大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2012年11月 ] 記事一覧

小田原~箱根東坂

構想三ヶ月!北陸での城めぐり「春日山城」で出合った旅人に「旅の基本は歩き」ということを思い知らされ、思いついたのが「東海道53次の旅」。昨年5月の連休に横浜の自宅から小田原までを何日かに分けて歩いた経験から、旅立ちの最初は小田原からと決めた次第であります。ところが最初の行程が難関の「箱根の山越え」ということで基礎体力の訓練と事前情報の習得の準備に時間がかかりましたが、万全の状態で本番の日を迎えるこ...

東北の旅:会津若松城・白河小峰城

二本松からその日のうちに向かったのは会津若松駅。各駅で1時間45分かかりました。東京~白石と同じくらいの時間ですね。駅舎は翌日に撮影したので明るいですが、到着は夜の7時で駅前のホテルへすぐにチェックイン。ぐっすりと休み翌朝は早くも城攻めとなりました。駅から歩くこと30分、会津若松城の「北出丸」が見えてきました。北出丸に入る枡形の追手門です。なかなか重厚な雰囲気を残しています。北出丸から本丸へ向う「...

東北の旅:白石城・二本松城

米沢からは一旦帰宅し、10月の週末に再度東北を攻めようと向った先は東北新幹線の白石蔵王駅です。東京から1時間50分かかりました。30分ほど歩いて到着したのは「白石城」。熊本の八代城と並ぶ、「一国一城令」の対象外のお城であります。また伊達政宗の守り役:片倉小十郎(景綱)の居城としても有名ですね。幕末まで片倉家が変わることなく存続しました。左手に井戸が見え、正面が大手門ですね。外側の一の門をくぐると、...

東北の旅:山形城・米沢城

仙台から山形へと向い、山形駅を降りて今宵の宿へ行こうと駅前のデッキを歩いていたら、揃いの服装で歩く屈強な男たちの一団と一緒になりました。何となくいかめしいオーラが漂い、先頭を行く坊主頭の大きい人に見覚えがあります。元サッカー日本代表の秋田選手、今は監督?きっと明日にでも山形で試合があるので宿泊場所への移動でしょうね。昨日泊まった盛岡もそうですが、ホテルの窓から周りを見るとここ山形も周りは山だらけ、...

東北の旅:盛岡城・仙台城

今までは横浜から西あるいは南への城攻めが多かったですが、今回は「城めぐり」のひと段落として東北の各城を訪問してみました。先ずは北から順に盛岡を訪れました。駅から真っ直ぐ延びる道を繁華街など経由して歩くこと20分、岩手公園下の交差点に着きました。お城の立派な石垣と大きな木が見えます。かなりの規模の城郭のようです。南部藩は10万石ですから、石高以上の風格がありますね。本来は左手が大手門みたいですが、石...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード