スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

八王子城

北条氏の山城の魅力に気付き、今度は「八王子城」を攻めてみました。
本日は快晴です。
130427_114300.jpg

「八王子城」は八王子駅ではなく、2つ先の高尾駅で下車します。
横浜線で来る途中隣に大きなリュックを背負った娘さんがいたので話かけたら、やはり高尾山に登るそうです。
娘さんの上着の素材がゴアテックスだったので、着心地や性能の話をしていたら道中退屈せずに着きました。
高尾山へはここから京王線に乗り換えますが、八王子城は高尾駅の北口から4kmほど先にあります。
130427_102701.jpg

休日は城址への直行バスもありますが、天気もよいので歩くことにしました。
多摩丘陵の緑の中を抜けて行きます。右手の方は昭和天皇のご陵墓となっています。
城まで歩くようなヒマ人は私一人のようです。
130427_103841.jpg

幹線道路を左に曲がる「八王子城址入口」の交差点です。
広大な「東京霊園」が近くにあるので石屋さんが多く目に付きます。
130427_105834.jpg

歩くこと1時間弱、お城の入口が近いところに「北条氏照の墓」という表示がありました。
先週の「滝山城」の築城者である氏照ですが、武田信玄に攻められ落城寸前だった「滝山城」の欠点を補うために「八王子城」を築いたといいます。
ここはぜひ挨拶せねばなりませんね。
130427_111837.jpg

氏照の家臣だった中山氏が氏照の100周忌に建てたものです。
氏照自身は小田原で籠城し、豊臣秀吉に降伏後は北条4代目当主:氏政と切腹して果てました。
130427_112200.jpg

城の本丸は山の上ですので、先ずは整備されている麓の「居館跡」へ行ってみましょう。
管理事務所の左手の古道をしばらく歩きます。
130427_114800.jpg

この辺りに大手門があったようです。
130427_115035.jpg

整備された道をさらに歩いて行くと、木橋が見えてきました。
130427_115500.jpg

再建された「曳橋」ですね。石垣もあり、かなり立派なものです。
130427_115801.jpg

虎口を過ぎ、野面積みの石垣と石段が続いてます。
この辺りの雰囲気は氏照が「安土城」の大手道を参考にして造ったものではといわれてます。
その時分の関東では珍しい総石垣造りとなっていますね。
130427_115917.jpg

居館の内側から「曳橋」を眺めます。
130427_120319.jpg

「御主殿跡」の正面です。冠木門(かぶきもん)が見えますね。
130427_120526.jpg

主殿の礎石が再現されています。広大な屋敷があったようです。
130427_120619.jpg

礎石のある右手が居館で、奥は儀式や宴会を行う広間のある建屋があったそうです。
130427_120824.jpg

居館の下へ降りて行くと、「御主殿の滝」と呼ばれるところがありました。
前田利家・上杉景勝軍に攻められ、落城した北条氏の武将や婦女子が上流で自刃し赤く染まったと伝えられています。
130427_123343.jpg

さて次ぎは「本丸」を目指して、右手の山を登ります。
標高460m(比高240m)だそうですから、但馬竹田城や鳥取城なみの厳しい登山になるのでしょうか。
130427_124424.jpg

いつもながら山城の雰囲気がヒシヒシと伝わってきます。
130427_124735.jpg

約30分くらい汗をかいて登ってきて、もうすぐ頂上という手前で振り返ると大東京のパノラマが広がっていました。
真ん中あたりに新宿の高層ビル群も見えました。絶景なり!
130427_131445.jpg

山の頂上にある「八王子神社」です。
氏照が城の守り神にした「八王子権現」が祀られています。
「八王子」とは牛頭天王に従う八人の王子を祀る信仰から名付けられた地名なのですね。
だから八王子という地名の発祥は、ここ八王子城(神社)から始まったというわけです。
130427_131751.jpg

神社の裏手のさらに高いところに城の本丸がありました。
ここには特に建屋があったわけではなく、最後の砦という位置づけのようです。
130427_132130.jpg

「八王子城」近場の城ながら、なかなかの山城でした。さすが100名城の1つですね。
休日のハイキングコースとしてピッタリではないでしょうか。山城ですから水の補給を忘れずに!

