大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2013年01月 ] 記事一覧

金沢文庫

昨日トレーニングを兼ねて、金沢文庫まで12kmの道のりを散歩しました。実は横浜に住んでいながら写真ではよく見る「称名寺」を訪れたことがなかったのです。途中腹ごしらえに立ち寄った回転すしの店を含めて約3時間の行程でありました。金沢文庫の住宅街を抜けると称名寺の「赤門」がありました。参道を進んで行くと両側にはお蕎麦屋さんや料亭がありますが、ひっそりとしてあまり人出はないようです。立派な「仁王門」ですね...

島田~金谷~日坂

東海道53次の旅、第三弾です。今回は朝7時前に横浜の自宅を立ち、3時間かけて10時頃に駿河の国の外れ島田へ到着しました。東海道線とは朝早くても大勢の皆さんが乗っているのですね。満員でした。島田宿は今では変哲もない商店街となっています。30分ほど歩くと大井川の川越遺跡の町並が見えてきます。一軒の家に立ち寄ってみると、「ギョッ!」。川越人足さんが休憩中でありました。失礼しました。道中、おじいさんが寄っ...

「八重の桜」始まる!

また旅に出てまして、コメントが遅くなりました。「八重の桜」が始まりましたね。昨日遅くに旅から戻ってきましたので、第2回を先ほど観ました。1回目、2回目とも順調な滑り出しでした。ナレーションが女優では藤村志保さんと並ぶ大河の重鎮:草笛光子さんですね。大河は9回目の出演ですが、シブい安定感を感じます。第1回目の最初の方に会津藩主:松平容保の義父役に中村梅之助さんが出てました。おなつかしい!お元気であり...

丸子~岡部~藤枝

話は東海道53次の旅に戻って3日目。本日は雨ですね。前回の沼津でもそうでしたが、どうも3日目は雨になるようです。天候に文句は言えません。合羽を着込みいつもどおり朝8時には出発です。ちょっと道を戻るかたちにはなりますが、最初の「城めぐりの旅」で訪れた駿府城を確認しておきます。そして忠実に東海道をたどる七間通りに入ると伊勢丹の前に「札の辻」がありました。この道は七間(13m)あったといいますから街道一...

鎌倉の大晦日と初詣

年末年始と2回も鎌倉を散歩してきました。正月休みでいつも泳いでいるジムもなく、トレーニングを兼ねて毎日10km程度の目的のないぶらぶら旅です。東海道を歩き出してからは、10kmくらいは徒歩圏という感覚です。大晦日は自宅から鎌倉街道沿いを歩き、北鎌倉の手前でトンネルをくぐり裏道へ。途中から再度トンネルをくぐって、小高い丘に登ると「庚申塚」がありました。ぐるっと回り込むと、そこには古ぼけた神社がありま...

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。今年もこのブログをご覧になって、一緒に旅を楽しめたらと思います。上の写真は昨年1月最初に訪れた「松江城」です。ここを皮切りに1年間いろんなところに出没しましたが、いたるところで人情の機微に触れ旅の心を感じました。果たして今年はどんな出会いがあることでしょうか。...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード