大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2013年08月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「軍師 官兵衛」の秀吉に竹中直人

甲子園やイチローや藤圭子の話で、ほとんど話題になりませんが来年の大河ドラマ「軍師 官兵衛」の秀吉役には竹中直人さんがなると発表されました。竹中さんと言えば96年「秀吉」で豊臣秀吉を演じた本人です。それが「軍師 官兵衛」でも秀吉を演じるのですから、NHKとしても意表をついた人選です。もっと「ワーォ」と言ってほしいのでしょうが、反応は冷ややかなようですね。「秀吉」は視聴率も30%を超え、評判もよかった...

そしていよいよ京・三条大橋へ!

最終日はいよいよ京・三条大橋へ向かいます。こちらは宿泊した「滋賀県青年会館アープしが」です。「アープ」とは「水の神」とのこと。立派な公共の宿で、部屋は普通のホテルより広くて居心地はとてもよかった。夏休みの直前でしたので、宿泊客はなんと私一人でした。写真の左手の食堂で朝食をいただきましたが、一人でしたので上品そうな給仕のご婦人相手に旅談義を咲かせていたら、出立がいつもよりゆっくりになってしまいました...

52草津~53大津

今日は石部宿を出立し、53次の最後:大津宿まで歩を進めます。ところで、手堅く融通が効かないような人のことを「石部の金吉」といいますが、石部の近くに金山があったことからとても堅いもののセットで、ここの出身ということになってます。石部からその金山とJR草津線の間の道を歩いて行きます、細い道を通勤の車が前後から来て往生しました。しかも途中から雨が降り始め、気の使う道のりでありました。今回の旅で本降りの雨...

50水口~51石部

3日目、「大安旅館」は素泊まりだったので、朝の6時には出立です。ちなみに料金は5250円なり。朝食を求めて近くのコンビニに行く途中、高さ10mくらいの「平成万人灯」が交差点にありました。竹下内閣の「ふるさと創生資金」で造られたとのこと。そういえば、鈴鹿峠を下ったところにあった「万人講」もそうなのかもしれませんね。サンドウィッチで腹ごしらえをした後、東海道は川沿いの道を琵琶湖に向って行きます。ここは...

清須会議

三谷幸喜さんの新作映画「清須会議」のサイトを観ていて、ハタと気付きました。三谷さんがどうして大泉洋さんを秀吉役に抜擢したか?秀吉⇒ハゲねずみ(信長がつけた秀吉のあだ名)⇒ねずみ男⇒大泉洋きっと三谷さんの思考回路には映画「ゲゲゲの鬼太郎」があったのでは。実写版「鬼太郎」で大泉さんはネズミ男でしたもんね。映画が先か本が先か迷っているところです。...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。