スポンサーサイト

テーマ : 行ってきました☆ - ジャンル : ブログ

2013/04/28 10:36 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

滝山城(八王子)

戦国大名の城を読む」(著:萩原さちこ)
という本に触発され、後北条氏の築城術の最高傑作であると書かれていた「滝山城」へ行ってきました。

横浜線で1時間半くらいかけ八王子駅へやってまいりました。
130420_133407.jpg

さらに駅の北口からバスに25分乗り滝山街道沿いの「滝山城址下」で下車します。
すでに先客がいますが、行き先は正面の小高い山(標高160m)で山全体が都立の公園となっています。
この山は桜の名所で、もう少し早く訪れていたら満開だったことでしょう。
130420_105211.jpg

生い茂る竹林の中、なだらかな大手道を登って行きます。
130420_105346.jpg

この辺は三の丸でしょうか。本を読んでいたので、左手あたりから城方の攻撃を受けるような殺気を感じます。
確認のため登ってみると、兵を隠しておける平らな「馬出」風の場所でありました。
130420_110248.jpg

大手道の両側は人為的な空掘となっていて、この道を上がるしか攻め手はないようです。
さすが北条氏の築城術、丹念な造りであります。
ちなみにこの滝山城は北条五代の四代目北条氏直の弟である氏照の手によるものです。
(お隣の「八王子城」もこの方の造営)
豊臣秀吉の北条征伐後、氏直とともに切腹して果てました。
130420_110505.jpg

二の丸を過ぎ本丸近くにだだっ広い平地があります。
多数の兵を籠城させるための大きな屋敷があったことでしょう。
130420_111830.jpg

そこから上を見上げると、「中の丸」と「本丸」をつなぐ「引橋」が見えます。
130420_111436.jpg

本来のルートは上の引橋を渡って行くのでしょうが、それは後で確認するとして直接「本丸」へ行く道もありました。
石垣の城ではお馴染みの「枡形虎口」が土塁で築かれています。
130420_111547.jpg

本丸手前の広場には「滝山城址」の石碑がありました。
130420_112116.jpg

そして本丸正面の小高いところには霞神社が祭られていました。
北陸の「七尾城」なんかもこういうシチュエーションでしたね。
130420_112156.jpg

さらに霞神社の裏に周ると、この城の最も奥深いところに「本丸」がありました。
130420_112305.jpg

眺望が開けるところまで行くと眼下には断崖絶壁で、その向こうには多摩川が流れています。
なーるほど!こういう縄張りなのですね。納得、よく出来ていますね。
130420_112405.jpg

本丸からの帰りは、先ほど見上げた「引橋」を渡ってみましょう。
こちら側も土塁で「枡形虎口」になっています。
130420_112646.jpg

「中の丸」へ続く木製の「引橋」です。
もし攻め込まれたらこれを引いて渡れなくし、先ほど進入した虎口だけを守ればいいのですね。
130420_112718.jpg

こちらは「中の丸」、この城で一番落ち着いた場所ですね。
多分、城主の居館があった場所なのでしょう。
多摩川の向こうにマンション群も見えて、眺めも一番よかったです。
130420_113903.jpg

帰りは大手道ではなく、尾根道をだらだらと下って行きました。
途中、兵を駐屯させておく「馬出」などもあり、戦略的な構造が随所に見えました。
これは空掘を迂回させながら枡形にして、城方が隠れて鉄砲・弓矢で攻撃できるようにしています。
130420_115051.jpg

さらに下ると外人の子供が馬に乗って現れました。
近くに乗馬倶楽部があるようです。
130420_120717.jpg

山の麓近くまで来ると、「少林寺」というお寺がありました。
城主の北条氏照が開いたお寺で、家は滅んでもお寺は存続しているのですね。
130420_122000.jpg

入母屋造りの立派な本堂がありました。
130420_122257.jpg

入山の入り口には「匂いの強い食べ物や酒は禁止」との厳しいお達しが石碑に書かれてありました。
130420_123023.jpg

ほんの1時間半ほどの散策でしたが、北条氏の山城は本の記述どうり大したものでした。
今までは石垣造りの近世の城ばかりを歩いてきましたが、中世の城もなかなかの技術があり感服しました。
新しい城の見方がわかり趣味の世界が広がった思いです。ありがとう萩原さん。

テーマ : 行ってきました☆ - ジャンル : ブログ

2013/04/20 22:39 |城めぐりCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

鳴海~宮(名古屋)

出来る限り53次の宿場で泊まりたかったのですが、今回は鳴海宿の手前の豊明というところで宿をとりました。
前日の岡崎でも全国チェーンでない地元のビジネスホテルに泊まりましたが、どちらも大きな湯船の共同風呂があり、疲れた足をゆっくり延ばすことができました。
その豊明からしばらく行くと「阿野一里塚」という国の史跡があります。
ここは道路の反対側にも対の一里塚が現存していて、その状態から国指定となっているようです。
130321_175456.jpg

阿野一里塚から30分ほど歩くと国道に重なり、名鉄の駅も見えてきました。
「中京競馬場前」駅です。交差点にお馬さんと蹄鉄のマークが行き先案内になっています。
130321_162740.jpg

駅前を通ると左手に「伝説桶狭間古戦場跡」の標識がありました。
何回も大河ドラマで見たのでそらんじていますが、永禄3年(1560年)のあの戦いがここであったのですね。
まあ、あくまでも「伝・・・」ですが、ここはひとまず感激的でありますね。
130321_161329.jpg

桶狭間から鳴海宿は3kmほどですが、その手前に「有松しぼり」で有名な間の宿:有松がありました。
ここは江戸時代の宿場らしい町屋が沢山残されてあり、環境維持の努力が感じられるたたずまいであります。
歯医者さんもこんな感じ。
130321_155830.jpg

古い合資会社と白い土蔵造りの山車会館。
130321_155614.jpg

新築の賃貸アパートも完璧に家並みにそろえた造りになっています。
130321_154534.jpg

景観に気を使った電柱などもあり、まるで過去の時代へタイムスリップしたような雰囲気です。
恐れ入りました。
130321_153634.jpg

そうこうするうちに鳴海宿へ入ってきました。
有松ほどの風情はありませんが、くっきりと枡形が残されています。
130321_144849.jpg

鳴海宿自体は何の変哲も無い町並となっています。
130321_144530.jpg

鳴海から本日の目的地:宮へ向う途中に見事な一里塚がありました。
「笠寺一里塚」です。
枯れかけた榎の大木を市が200万円かけて幹の空洞に樹脂を流し込んで再生させたそうです。
ここまで何本もの一里塚を見てきましたが、街道一の一里塚だという気がします。
130322_093507.jpg

上の一里塚からしばらく行くと「笠寺観音」の太鼓橋が見えてきました。
このお寺さん雰囲気がとてもいい。多分地元の人々に愛されているのが感じられました。
よそ行きでなく、境内に近所の人々が気軽に散歩に来ているのが分かりました。
130322_094949.jpg

10時くらいになり、休憩に門前町の角にあった喫茶店に入ってみました。
そうかここは名古屋だ!名古屋といえばモーニングが有名です。
こちらはわりとあっさりめですが、これで僅か330円。名古屋モーニング恐るべし。
130322_100855.jpg

鳴海から6km、昼前に宮(名古屋)の宿場へ到着です。
交通量の多い国道の歩道橋を渡ると旧宮宿の中心です。当時の面影は全くありません。
真ん中で大勢の人が待っているのは、「鰻ひつまぶし」で有名な「蓬莱軒」という料亭です。
こんなに混んでいなかったら私もというところですが、今回はパスですね。
130322_112853.jpg

道を真っ直ぐ行き、突き当たったところが「宮の渡し」です。
桑名へ向う「七里の渡し場」があったところが公園となっていて、こちらは復元した「時の鐘」。
130322_113703.jpg

埋め立てが進み運河となって、海ははるか彼方へと遠ざかっています。
130322_113748.jpg

こちらも復元された常夜燈。七里とは28kmですから結構長い船旅となりますね。
130322_113814.jpg

今回の旅はこの宮宿でオシマイですが、せっかくですからすぐ近くの「熱田神宮」へお参りしましょう。
初めてでしたが、思った以上に荘厳な雰囲気で身の引き締まる思いでした。
130322_120306.jpg

こちらは中ほどにある大楠で、見るからに神木というオーラがありました。
130322_120828.jpg

そして本殿にて家族の健康を祈願しました。
130322_121221.jpg

今回は所用があり、ここで旅を切り上げ新幹線で移動ということになりました。
JR熱田駅から名古屋に向い、名古屋からは新幹線に乗り込みます。
昼食は時間を節約するために駅弁にしました。
名古屋で購入する駅弁はやっぱり定番の「味噌かつ弁当」850円なり。
ヒレかつ3枚と他のおかずのバランスがGOODであります。
130322_132051.jpg

本日の歩いた距離はやや少なく13km 21000歩でありました。
3日間トータルでは60km 100000歩となりました。

テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

2013/04/07 19:11 |東海道53次COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。