2014
07.26

10日目:矢吹~郡山

Category: おくのほそ道
暑い中、5月から中断していた「おくのほそ道」の歩き旅に行ってきました。
今回は白河の先の矢吹というところから仙台を目指します。
ついに福島県から宮城県へ入ることになりますね。
初日は「乙字ヶ滝」をめぐり郡山へと向かいました。

歩行地図⇒  矢吹~乙字ヶ滝~須賀川

東京から新幹線で新白河を経由して、5月列車に間に合うために階段を駆け上がった矢吹駅に降り立ちます。
わりとモダンな形の駅舎だったのですね。
140721_102213.jpg

駅前はかつての宿場町の雰囲気が残る町並です。
140721_102245.jpg

こちらは大正時代に建てられた医院だそうですが、復興のシンボルとして残そうと計画しているようです。
140721_102645.jpg

久来石というところで、昔からの蔵を改造して子供部屋?にしている家がありました。
渡り廊下や窓を増設して有効活用していますね。
140721_110420.jpg

鏡石というところから奥州街道を離れ、芭蕉も訪れた「乙字ヶ滝」に向かいます。
進路を東にとり、のどかな田園地帯を進みます。
昼食は途中のコンビニで調達したおにぎりと菓子パンで済ませました。
みちのくはホントお店がないので、コンビニにはトイレも含めとても助けられました。
140721_131409.jpg

10kmくらい歩いたでしょうか、朱塗りの橋が見えてきてお目当ての滝が間近だと感じられます。
140721_133729.jpg

阿武隈川にかかる橋を渡ると、左手に段差が見えます。あれが「乙字ヶ滝」でありましょう。
そういえば、白河で越えて以来の阿武隈川との再会です。
福島の旅は阿武隈川が常にからんできます。
140721_133848.jpg

滝のすぐそばを歩くと、水がすごい音量で流れ落ちています。
140721_134200.jpg

「五月雨の 滝降りうづむ 水かさ哉」という芭蕉の句碑がありました。
140721_134338.jpg

「乙」の字に大きく屈曲して流れていることから「乙字ヶ滝」と呼ばれるそうです。
高低差はあまりありませんが、横の広がりが大きい。阿武隈川の水量がありますもんね。
左手に渡って来た橋が見えます。
140721_140137.jpg

さて、芭蕉とのゆかりがある須賀川へも向うため石川街道に出ました。
この辺の街道沿いには果物の直売店が多く、今は桃が旬ですね。
140721_142448.jpg

再び田園地帯を進みますが、はるか向こうに須賀川の町が見えてきました。
140721_151206.jpg

町中に入ってくると、かつての宿場町らしい町屋があります。今は薬局になっているようです。
140721_155410.jpg

白河の関越えを果たした芭蕉は、矢吹の宿を経て須賀川の俳友相楽等躬(とうきゅう)宅に8日間にわたって滞在しました。
NTTの裏手に芭蕉ゆかりの「可伸庵跡」がありました。(可伸も相楽等躬宅に寄寓していた僧)
当地では風流人との交流を図って俳席が重ねられ、、「おくのほそ道」には次の二句が収められています。
「風流の 初やおくの 田植歌」
「かくれ家や 目だゝぬ花を 軒の栗」
140721_155618.jpg

須賀川のメインストリートです。ホテルも何軒かあり、かつての宿場の伝統が生きています。
140721_160754.jpg

右手に公園があるとの標識があったので、立ち寄ってみました。
何となく「城めぐり」のカンが働いて寄ってみたのですが、市立博物館のあたりが「お城」くさいのです。
この舘の周りに堀があり、「多分かつての城を公園にしたのかな」と思って帰ってから調べたら、やっぱりそうでした。
140721_162029.jpg

少し回り道をしましたので、もう夕刻になりました。
今日は長旅の初日なので無理をせず、須賀川駅から東北本線で宿泊地の郡山へ向かいます。
東北本線の駅舎は矢吹といい須賀川といい、ユニークな形が多いですね。
140721_165154.jpg

歩くと大変ですが、電車だと僅か12分で郡山に到着しました。
駅前の「郡山シティホテル」にチェックイン、朝食付きで6200円であります。
140721_174056.jpg

ホテルで少し休んで夕食に出かけます。
ホテルのフロントで食べるところを聞いたら、飲まずに食事オンリーの私にはここかな、
和食、中華、洋食なんでもありの「三松会館」。
140721_185030.jpg

メニューの豊富さと値段の安さに感激。
私が頼んだのは「三松定食」、ハンバーグに海老フライとあじフライがついて1050円也。
ご飯と味噌汁もおいしく、満足の一品でありました。
140721_183444.jpg

食後はすぐにホテルに戻り、明日以降の英気を養いました。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
07.11

大人の休日倶楽部:弘前

Category: 街道をゆく
大人の休日倶楽部パスの旅、最終の4日目は弘前を見て周ります。
朝早く訪れた弘前城。城めぐりを始めた年に訪れましたから3年ぶりの再会です。
先ずは追手門です。
140621_083910.jpg

「杉の大橋」と名付けられた朱塗りの立派な橋です。
津軽氏10万石の居城ですが、とてもとてもその石高以上の風格ですね。
140621_084712.jpg

上の橋を渡らずに前回は訪れなかった左側を周ります。
これは未申櫓(南西方向)です。
140621_085323.jpg

本丸の下にある蓮池をめぐります。
140621_090448.jpg

蓮池の外側にあたる「桜のトンネル」と言われているところです。
5月の連休あたりだと見事な満開の桜でありましょう。
140621_091001.jpg

そしてぐるっと180度反対側の四の丸方面から三の丸、二の丸を通って本丸に入ります。
弘前城は全体的に土塁で築かれていますが、本丸辺りだけは石垣で築かれていますね。
140621_094317.jpg

本丸は有料エリアでお城だけだと310円です。
私は三の丸にある植物園と藤田記念庭園とのセット券510円で入りました。
先ほど歩いてきた蓮池の向こう側に「岩木山」が見えます。
140621_094904.jpg

本丸の全景です。弘前城は弘前市民の宝ですね、大切に扱われている気持ちが伝わってきます。
140621_095411.jpg

そしてこれが天守。関東以北唯一の現存する天守であります。
140621_095442.jpg

このアングルで見る弘前城天守が最も美しい。しかしながら、当分見られなくなるとのこと。
石垣の痛みが進み崩落の危険があるので、今年の秋から10年かけて工事するそうです。
内堀を埋めて、天守を移動して石垣の解体整備にどれくらいかかるのでしょうか。
140621_100356.jpg

さて、三の丸の大部分を利用した植物園にも立ち寄りました。
広大な敷地に様々なゾーンがあって、お城の緑地をうまく生かしていると思いました。
140621_104127.jpg

次に寄ったのが、城外に隣接している「藤田記念庭園」。
弘前出身の実業家の庭園で、洋館や茶室が広大な敷地の中にありました
140621_113751.jpg

ずーっと歩きづめでしたので、洋館の中にある喫茶店で一休み。
スイーツセットで700円。
140621_111358.jpg

弘前発12:55の列車に乗らなくてはいけません。
あまりゆっくりとしていられませんので、弘前駅へ向かいます。
お城と駅の間に川が流れていて、その低くなったところが弘前の土手町という繁華街です。
140621_114914.jpg

落ち着いたクラシックな町並に愛着が持てます。
出来ればこの辺りで昼食をとりたかったのですが、お店が見当たらず駅まで我慢しました。
140621_115348.jpg

弘前駅で食事とお土産を物色、またまた「大人の休日倶楽部」の特典である特急乗り放題を利用して
前日に乗った列車と同様の「リゾートしらかみ3号」で新青森へ向かいます。
そして新青森からは13:52発の「はやぶさ22号」で横浜へ帰宅しました。
18時過ぎには最寄り駅に到着し、4日間の旅が無事終了しました。
Comment:0  Trackback:0
2014
07.04

大人の休日倶楽部:酒田~秋田~弘前

Category: 街道をゆく
「大人の休日倶楽部パス」の3日目は酒田から秋田へ向い、五能線でローカル線を満喫し弘前に泊まります。
こちらの写真は前日に酒田駅で見つけた吉永小百合さんのポスターです。
140619_172131.jpg

ホテルをチェックアウトして朝1番に向かったのは上の写真の場所。
駅前のホテルから歩いて20分くらいの最上川沿いにある「山居倉庫」です。
黒塀とケヤキに囲まれた吉永さんと同じアングルです。
140620_083017.jpg

明治時代に米穀取引所の倉庫として建てられました。
朝ドラ「おしん」のロケでも使われたそうです。
今では資料館や観光物産館として使われていますが、朝早いので人っ子一人いませんね。
140620_084052.jpg

こちらは倉庫に面して反対側にあった「東宮殿下行啓記念館」とありましたから、
多分、昭和天皇ゆかりの展示があるのでしょう。これも朝早く中に入れません。
140620_084239.jpg

さて、倉庫を後にして川沿いを海に向って散歩してみましょう。
10:39発の「特急いなほ1号」で秋田に行きますが、まだ時間があります。
140620_085043.jpg

港に近い「日和山公園」というところに来ました。
かつて使われていた灯台がそのまま移設されています。
140620_091339.jpg

公園の中央の池には木造の「北前舟」が係留されています。
そろそろ列車の時刻が気になりだしたので、駅へ向かいます。
通りがかりの人に方向を確認しながら、酒田の町を1周しました。
140620_092406.jpg

特急で1時間半、12:02に秋田に到着。
2時間ほど時間があるので、駅ビルで食事を済ませ町を散策です。
駅から真っ直ぐ10分ほど歩いたところに「赤れんが郷土館」というところを発見。
旧秋田銀行本店だそうです。こういうクラシックな建物が好きですね。
140620_132056.jpg

あまり時間がなく、駅に戻る途中で「大魔神」を発見。
高さが5mくらいあり目を引きます。何かのフェアの展示物なのでしょう。
140620_133255.jpg

そして今回の旅の目玉。秋田駅から五能線をグルッと周る「リゾートしらかみ5号」に乗り込みます。
140620_134122.jpg

14:17発です。こちらは4人でくつろげるボックス席。
140620_140259.jpg

こちらは私が陣取った1号車。
海岸線をずっと進むので、左手のA席を事前に確保しました。
隣の長野からいらしたという女性はA席が取りたかったとおっしゃっていましたが、そこは譲れません。
140620_155251.jpg

こういった海岸線を長時間進むことになります。
このディーゼル特急、席がゆったりして足も延ばせてかなりオススメです。
140620_155411.jpg

こんな景勝のところにくると、車内アナウンスがあり徐行してくれます。
140620_164004.jpg

4時間ちょっとの18:29に弘前駅に到着。全然退屈しませんでした。
長野からいらした方も「大人の休日倶楽部パス」利用で青森まで行かれるとのこと。
手を振ってお別れです。
140620_183709.jpg

Comment:0  Trackback:0
2014
07.03

2016年大河は「真田丸」に

Category: 真田丸
5月、6月はあちこち出かけたので旅行記ばかりでしたが、いつのまにか2016年の大河が決まっていましたね。
三谷幸喜さん脚本の「真田丸」だそうです。
もちろん主役は真田幸村(信繁)!でもなんで信繁ではなく「幸村」の方が有名なんでしょうかね。

そして幸村役には堺雅人さんに決定とのことです。
堺さんは去年「半沢直樹」でブレイクした旬の俳優さんですもんね。
他のキャストはまだ決まってませんが、父の昌幸や兄の信之が誰になるか興味があるところです。

私のヨミは昌幸には渡瀬恒彦さんなんて一瞬ひらめきました。
意外にも草刈正雄さんだったらどうしょう。ですね。
(この辺のネタは85年の「真田太平記」で信之役が渡瀬さんで幸村役が草刈さん。
ちなみに昌幸役は丹波哲郎さんでした。)
そして幸村が堺さんですから、信之役はほぼ香川照之さんで決まりではないでしょうかね。(半沢つながり)

草刈さんの幸村はカッコ良すぎて、やや違和感はありました。
幸村の画像なんかを見るとズングリとした冴えない中年風で、颯爽とした幸村とは違うタイプに感じます。
まあドラマですから、今回の堺さんもカッコよく演じてくれるのでしょう。


あっそれともう1つ。
今の「軍師 官兵衛」で徳川家康を誰がやるのかなと思っていたら、なんと寺尾聰さんですって。
73年「国盗り物語」で家康を演じていたから、なんと41年ぶりだそうです。
秀吉役の竹中直人さんが18年ぶりに同じ秀吉ですが、41年経ての同じ役は前代未聞でしょう。
「国盗り物語」の記憶は僅かながらありますが、斎藤道三(平幹二朗)、信長(高橋英樹)、光秀(近藤正臣)、秀吉(火野正平)ばかりで、家康(寺尾さん)の記憶は全く残っていません。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top