天守への整理券をもらい「菱の門」より登城です。
IMG_20150417_101544.jpg

入場するとすぐに「三国堀」前の撮影スポットですね。
IMG_20150417_101705.jpg

こちらも有名な「鉄砲狭間」を右手に見て進みます。
IMG_20150417_101933.jpg

門の名前が「いろは」順についてますが、これは「にの門」でしたかね。
IMG_20150417_102131.jpg

天守が近くなると狭くなり、人も混んできます。
IMG_20150417_102600.jpg

平日の10時過ぎですが、大変な混雑で場内は交通整理をしています。
休日や連休などはこれの何倍かの人出でしょうね。
これから行かれる方は相当の待ち時間を覚悟した方がいいでしょう。
IMG_20150417_103540.jpg

5層6階の天守最上階の状態です。神棚がありました。
狭い上に大勢の人なので満員電車並みの窮屈さです。
床の底が抜けないかちょっと心配になりました。
団体客が多いのですね。入場券を買うときは全然並ばなかったので、個人客は案外少ないのです。
IMG_20150417_104405.jpg

天守最上階から姫路駅方面を望みます。大手道が駅まで一直線に伸びています。
新しい鯱と瓦もパチリ!
IMG_20150417_104636.jpg

本丸(備前丸)に降りてきました。間近から天守を見上げてみました。
スゴイですね。やはりここは日本一のお城です。入場料の1000円も高くないという気持ち。
IMG_20150417_110059.jpg

今度は別角度から。やはりスゴイ!
IMG_20150417_110509.jpg

さらに二の丸へ降りてきて、浄瑠璃「播州皿屋敷」で有名な「お菊井戸」がありました。
IMG_20150417_112157.jpg

「ぬの門」を通り、西の丸方面へ移動します。
IMG_20150417_112341.jpg

西の丸の枝垂桜越しに大天守と小天守の連立を眺めます。
IMG_20150417_113129.jpg

西の丸にある「百間廊下」を歩いてみましょう。
IMG_20150417_113556.jpg

一番奥の「化粧櫓」では千姫さんがカルタをしていました。
ここでは千姫さんも夫の本多忠刻(ただとき)と幸せだったようです。
IMG_20150417_115024.jpg

「百間廊下」の外観です。
IMG_20150417_115205.jpg

西の丸から今度は東側に移動してみました。
こちら側には少し古い時代の石垣が残されています。
黒田官兵衛の頃でしょうか、自然な石積ですね。
IMG_20150417_120258.jpg

こちら側からの写真はあまり見ませんが、この高石垣も見事ですね。
IMG_20150417_120632.jpg

ここら辺までは団体客も来ないので、静かに散策できます。
東側にある市立美術館に向かう堀ですが、別世界の静けさです。
IMG_20150417_121030.jpg

天守最上階から見えた茶色の建物が気になったので、来て見ました。
横浜の赤レンガ倉庫に似ていますが、旧陸軍の兵器庫を市立美術館にしたようです。
お城とのマッチングがレトロな雰囲気にピッタリです。
IMG_20150417_121526.jpg

天気もよく最高の姫路城めぐりでありました。おわり

2015/04/18 08:51 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

九州の旅:大野城

所用で博多に出向いた際に、鹿児島本線沿いに九州西側の城攻めを敢行しました。
先ずは大宰府の政庁跡に来ました。
福岡から西鉄電車に乗り、都府楼前という駅で降りて10分ほど歩きます。
IMG_20150320_113845.jpg

1000年以上前の古代からここが九州の政治の拠点でした。
これから向かう大野城は後ろの山全体が大宰府を守る砦だったようです。
IMG_20150320_114215.jpg

政庁跡の裏手から登山道が続いています。
大野城概要
IMG_20150320_120002.jpg

このような険しい山道を仕事の途中なので、スーツ姿で登って行きます。
出合った人はビックリするでしょうが、誰とも会いません。
IMG_20150320_122210.jpg

左は断崖絶壁、もし踏み外したら誰も助けに来ないでしょうね。
労災は利くでしょうか?やっぱりそれは利かんでしょうね。
IMG_20150320_123255.jpg

せせらぎの流れている上流には、このような石積みの人工物があります。
これも防衛上の建造物だったのでしょう。
IMG_20150320_124253.jpg

登り始めて1時間、「県民の森」という公園にたどりつきました。
平日なので誰もいませんね。
IMG_20150320_130020.jpg

この山の向こうに「百間石垣」という巨大な建造物があるらしいので、
歩いて行くとどれくらい時間がかかるか、事務所があるので聞いてみましょう。
IMG_20150320_132457.jpg

事務所の方に聞くと往復1~2時間かかるということでしたが、
なんとまあ親切な事に車で案内してくれることになりました。運のいいこと!
私としてはいつものことですが、スーツ姿の登山者は珍しいのでしょうか。

こちらが見たかった「百間石垣」です。
1300年以上前の天智天皇の時代のものが残っているとは・・・感激。
IMG_20150320_133834.jpg

最上段まで登って行きます。
IMG_20150320_132946.jpg

こんな感じで石積みされています。朝鮮式の山城ですね。
IMG_20150320_133300.jpg

この登っている間、事務所のオジサンはずっと待っててくださり、
「今日はヒマだから、見たいところに連れて行きますよ。」とありがたいお言葉。
ということで次は大宰府の防衛線が見渡せるところに行きました。
IMG_20150320_134915.jpg

これも明らかに人工物の名残であり、砦の先端という感じです。
この山は山全体が広大なお城だったのですね。
ありとあらゆるところに遺跡があり、雨で流れた後に遺跡が発見されるという話でした。
IMG_20150320_134943.jpg

この辺りは「焼米ヶ原」といって古代の焼米が発見されたところであります。
防人(さきもり)が食事をした形跡でしょうか。
IMG_20150320_135125.jpg

この土塁などは明らかに防衛のための建造物ですね。
IMG_20150320_135359.jpg

次は島津軍に攻められ壮絶な最後を遂げた高橋紹運の岩屋城をお言葉に甘えて所望しました。
IMG_20150320_140133.jpg

こちらが「岩屋城」跡であります。
眺めが非常によいので、これも古代の城跡に戦国の城を築いたのでしょう。
高橋紹運は立花宗茂(柳川藩主)の実父でもあります。
IMG_20150320_140221.jpg

城跡からは遠く博多湾から大宰府目掛けて攻めてくる唐の大軍を防ぐための「水城」の跡が緑の樹木で確認できます。
天智天皇は唐が攻めてくるとかなりビビッたのでしょう。
国家総動員でこの巨大な山城と水城を築いた痕跡が今でもありありと残っています。
IMG_20150320_140244.jpg

こちらが案内していただいた管理人さんの車であります。ありがとうございました。
何かお返ししたかったので、「私も100以上城めぐりしてますが、ここの土塁の規模は日本一ですね。」とリップサービス。
IMG_20150320_140836.jpg

一人で山を降りるつもりでしたが、ついでだからと大宰府駅まで送ってくださいました。
IMG_20150320_141657.jpg

この日の締めは大野城の麓にある大宰府天満宮を訪れました。
IMG_20150320_142214.jpg

菅原道真公の歌碑と梅の花です。そうだ腹が減ったので「梅ヶ枝餅」を食べよう!
IMG_20150320_142307.jpg

こちらが有名な「飛梅」ですね。
IMG_20150320_144229.jpg

帰りに参道にある鳥居の石柱を見ると、見覚えのある人名がありました。
先日訪れた飯塚の豪邸「伊藤伝右衛門」さんの刻銘です。
さすが炭鉱王、伝右衛門さんここにも名を残していたのですね。
IMG_20150320_151051.jpg

明日の仕事を控え、今宵の宿は発展を続ける博多の駅前にとりました。
駅ビルで夕食をとりましたが、どこに入るか迷うぐらい美味しそうな店が沢山並んでいました。
博多は華やかな街と古代のものが隣接し、旅行者には楽しいところです。
IMG_20150320_161116.jpg

2015/04/10 10:20 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

関門の旅:門司城・(飯塚)伊藤伝右衛門邸

門司港に泊まった翌日は、昨日時間が無くて通り過ぎた「門司城」へ登ってみました。
途中、「門司関址」とあります。古代にはここが都と大宰府を結ぶ交通の要所だったようです。
IMG_20150125_082638.jpg

昨日トンネルの人道の出口ちかくにあった「和布刈(めかり)神社」の大鳥居右手を登って行きます。
IMG_20150125_082719.jpg

関門橋から延びる高速道路を横目に山をどんどん登ります。関門海峡が眼下に見えてきました。
IMG_20150125_083757.jpg

この山は交通の要衝に置かれた城と同時に信仰の対象でもあったのですね。
IMG_20150125_085037.jpg

登り口はここしかありませんから、かなり堅固な要塞と化しています。
IMG_20150125_085236.jpg

城主は門司氏→大内氏→大友氏→毛利氏→細川氏と変遷し、江戸期の初期に廃城となったようです。
登ること30分、もうじき本丸に突入です。
IMG_20150125_085529.jpg

明治期の砲台跡とこの石碑のみが、ここが山城であったことを教えてくれます。
IMG_20150125_085621.jpg

その向こうを覗くと関門橋の下を大型タンカーがくぐっていました。
IMG_20150125_085659.jpg

山を降りて再び門司港へ帰ってきました。門司港ホテルと跳ね橋のコントラストが外国の風景のようです。
IMG_20150125_100605.jpg

別の日に同じ北九州の飯塚というかつての炭鉱町にやって来ました。
ここには昨年の朝ドラで注目された「伊藤伝右衛門邸」があるというので、ちょっと寄ってみました。
右隅にあるのは私のバッグであります。
IMG_20150305_113401.jpg

「花子とアン」で仲間由紀恵さんが演じていた人のモデル:柳原白蓮の住んでいたお屋敷ですね。
IMG_20150305_113942.jpg

時期的に多数の雛人形が飾られてありました。
IMG_20150305_114303.jpg

筑豊の炭鉱王が贅を尽くして白蓮のために建てた豪邸です。
IMG_20150305_120638.jpg

この中央の2階部分が白蓮さんの部屋だったそうです。
家は豪華ですが、白蓮さんは寂しかったのではないでしょうか。そう感じました。
IMG_20150305_121231.jpg

関門の旅おわり

2015/04/04 09:18 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

関門の旅:勝山御殿・櫛崎城

所用で下関に出向いた際に関門海峡の周りを徒歩で「城めぐり」してみました。
新下関駅に降り立つと、構内に「うどん屋」がありました。
小腹が空いていたので、「ふく天うどん」を1杯。ふぐの天麩羅が1匹入って470円、得した気分でした。
IMG_20150124_105857.jpg

山間を抜け、1時間ほど歩いて行きます。
IMG_20150124_112039.jpg

それらしき小高い丘の中腹に看板が出ていました。
幕末の長府藩が外国からの砲撃から逃れるために藩邸をこちらに引っ越したわけですね。
IMG_20150124_115824.jpg

僅か7ヶ月で建造したものにしては、かなりの規模の屋敷です。
IMG_20150124_120052.jpg

この広大な敷地に60余りの部屋がある御殿を建てたとは、5万石の長府藩としてはかなりの出費だったことでしょう。
IMG_20150124_120244.jpg

ここまでは絶対に外国艦船からの砲撃は届かなかったでしょうね。
IMG_20150124_121303.jpg

この石垣を見るとここはお城だったと言えるでしょう。江戸時代最後の築城だったようです。
IMG_20150124_122406.jpg

さて山を下り、海側の町屋の方へ歩いて行きましょう。
IMG_20150124_131316.jpg

長府の城下町を抜けて行きます。
IMG_20150124_133826.jpg

勝山御殿に移る前の「櫛崎城」も確認しておきましょう。
現在は豊浦高校になっている二の丸あたりを通ります。
学校の塀としては風格がある造りですね。
IMG_20150124_144813.jpg

今は個人の住宅ですが、明らかにかつての城の石垣ですね。
IMG_20150124_145125.jpg

「櫛崎城址」の石碑だけが残っています。
IMG_20150124_145154.jpg

こちらの「豊功神社」がかつての本丸跡なのでしょうか。
IMG_20150124_145343.jpg

登りつめると関門海峡が広がっていました。絶景です。
IMG_20150124_145540.jpg

そこからさらに下関方面に歩き、徒歩で九州を目指します。
はるか向こうに関門橋が見えてきました。
IMG_20150124_160721.jpg

関門橋の手前の公園には幕末に四カ国艦隊と交戦した時の大砲(レプリカ)が設置してありました。
IMG_20150124_162147.jpg

車は関門橋かトンネルで九州に入るのでしょうが、私は徒歩なので関門トンネルの人道で行くことにしましょう。
IMG_20150124_163050.jpg

内部はこのような歩道が700mくらい続いてます。
IMG_20150124_163224.jpg

すぐに門司側に到達し、エレベーターを上がると今度は下関側を見渡せます。
IMG_20150124_164638.jpg

歩いているうちに夕暮れが迫り、門司港が見えてきました。
今宵は門司港駅の近くの宿を確保しました。
IMG_20150124_170315.jpg

関門の旅つづく・・・

2015/04/03 10:18 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。