スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

唐津城

路線バスに揺られること1時間、唐津バスセンターへ再び戻ってきました。
道を隔てた隣は唐津市役所で、ここはかつての唐津城三の丸あたりでしょうか。ここだけ堀が一部残されてあります。
140920_094601.jpg

バスセンターから北側の唐津湾の方角へ歩いて200mほど行くと、「唐津神社」がありました。
ここは歴代藩主の祈願所となったほどの格があるようです。
140920_144248.jpg

神社の裏手には旧藩校の名残となる門だけがありました。
140920_144809.jpg

更に海沿いを目指して行くと、重要文化財の「高取邸」があります。
この辺はお城が近いので、藩の重役の屋敷があったような町並を感じます。
140920_145750.jpg

唐津炭田の採掘方法を考案して財を成した「高取伊好(これよし)」の邸宅であります。
140920_145852.jpg

和洋折衷で明治の建築様式がうかがわれます。
朝ドラ「花子とアン」で有名になった蓮子のモデル柳原燁子(白蓮)も炭鉱王の邸宅に住んでいましたが、似たような雰囲気です。
あの北九州の飯塚にあるというお屋敷も今度行ってみたいですね。
140920_150253.jpg

屋敷の外は砂浜で、唐津湾に浮かぶ島々が点在しているのが見えます。
140920_151108.jpg

その浜辺にくっつくようにある1つの島の頂上に唐津城が築かれています。
砂州で島が陸続きになっているのを利用した本丸部分でもあります。
これからあそこに登ってみましょう。
140920_151432.jpg

結構急な勾配ですね。
140920_152637.jpg

本丸御門が見えてきました。汗ばんできました。
140920_152912.jpg

天守が見えました。
140920_160307.jpg

実は唐津城には元々天守はなく、昭和41年に観光用に建てられたものです。
今は土台の石垣を積み直しているようです。
完成は平成30年ですって、長くかかるもんですね。
140920_160437.jpg

今日は名護屋城にも寄ってから来たので、もう夕方になりました。
大きな松浦川を渡った向こう側に今宵の宿をとったので橋を渡ります。正面に見えてきました。
140920_163134.jpg

こちらが本日の宿「高木旅館」です。
1泊2食付で5800円というコスパ抜群で、楽天の評価も高かったのをタイミングよく予約できました。
140920_163419.jpg

後ろを振り返ると、海に浮かぶように唐津城が見えました。まさに「浮き城」ですね。
140921_073752.jpg

スポンサーサイト

2014/09/26 10:31 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

名護屋城

旅行代理店HISで「スターフライヤーで行く福岡」というパックを見つけ、この連休に4つの城をめぐってきました。
往復の航空券と博多のホテルがついて20800円という格安です。
私はこれに2泊を追加しての旅行でした。初日は先ず肥前・名護屋城へ。
泊まった西鉄イン博多の隣がバスセンターで、ここから唐津のバスセンターまで高速バスで1時間半。
140920_084428.jpg

ルートマップ⇒博多バスセンター~名護屋城
更にそこから路線バスを乗り継いで、午前11時にやっとこさ名護屋城の大手口に到着しました。
ほぼ3時間かかりました。
「城めぐり」を始める前に1度訪れていますが、その時はまだまだ見る目がありませんでしたもんね。
140920_112908.jpg

ここが大手口です。前回訪れた時は桜の季節で、櫓の上の桜が満開だったのを憶えています。
140920_113422.jpg

なかなかシブい標識であります。
140920_113458.jpg

崩れかけた大手口の櫓が時代の流れを感じさせます。
140920_113624.jpg

さあ、大手道を登って行きます。どんな景色が待っているのでしょうか。
140920_113940.jpg

登りつめた「東出丸」から徳川家康らの大名たちの陣屋があったところが見渡せます。
140920_114218.jpg

左に行くと「三の丸」が広がっています。
140920_114351.jpg

上の写真を真っ直ぐ行けば大手門があって本丸に行けるのですが、左側の「二の丸」方向へ迂回して行きます。
名護屋城は秀吉の大陸侵攻の出城だったのですが、秀吉の死後の徳川時代には破却されました。
その石垣を崩した後の大石が雑然ところがっています。
そうそう小田原攻めに造った「石垣山一夜城」もこんな状態でしたね。
140920_114600.jpg

本丸の外周である「馬場道」です。
140920_114727.jpg

「二の丸」の入口付近の石垣は往時の面影が残っています。
この上が「本丸」です。あまり高くはないので、実戦的ではなく政治向きの城だったようです。
140920_114914.jpg

「二の丸」の全景です。かなり広くて「本丸」と同じくらいの面積です。
140920_115018.jpg

建物の跡がありました。隅の方ですから蔵の跡でしょうか。
140920_115103.jpg

さて、本丸に登ってみましょう。
140920_120429.jpg

呼子大橋と玄界灘が見渡せます。
よく読み取れませんが「太閤の夢の果て」らしき唄が刻まれていました。
140920_120525.jpg

天守台の礎石です。本丸の隅には5層7階の大天守が築かれていました。
さぞや眺めが良かったことでしょう。が秀吉の栄華が空しくも感じます。
140920_120943.jpg

下を覗くと「遊撃丸」という出丸が築かれています。
この城は今年の大河の主人公である黒田官兵衛の縄張り(設計)だったという話もあります。
140920_121033.jpg

本丸の隅櫓方向から天守と遊撃丸方面を写すと玄界灘も入りベストアングルとなりました。
「もののあわれ」を感じる光景です。
140920_121316.jpg

帰りは「弾正丸」から「搦め手門」を下りて行きました。
140920_121913.jpg

最後に「名護屋城博物館」へ寄っておさらいをしました。
この博物館は大層立派なものですが、入場無料です。
この城を後世に残そうとする佐賀県の心意気を感じます。
140920_131639.jpg

そして来た時と同じ路線バスで今宵の宿である唐津へ戻りました。
「名護屋城」久々に見応えのあるお城でありました。

2014/09/23 10:10 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

千利休はかつて黒田官兵衛だった

今日の大河「軍師官兵衛」を見ていて、ふと気付いたこと。

秀吉(竹中直人さん)と千利休(伊武雅刀さん)が話しているところが、どうもしっくり来るので何故かなと考えた。
そうか分かった!
1996年の「秀吉」で秀吉は(竹中直人さん)で、黒田官兵衛は(伊武雅刀さん)でした。

そういう関係か~。ホンモノ(岡田准一さん)よりフィットしてたりして(笑)
前々から言っているように千利休役は名優ぞろいですからね。

下の写真は2年前5月に訪れた豊前・中津城。
その時、商店街に「黒田如水を大河ドラマに!」という幟がありましたが、大願成就しましたね。
掘からの天守

2014/09/14 21:41 |軍師官兵衛COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

今度は南へ

最近は北の方へばかり行っていましたが、暑さも峠を過ぎたので今度は南へ行こうと計画しています。
下の写真は10年ほど前に行った「肥前・名護屋城」。
秀吉の夢の残骸ですね。ここへも再度訪れようと思います。乞うご期待!
IMG_4277.jpg

2014/09/14 10:13 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。